張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家

2016年4月12日


 

曹操 呂布

 

劉備(りゅうび)孫権(そんけん)など三国志の群雄は肉親や親友に幾度も裏切られてしまいます。魏を建国した曹操(そうそう)は親友と呼べる人は数えるほどしかいませんでした。そんな親友に彼は若い頃裏切られています。今回紹介するのは曹操の親友の一人を今回紹介したいと思います。その名は張邈(ちょうばく)と言います。

 

彼は義心に溢れた人で、若い頃生活に困っている人を見かけたら、家財を傾けて助け、彼の周りには色々な人が集まり、その中には若かりし頃の曹操や袁紹も彼と友達として付き合っていました。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



家財を傾けて人助けを行う

曹操 ガラス

 

張邈は若い頃から侠気溢れる人として評判の高い人物でした。彼は家財を傾けて生活に困っている人を助けます。こうして彼が助けた人は非常に多く、この噂を聞いて彼の元に大勢の人が集まってきます。この中に若かりし頃の曹操や袁紹の姿もありました。

 



董卓討伐軍を起こす

董卓&呂布

 

張邈は董卓(とうたく)の専横によって政治が乱れてくると、曹操と共に董卓を討伐するべく挙兵します。しかし董卓軍の勇将である徐栄(じょえい)にコテンパンに敗れます。その後反董卓連合軍が結成されると袁紹が盟主となり、各地の群雄を集めます。

 

袁紹の驕った姿に憤慨し、注意するも…

朝まで三国志 袁紹

 

袁紹は董卓連合軍の盟主の座に収まると、次第に他人を見下し、驕り(おごり)始めます。張邈は袁紹のこの態度に怒り、注意します。しかし袁紹は張邈が怒って注意してきたことに腹を立て、曹操に「張邈を攻め殺せ」と促します。

 

曹操は袁紹に促されても、必死で親友をかばう

曹操

 

曹操は袁紹から「張邈を殺すように」と言われても、受け付けませんでした。彼は受け付けないばかりか、袁紹に対して「孟卓(もうたく=張邈の)は俺の親友だ。あいつが行った悪い事もいい事もすべて俺は受け入れるつもりだ。」と反論。張邈は曹操が身を挺して自分の事を守ってくれた事に恩義を感じます。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-はじめての漢
-