荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

趙高 キングダム

 

化粧、といえば女性の特権。

現在でこそそのように思われがちですが、歴史をひもとくと、

実は男性が化粧をするのが当たり前だった時代があったことをご存知でしょうか。

 

そうした例は世界各国でみられ、

むしろその時代、化粧は男性のたしなみでさえあったのです。

 

[adsense]
 

漢時代の官僚達も化粧をしていた

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

中国についていうと、漢代からすでに官僚たちには白粉を塗る習慣があったようです(『漢書』佞幸伝)。

そしてその後、三国~魏晋南北朝にかけて、化粧が大流行することになります。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

[adsense]

曹植も化粧をしていた

曹植

たとえば曹操の息子で詩人としても有名な曹植(そうしょく)。

彼は当時著名な儒者であった邯鄲淳と会う時、暑い日にはいつも「傅粉(白粉を塗ること)」

して出迎えたという話があります(『三国志』魏書王衛二劉伝)。

 

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

 

何進の孫で曹操の養子の何晏はナルシストだった?

photo credit: ~(_|_)~ via photopin (license)

 

また何進(かしん)の孫で後に曹操の養子となった何晏(かあん)は、たいそうなナルシストで、

常に肌身離さず白粉を携帯してので、「粉侯」とか「粉郎」なんて

あだ名までついたといいます(『三国志』魏書何晏伝引用の『魏略』)。

 

ただし元から色白だったという説もあります。

 

関連記事:白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

関連記事:三国時代に大ブーム!!の老荘思想で何晏も影響を受けていた

 

白粉ブームはいつまで続いたの?

photo credit: I love it when you dress in blue! via photopin (license)

 

こうした白粉ブームは主に上層階級の間で広がり、南朝の斉梁時代にピークを迎えます。

貴族の子弟たちはこぞって「粉白(ファンデ)」をはたき、更には「塗朱」=顔に紅(チークやルージュ)まで差しました。

 

北斉の顔之推が記した『顔氏家訓』によれば、

「斉梁の全盛期、貴族子弟は……衣に香を焚き染め、顔面の毛を剃り、白粉をはたいて紅を施さないものはいなかった」そうです。

わざわざ家訓に残すほどですから、よほど目についたのでしょう。

 

オシャレアイテムは化粧だけじゃないよ!

photo credit: Sunset at Prom Thep Cape (Phuket, Thailand) via photopin (license)

 

化粧のほかにオシャレアイテムだったのは香りです。

当時は香炉で焚く薫香が主流でした。

 

曹丕はお香が大好き

photo credit: Incense 2 via photopin (license)

 

たとえば曹操の息子の曹丕は大のお香好きで、その衣の香りがあまりにきついので、

乗ろうとした馬から嫌がられて膝を噛まれたというエピソードがあります(『三国志』魏書方技伝)。

 

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

 

荀彧もお香が大好きだった

荀彧

 

また東晋時代に書かれた『襄陽耆旧記』には、劉弘という人物が愛香家として紹介されていますが、

彼が友人に「荀令君が訪れると、彼の座った席は三日間その香りが残る」と語った話が載っています。

 

荀令君とは曹操の右腕であった荀彧のことで、外見内面とも立派な人物と評価が高かったので、

このエピソードから後に「令君香」という言葉ができ、転じて高雅な人物の風采を意味するようになりました。

 

ただし、劉弘が果たして好い香りときつい香り、どちらの意味で荀彧を引き合いに出したのかは謎です。

 

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?

関連記事: 強気の曹操が弱気に荀彧が一喝

 

日本の平安時代でも同じように化粧をしていた

平安時代 p

 

日本でも平安時代の貴族男性は白粉を塗り、眉は剃って墨で描き、頬紅や口紅をして、

調合したお香を衣に焚き染めていたといいますので、同じようなイメージでしょうか。

 

関連記事:邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

何で男子は化粧や香りをたしなむようになったの?

photo credit: Ghostly Spectre? via photopin (license)

 

それにしても、どうしてこれほどまでに男性が化粧や香りを嗜むようになったのでしょうか?

一説には、社会背景の変動が関係しているといいます。

 

孔子の教えが支持されるようになってからというもの、社会モラルは儒家の道徳・倫理観念で厳しくルール化されていました。

公の場での振る舞いから対人関係のマナーまで、それはそれは細かいお約束事がありました。

 

言動はもちろん、思想上も価値観の統一がはかられ、個性主義よりも集団主義が重視されました。

それが漢帝国が衰退するにつれ、儒家の権威が下がると、人々は儒家の禁欲的な「常識」を破る行動をとるようになります。

 

つまりこれまでの束縛への反動が、化粧などのオシャレとして現れたのだといいます。

ただし、儒家思想が濃かった漢代から官吏たちは白粉をしていたので、この解釈がどこまで適当かは不明です。

 

ただ少なくとも当時の知識人たちの美的感覚からすると、

白面のお化粧男子こそエレガントという認識であったことは間違いなさそうです。

 

なお、化粧もお香もともに高価な嗜好品ですので、

主には富裕層で嗜まれ、一般庶民にはまた別のオシャレイズムがあったことと思われます。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

[adsense]
—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

こちらの記事もよく読まれています

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

孫権 冠

 

よく読まれてる記事:被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

 

董卓紙幣

 

よく読まれてる記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

この記事を書いた人:楽凡

baienfu

自己紹介:歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。

 

関連記事

  1. 孫晧(孫皓)
  2. 劉禅
  3. 馬に乗って戦う徐晃
  4. 司馬懿と司馬師
  5. 劉寵と袁術

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP