三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守




 

魏・呉・蜀には様々文官がおります。

皆さんにあまり知られていないような人物だけが統治に優れていたのではなく、

皆さんが知らない文官が三国の各地を統治しておりました。

そこで今回紹介するのは民衆から慕われ続けていた太守である

顔斐(がんひ)という人物をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?




曹操(そうそう)に召し出されて京兆の太守へ

 

曹操は丞相の時代に顔斐を召し出して仕えさせることにします。

彼は曹操に仕えると黄門侍郎(こうもんじろう)などの役職を転任した後に、

京兆(けいちょう)の太守に就任することになります。

彼が京兆の太守に就任した頃、

馬超韓遂が関中の豪族達をかき集めて反乱を起こしておりましたが、

彼らは曹操軍の攻撃によって敗退。

馬超韓遂連合軍と曹操軍は京兆の近く地で戦っていたこともあり、

この地の住民達は農業に励むことをしませんでした。

しかし彼の前の太守達はなんとか頑張って一時的にですが、

民衆達に農業を行うように説得して行わせることができたのですが、

一時的であったためすぐに彼らは農業を行うことをやめてしまいます。




顔斐の政策その1:荒れ果てた道路を舗装

 

顔斐は京兆に赴任するとすぐに自らが統治する県の役人達へ

「道路がしっかりと整備されていなから整備を急いでやるように」と命令を下します。

顔斐の命令を聞いた役人はすぐに動き始め、

京兆各地の県の道路はしっかりと舗装されることになります。

また道路を舗装する際に彼は果樹などを道路の周りに植えることを命令。

その結果見栄えのする美しい道路に進化することになります。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

顔斐の政策その2:二つの事を奨励

 

道路の舗装工事を行った顔斐は京兆各県の農村へ

「車を作る資材をとって車を作るべし。

車の作り方がわからないものは知っているものが教えるべし。

また牛を持っていない民衆には農業を行わない時期に犬と豚を飼って、

これを売って牛を買うべし」と奨励します。

民衆は最初この顔斐が奨励した政策を面倒でやりませんでした。

しかしぽつりぽつりと少数の農民がやり始めると他の農民も真似して行うようになり、

2年ほどで京兆の民衆達の全てが牛と車を持つようになり、

農業が盛んに行われていくことになります。

ついでに農業を行う際、麦や粟など穀物類を車を牛に引かせて歩くことで、

輸送効率がアップすることになります。

 

顔斐の政策その3:学問を施す

 

顔斐は上記二つの政策を行うと次に京兆の民衆達へ学問を施します。

役所の中に現在でいう図書館のような物を作り、

図書館の中にある本を希望するものには本来課せられるはずの仕事を免除して、

誰でも図書館に来やすいようにします。

また役人の仕事が繁忙期でない時には役所の近くを耕して野菜を育成し、

民衆達に分け与えておりました。

さらに彼は民衆へお米を施す際に、

無償で施すのではなく薪を持ってくるように要請します。

京兆では冬になると寒くて硯などが凍って使者に

色々と細かい指示を書き記すことが出ない状態でしたが、

民衆が持ってきた薪を使用して部屋の中を温かくしたことで硯などの凍結を防ぐことができました。

顔斐が行ったこれらの政策によって民衆は役所に迷惑をかけることなく過ごしていきます。

その結果、雍州10郡の内治安の良さ、土地の豊かさなど全ての点において、

トップの土地として讃えられることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

顔斐はその後平原の太守として異動を言い渡されます。

彼が平原に異動する事になったと知った民衆達は大いに悲しみ、

彼が乗っている車の周りに民衆達が集まりすぎていたため、

進むことができない状態でした。

これほど慕われていた太守は三国志の中でも、

かなりレアな部類に入るのではないのでしょうか。

現状の日本の政治家達にも見習ってもらいたい人物だと言えるのですが、

こう思うのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生…
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  4. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…
  5. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志…
  6. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん
  7. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  8. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ミニチュアで遊ぶ董卓

おすすめ記事

  1. 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行 袁家をイジメる董卓
  2. 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!
  3. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  4. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  5. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  6. 明智光秀は悪人だったのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志編集長kawauso はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません! 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 趙雲が最強イケメンだった3つの理由 羊コ 羊祜 魏と晋 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

おすすめ記事

  1. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  2. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 明智光秀 wikipedia
  3. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  5. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る
  6. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  8. キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP