朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?

この記事の所要時間: 350




 

目は口ほどにモノを言うといいますが、現在では臭いは目の100倍モノを言うです。

「この人なんか臭い・・」なんて思われたら最期、それがどんなに優秀な人物でも、

どんなに良い人でも、その人の視界からは、シャットアウトされてしまいます。

それは、現在も三国志の時代でも同じだったようなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術




あなたが臭くても誰も教えてくれない・・

 

口が臭くても、誰かが注意してくれるだろうと呑気に考えているあなたは、

もしかすると、すでに口臭で誰かに迷惑をかけているかも知れません。

それというのも、口臭とは、ハゲと同様に他人からは注意しにくいポイント

アンケートなどを見ても、、

 

・口臭は自分・他人共に気にしてしまう

・口臭は本当に困る・口臭は迷惑だ

・他人の口臭は注意できない

・口臭で疎遠になった人がいる

 

等など、ショッキングな結果が並んでいて、口臭は気になるのに、

いざとなると他人に注意できない、その為に疎遠になった人までいるのです。

あなたの周りに、特にトラブルもないのに、最近連絡が無くなった人、

もしかして一人や二人はいるんじゃあないですか?




三国志の時代のエチケット鶏舌香

 

口臭の問題は今に限らず、はるか三国志の時代でもエチケットでした。

特に皇帝のそばで意見を述べる秘書官、尚書令(しょうしょれい)は、

口のニオイに敏感で、鶏舌香(けいぜつこう)をガムのように噛んで、

口臭を消していた事が文献から分かっています。

 

この鶏舌香の正体は、香辛料のクローブで、中国よりも遥かに南の、

インドネシアモルッカ諸島原産の常緑樹でした。

当時、クローブは非常に高値だったのですが、皇帝を不愉快にさせない為に

宮廷の人々は、大量に購入していたようなのです。

まさに、三国志の時代から、人々は口臭に気を配っていたのですね。

 

呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?

 

 

口臭はビジネスパフォーマンスをダウンさせる

 

口臭はエチケットばかりではなく、ビジネスパフォーマンスをダウンさせます。

2014年のマンダム調べによると、25歳~49歳の有職者の男女に

アンケートを取ったところ、職場の身だしなみでどうにかして欲しいという

項目で、体臭が60%、口臭が57%で2トップを占めました。

 

容姿や服装の乱れ等よりも、ずーっとニオイがストレスの元である事が

このアンケートから分かります。

怖いですね、他はバッチリでも、臭ければアウトって事ですよ。



 

さらに回答者の59%がニオイを原因に仕事に支障を来したと言い、

他人のニオイが気になり仕事に集中できないも34・8%になりました。

一方で自分の臭いが気になる人は7・5%しかいません。

そして、初対面で気になる身だしなみに、臭いを上げた人は男性で4割、

女性だと7割近くになり、さらに4割の人々がクサイ人とは、

一緒に仕事をしたくないと回答する手厳しさです。

 

つまり、これからの出来るビジネスマンは、何よりも

口臭、体臭に気を配る人なのです。

 


PR:気になる口臭を1日1粒目安で原因から解消【息ピュア】

 

出来る三国志武将、荀彧は香りにこだわった

 

王佐の才を持つ人物として、魏における名士の代表だった文官、

荀彧文若(じゅんいく・ぶんじゃく)は、とても臭いに敏感な人でした。

 

荀彧は、大変な香りマニアで、彼が衣服に焚き込めている香は、

沈香(じんこう) 煎香(せんこう)雀頭香(じゃくとうこう)

藿香(かっこう) 丁子香(ちょうじこう)をすりつぶして篩(ふるい)にかけ、

麝香(じゃこう)半両を粗い網で振るってブレンドして造っていました。

使用する時には、これに蜂蜜を混ぜて固形化したものに

火をつけて、お香のように焚き、衣服に香りを染み込ませたものです。

 

【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?

 

もちろん、これらの香料は、とても貴重で、誰でも使えるわけではありません。

 

東晋時代に書かれた「襄陽耆旧記」には、荀彧と同時代の劉弘(りゅうこう)という

人物が愛香家として紹介されているのですが、彼が友人に語った話として

「荀令君が訪れると、彼の座った席は三日間その香りが残るんだよ」

と言った事がハッキリと記録されています。

 

荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

愛香家の劉弘の言葉ですから褒め言葉であり、後にこの故事から

仕事が出来て、高貴な人の事を「令君香」と呼ぶようになっています。

これは、荀彧のエチケット対策の賜物であり、まさに彼が

当時の出来る人であったという証拠のような話ですね。

 

三国志ライターkawausoの臭いへの提言

 

簡単ではありますが、三国志の時代、そして現代の臭いについての、

あれこれを紹介してみました。

人によっては、私は口臭なんか無いと自信を持って言える方もいるでしょうが

仮に、今、口臭がなくても、加齢により口臭が発生する事があります。

 

その原因としては、唾液の分泌量の減少があります。

加齢により人は全身から潤いが失われていきますが、

特に唾液には、口の中の雑菌を殺す成分が含まれているのです。

 

私達は口の中が渇くと、なんとなく口臭がキツくなったように感じますが、

それは唾液が減少して、口の中の雑菌が増殖しているからです。

もちろん、口臭の抜本的な解消には、正確な歯磨きや、虫歯の治療や、

唾液の量を増やせるように、規則正しい生活を送るなどの方法がありますが、

一番、手軽に出来る口臭予防はブレスケア、つまりサプリメントで

手軽に口臭を消す事です。




どうせ一次しのぎじゃない?と思われがちですが、口臭サプリは進化していて

「やばい!」という時に充分にサポートしてくれるのです。

 


PR:気になる口臭を1日1粒目安で原因から解消【息ピュア】

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

関連記事:【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に…
  2. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  3. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  4. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  5. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  6. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  7. 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!
  8. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  2. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣
  3. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  4. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男
  5. オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選! 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編

おすすめ記事

  1. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  2. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)
  4. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  5. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  6. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  7. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う
  8. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP