広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての魏

毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家

この記事の所要時間: 220




 

魏の文官として曹操に仕えることになった毛玠(もうかい)。

魏の国の中ではかなりマイナーな分類に当たる文官ですが、

人事選抜者としての能力は優れていたものがあった人物です。

今回は文官・毛玠(もうかい)をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男




荊州へ行こうとするが・・・・

 

毛玠は若い頃に役人として県に仕えておりましたが、

各地の群雄達が屹立し中原各地で戦が始まると彼は戦乱を避けるため、

戦のない荊州(けいしゅう)へ避難。

しかし荊州を治めている劉表(りゅうひょう)がかなりいい加減な政策を領内に施しているとの

噂を聞いたため荊州行きをやめてしまいます。




曹操に仕える

 

曹操は兗州(えんしゅう)の統治に成功すると優秀な人材である毛玠の噂を聞いて、

すぐに彼を招きます。

毛玠は曹操の招きに応じて仕えることにします。

彼は曹操と会見すると「皇帝陛下を自らの元へお招きして、

農業を奨励し、兵士の訓練に明け暮れれば天下を制覇できるでしょう」と進言。

曹操は毛玠の進言をきっかけで農業の大切さを思い知ることになり、

屯田制の施行を行うきっかけとなるのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

人事担当者として優れた人物を抜擢

 

毛玠は曹操が司空の位に就任した時に崔琰(さいえん)と一緒に人事担当者の位に就任。

毛玠は優れた人物を次々に採用していくことになるのですが、

彼が採用した人物は誠実で媚びへつらうことをしないで、

慎み深い行動を行っている人物を積極的に採用していくことします。

その結果、配下の者達は豪華に着飾ったりするものはいなくなることになります。

曹操は自分の配下達が着飾ることをしなくなり質素倹約を始めていると知ると

「天下の人臣がこのように着飾ることをしないで質素倹約に努めていくことになれば、

わしが人材を見ることがなくなるであろう」と毛玠を大いにほめたたえていきます。




毛玠の職を撤廃してしまえ!!

 

毛玠は慎ましく人からのお願いを一切受けない人物でありました。

曹丕が身内の人物を官職に就けてくれないかと毛玠にお願いしてきます。

すると彼は「いや。曹丕様が推挙してきた人物はあまりに能力がないので無理っす」と

言ってバッサリと断ってしまいます。

この噂を聞きつけた毛玠の同僚達が、

毛玠を嫌っていたので彼の官職を削って追い出してしまおうと企んでいました。

そして同僚達は曹操へ「毛玠殿が就任している東曹(とうそう)の官職を無くして、

西曹(せいそう)の職だけにする方がいいのではないのでしょうか。」と進言を行います。

しかし曹操は「西曹を削って東曹を残していく」と毛玠をかばったことで、

彼は官職が無くなることはなく今までどおり仕事を行っていきます。

 

同僚が殺されたことに不満を持つ

 

毛玠は同僚であった崔琰が死刑されたことを聞くと曹操の仕打ちに対して、

不満を持っていました。

この毛玠の態度を聞いた曹操は毛玠に激怒し牢屋へぶち込んでしまいます。

その後毛玠の罪に対して鍾繇(しょうよう)は厳しい追及を行いますが、

彼は鍾繇の追及に対してもすべて反論して決して屈することはありませんでした。

曹操は毛玠の態度にイライラしつつも彼の助命嘆願を行ってきた人物が、

いたことをきっかけに毛玠の官職をすべて剥奪した後牢屋から放逐して、

家に帰されることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

その後毛玠は家に帰ることになるのですが、失意の内になくなってしまいます。

曹操は毛玠がなくなったことを知ると大いに悲しみ、

彼に柩・埋葬品・銭などを毛玠の家に渡して丁重に埋葬するようにと命令を下します。

そして毛玠の息子は郎中に取り立てられたそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  2. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?…
  3. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  4. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあっ…
  5. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  6. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  7. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  8. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  3. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  4. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質?
  5. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  6. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か? 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!? 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた

おすすめ記事

  1. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決
  2. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  3. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  4. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了
  5. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  6. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  7. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  8. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP