キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

先週はなんと先代井伊家当主・井伊直親(いいなおちか)の娘・高瀬(たかせ)が

井伊直虎の元にやってきました。

そして井伊家の狂犬シノと直虎は高瀬が来たことによって絆が深まるほっこりとした

お話でした。

さて第21話おんな城主井伊直虎ではなんとあの新キャラの名前と出自が、

判明することになるのです。

一体新キャラはどんな名前で、

直虎とどういった関係を築いていくことになるのでしょうか。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介




おんな城主 第21話の見どころその1:直虎が襲撃される!?

 

今川氏真(いまがわうじざね)に取り入って鉄砲の製造を始めることになった瀬田の方久。

しかし氏真は方久がいつまでたっても鉄砲を生産できないことに激怒し、

方久に鉄砲を生産する任務を解いて違う商人に任せることにします。

方久は氏真のこの仕打ちに激怒。

井伊谷に帰ってきた方久は直虎へ「今川はダメです。

これからは気賀(きが)の時代になります」と提案します。

気賀とは遠江(とおとうみ)にある浜名湖の奥地にある港町の事で、

商売が盛んに行われている有名な場所でした。

方久と直虎はこの気賀の町を訪れて綿布を売るため中村屋という店を開いている

中村与太郎(なかむらよたろう)と商談を行うことに。

この商談後、気賀の町並みを見ていた直虎一行。

色々と珍しい物に目を奪われていた直虎へ子供がぶつかって、

直虎が持っていた銭入れが盗まれてしまうのです。

直虎は銭入れを取り戻すため子供を追いかけていくのですが、

何者かの攻撃によって気を失ってしまうのです。

直虎は果たして無事なのでしょうか。

そして直虎を襲撃してきた人物達は一体何者なのでしょうか。




おんな城主 第21話の見どころその2:新キャラはなんと海賊!?

 

直虎は目を覚ますと倉のような場所に囚われておりました。

直虎が目を覚ました場所は船の上であり頭と呼ばれる新キャラが登場。

新キャラは直虎を見てびっくりしますが、

直虎へ「ちったぁおとなしくしていた方がいいぜ。

井伊谷では直虎様だけどここではあんたはタダのおなごなんだ。」と

言い放ち去っていきます。

所変わって井伊谷に帰還した六左衛門はすぐに直虎が拉致られた事を報告。

すると中野直之(なかのなおゆき)、小野政次(おのまさつぐ)など井伊家の人達が

集合して会議を開くことになります。

すると新キャラ率いる海賊集団が直虎を返して欲しければ、

身代金をよこせと言ってきます。

小野政次は「身代金をとりあえず払うと言っておき、

身代金の受け渡しの時に賊を捕らえてしまえばいいのではないのでしょうか。」と提案。

この提案を受け入れた井伊家家臣達は早速金を用意。

果たして直虎は無事に井伊谷へ帰還することができるのでしょうか。

 

おんな城主 第21話の見どころその3:幕府も盗賊と変わらない!!

 

直虎は脱出するため縄を斬って子供を人質に取って逃げようとします。

しかし直虎の作戦は失敗してしまい再び捕まってしまうのでした。

この時直虎は新キャラへ「お前はどうして賊徒をやっているんだ」と叫びます。

すると新キャラである賊徒の頭は直虎へ「領主ってのは賊徒と一緒じゃあねーんですか」と

意味ありげな言葉を残して去っていきます。

そして翌日身代金が受け渡される少し前に直虎は再び新キャラへ

「なぜ我が賊徒と一緒なんじゃ」と問いかけます。

新キャラは「領主は農民から年貢を巻き上げているだろう。

それが盗賊だってんだ」と語ります。

すると直虎も負けずに「井伊谷に住んでいる農民たちが年貢を納めるのは当然じゃろう。

だって井伊谷の井伊家が農民に土地を貸しているのだから」と新キャラに述べます。

しかし新キャラは「どうして井伊谷が井伊家の物だって決まってるんだい。

鎌倉幕府から頂いたってのは幕府が勝手に井伊谷を井伊家に与えると決めたことで、

農民の総意があったわけじゃあねーでしょ。泥棒と何が違うんだ。

俺らは何代も続いてきた泥棒である武家からしか盗みを働いてねぇ。

だから咎めを受けることにはならん」と筋を通して直虎へ説明。

さて直虎はこの新キャラの考えにどのように反論するのでしょうか。

筋が通っているので非常に反論しにくいことだと思うので、

今回最大の見どころだとレンは思います。

 

おんな城主 第21話の見どころその4:イチかバチかの賭けに出る

 

直虎は井伊谷へ無事に帰還するとみんなに怒られて大人しくなります。

そんな中方久は直虎へ井伊谷の資金源を得るための方策として

「木材を各地に売ってはどうでしょうか。

木材が盗まれるということは木材の需要が有ると言う事にございませんか。」と提案。

直虎は方久へ「しかし木材を切り出すための人で・・・・」と

言い始めている途中で言葉を止めることに。

そして決意の眼差しで直虎は気賀の町に再び向かい、

あの新キャラに一人で寺へ来るように呼び出します。

新キャラは直虎の呼び出しに応じて一人で寺にやってきます。

そして直虎は新キャラへ「人は追い詰められれば盗みを働く。

しかしそれは幸いなことなのか。

人として生まれて大義を掲げながらも盗みを働いて生きて行っていいのか」と

新キャラに説得。

すると新キャラははぐらかそうとしますが、直虎が引き止め言葉を紡いでいきます。

直虎は「盗みを働いて生きていく状況を作った世の中が悪い。

ならば盗みを働かないで人々が生活できる世界を作ればいいのではないか」と

とんでもないことを述べるのです。

しかし直虎と新キャラの論争に決着はつきませんでした。

そこで直虎は方久から提案された木材売買の話を新キャラにすると共に

「お主らはあっという間に木材を切り倒す腕を持っておる。

そこで井伊家でお主らを抱えたいと思っている。どうじゃ。」と提案。

新キャラは唖然としてしまいますが直虎へ

「なんであっしらに頼むんですか」と当然の質問をします。

すると直虎は「お前に盗賊だって言われてからずっと考えた。

そして盗賊だって言われないようにするしかないと思案した結果・・・・・。

まぁつまるところ自分の利益のためじゃ」と答えます。

その後ふたりはじっと黙って考えを巡らすことになるのですが、

果たして直虎が提案した案件を新キャラは飲むのでしょうか。

気になる方は是非ご覧あれ!!

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

今回の直虎はなかなか見ごたえのある回でした。

武家を盗賊扱いする新キャラの解釈はまさに新解釈と言って良く、

筋の通っている言葉で胸に響きました。

確かに鎌倉幕府が勝手に土地を武家達に与え、

武家は与えられた土地に住んでいる民衆から年貢を徴収している構図は、

法的に根拠を与えられている盗賊と何ら変わることはありません。

そして新キャラが述べた「何代も続いてきた由緒ある盗賊」このフレーズは今までにない

日本の戦国時代の解釈として注目を浴びることになってもおかしくないと

レンは思っております。

この言葉に対して直虎は「盗みを働くことを生業としない世界を創成すればいい」と

述べております。

しかしこの提言は説得力にかけているでしょう。

ありきたりな言葉であり新キャラが言っていた問題提起に関して、

根本的な解決になっていないのですから。

ですが井伊家が徳川家に仕えて天下統一に貢献していたことを考えると

井伊直虎が述べた「世界を創成する」というフレーズは、

今後の徳川家と井伊家の関係を示唆させるものなのではないのでしょうか。

上記のように考えるとおんな城主井伊直虎・第21話「ぬしの名は」は

かなり見どころがあった回であると思います。

そしてこの新キャラ盗賊の名前ですが…「龍雲丸(りゅううんまる)」と言います。

気になる方はぜひ一度ご覧下さい。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  2. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  3. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  4. 腐れ儒者気質な孔融 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を…
  5. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  6. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  7. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  8. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  2. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について
  3. 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい誰?
  4. 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  6. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている? 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!? 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1 結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!? 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

おすすめ記事

  1. キングダム581話ネタバレ予想王賁vs堯雲&馬南慈の変則マッチ発生
  2. 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 真田丸 武田信玄
  3. 【明治の民主化運動】自由民権運動とはどんな運動? 幕末 帝国議会
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  6. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  7. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  8. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP