よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか

この記事の所要時間: 254




 

司馬師(しばし)暗殺計画。

あまり三国志を知っている人でもこの事件を知っている方はいないのではないのでしょうか。

この事件の首謀者となればもっと知っている人は少ないと思います。

この司馬師暗殺計画を立てた首謀者は李豊(りほう)という人物ですが、

彼はちょっと優れている人物なのかそれともただのポンコツなのか

どちらの評価が正しいのかちょっと判断に困る不思議な人物なのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側




名声が高すぎて父から警戒される

 

李豊は魏の朝廷に仕える前に人物評価をする能力に長けていると評判になり、

名声が高まっていきます。

彼が父のつてによって魏の朝廷に仕官した後も彼の名声は弱まるどころか、

日に日に増して行くことになり、

彼の家には毎日客がひっきりになしに訪ねてくる状態でした。

李豊の父は彼があまり実績がないのに、

名声だけが高くなっていく状態に危機感を募らせて、

客が彼を訪ねてきても家の門を閉めて合わせることをしなかったそうです。

しかし彼の名声はこれだけでは弱まりませんでした。




孫呉に轟いていた名声

 

曹叡(そうえい)の時代、呉から将軍が一人降伏してきます。

曹叡は呉の将軍がやってくると会見します。

彼は呉の将軍へ「呉では魏の人物の中で誰が有名なのだ」と訪ねます。

すると呉の将軍は「李豊という人物が一番有名であります」と答えます。

曹叡は李豊という人物が誰なのか分からずに側近へ尋ねて、

やっと理解する程度の知識しかありませんでした。

そのため彼は呉の将軍がいなくなってから側近へ

「李豊は孫呉にまでその名声が轟くほどの人物だとは知らなかった」と恥じ入ったそうです。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

仕事サボリまくりで全くやる気のない人物

 

李豊は曹叡が亡くなると尚書僕射(しょうしょぼくや)という官職に

昇進することになるのですが、彼はほとんど仕事に行くことがありませんでした。

当時の魏では100日仕事を休んだらクビになる制度でした。

李豊は100日に届きそうになると幾日か仕事をしに行き、

再びズル休みを行うことを繰り返しておりました。

彼はこのズル休みを何年間も行っていたので同僚からも

「あいつは名声だけで、本当は仕事がほとんどできないのではないか。」と

陰口を叩かれていたそうです。

 

弟達も兄に似てダメなやつだった

 

李豊の弟達も魏の朝廷に仕えており、

二千石の官職をもらって地方の太守を歴任するほどでした。

しかし兄貴があまり仕事にやる気を出さなかった影響なのか、

李豊の弟である李偉(りい)は任地である扶風(ふふう)郡の統治をしっかりと

行うことができずに政治を混乱させてしまいますが、

李豊は彼をクビにするように司馬師へ進言することなく、

そのまま彼に政治を行わせておりました。

そのため民衆や同僚たちは「李豊は司馬師どのから気に入られているから、

弟をクビにすることをしないのだ。」とまたも陰口を叩かれていたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

李豊はこのようにダメ人間の象徴のような人物でしたが、

司馬師暗殺計画の首謀者であったために処刑されてしまいます。

その後彼の家の財産を抑えた司馬師ですが、

彼の家に蓄財がほとんどなく、彼がもらっていた物は全て親類縁者や奥さんの弟たちへ

ばら撒いていたそうです。

優れていた人物なのかそれともポンコツなのかよくわからない人物ですが、

このような人物がいるのも三国志の面白いところではないのかなと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

関連記事:【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  2. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  3. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  4. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  5. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿…
  6. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  7. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  8. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  2. 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!
  3. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編
  4. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介! 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

おすすめ記事

  1. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  2. 東方明珠って、何者?
  3. 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?
  4. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事
  5. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?
  6. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  7. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  8. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP