広告

劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

2017年6月18日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

曹操(そうそう)はオヤジを陶謙(とうけん)の部下に殺害された事に激怒し、

徐州へ攻撃を仕掛けます。

劉備は陶謙からの救援要請を受けて徐州(じょしゅう)に入り曹操軍を撃退するために奮闘。

曹操は本拠地である兗州(えんしゅう)が、

陳宮や曹操の親友である張邈(ちょうばく)が、

呂布を向かい入れて謀反を起こしたことがきっかけで徐州から撤退することになります。

陶謙は曹操が撤退すると病にかかってしまい日に日に弱っていきます。

彼は自らの死期を悟ると劉備に徐州を譲り渡したいとお願いします。

劉備は陶謙のお願いを断り続けていましたが、

ある二人の人物からの説得により徐州を貰う決意をします。

今回は劉備が徐州を譲り受ける事になったきっかけを作ったある人物の進言を

ご紹介したいと思います。

 

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



陶謙のお願い

 

陶謙は曹操が徐州から撤退すると病にかかってしまい自らの命が短いことを悟ります。

彼は自らの息子達に徐州を譲ってしまえば、

他の群雄達に奪われてしまう可能性があると考えて劉備に徐州を譲る決意をします。

陶謙は劉備へ「徐州を君に譲りたいと思うのだが受けてくれないか。」と提案。

しかし劉備は彼のお願いを受けることなく幾度も拒否し、

徐州を貰い受けようとはしませんでした。

陶謙は劉備へお願いを承諾させることなく亡くなってしまいます。

 

麋竺が劉備を迎えに行くも・・・・

 

陶謙の配下の文官である麋竺(びじく)は劉備を徐州の主にするため、

陶謙が亡くなると民衆を連れて劉備に徐州の主についてくれとお願いします。

しかし劉備は彼のお願いも聞き入れることなく断ってしまいます。

麋竺のお願いが断られたことを知った元陶謙の部下だったある人物が、

劉備の元へやってきます。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

陳登(ちんとう)の説得

 

陶謙の元部下であった陳登(ちんとう)は劉備と会見すると早速彼に進言を行います。

陳登は劉備へ「後漢王朝は衰えきって中華を統治することができない状況です。

そのため各地の群雄達は独立して覇者となるべく日夜戦いを続けており、

劉備殿が今功績を残して天下に覇を唱える絶好の機会と言っていいでしょう。

また徐州の民衆はあなた様に政治をとって欲しいと考えており、

先日民衆ともに麋竺がやってきたではありませんか。

なぜあなた様は徐州の主になろうと思わないのですか。」と徐州の主になるように要請。

しかし劉備は陳登へ「寿春(じゅしゅん)に袁術殿がいる。

このお猿さんははちみつ大好きだが、何人もの三公を出している名家である。

彼に徐州を譲ったほうがいいのではないのか。」と反論。

陳登はこの発言に対して劉備へ

「歴史に名を残す最大のチャンスが来ているのにそれを受けないというのであれば、

私は今後あなた様に付き従うことしないでしょう。」と

言われてしまうのでした。

陳登が劉備に進言をした数日後、あの有名人の子孫からも進言をされることになります。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

孔融(こうゆう)からの進言

 

劉備はその後孔子の子孫である孔融(こうゆう)から手紙をもらいます。

この手紙の内容は「袁術は名家と言ってもはちみつ好きなおっさんで、

やつに気を使う必要ないでしょう。

それよりもこの最大のチャンスを逃せば、後で悔やんでも遅いですよ」と提案を受けます。

劉備は陳登・孔融の提案を受けてやっと徐州の主になることを決意。

こうして彼は陶謙の跡を引き継いで徐州の主として君臨することになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備がもし陳登や孔融らの進言を受けなければ、

徐州は袁術の物になっていたかもしれません。

もし袁術が徐州を領有した場合どうなっていたのでしょうか。

袁紹と並ぶ中華最大の勢力として君臨することになり、

曹操は袁紹の元で働き続けることになり、

孫策は江東で独立することは難しかったのではないのでしょうか。

さらに呂布は兗州で敗北した後流浪を続けることになっていたでしょう。

このように考えると劉備が徐州を譲り受けた進言を行ったふたりが、

天下を動かしたと考えられるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

関連記事:益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-三国志の雑学
-, ,