広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?

この記事の所要時間: 347




中国では、冥婚という古代から死者同士を結婚させるという儀式がありました。

冥婚は、中国では、冥契、冥配、幽婚、鬼婚、配骨、陰親、陰婚、等様々な呼称で呼ばれています。

中国では、葬式は遺族のみしか執り行うことができません。

また、中国の宗教間では、葬式で弔われなかった死者は、生者に災いをもたらすと考えられています。

そこで、冥婚を行い一族の祖先に加えることで、葬式を行い、死者を弔うことができます。

これは単純な結婚とは異なり、特殊な儀式と言う位置づけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた?




中国の制度、冥婚は世界中に存在する!?

 

日本でも、同様に冥婚で死者を弔う制度はありました。

これも通常の婚姻とは異なります。では、他国ではどのようだったのでしょうか。

今回は、世界各地の冥婚について御紹介致します。




韓国の冥婚

 

韓国の冥婚は、死霊祭において行われます。

死霊祭は死後数年経ってシャーマンによって司式されます。

この死霊祭において、死霊を「祖先神」というものに転換させるために

”未婚の死霊”や”不慮の事故で死亡した死霊”に対してなされる儀式として位置付けられています。

不慮の事故で亡くなった方を対象としている点に少し韓国の冥婚としての特色があります。

未婚の方が不慮の事故で亡くなった場合、死穢の観念が強くなりますので、

遺族にとって不吉なものとなります。

そのような観念を消す目的で韓国の冥婚が行われます。

韓国では、現在も冥婚が行われており、ニュースでも時折報道されているそうです。

死者の亡くなり方が事故や自殺など遺恨の残る場合を主として、

他には霊魂結婚による財産相続の問題の解消等のケースもあります。

しかし、遺族による慰霊を目的としてモノがほとんどです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

アフリカの冥婚

 

アフリカでは、死霊と生きている人間が結婚するゴーストマリッジ(亡霊婚)があります。

中国や韓国での冥婚は、特別な儀礼であり、

少なくとも一般的な結婚と同列に扱われることはありません。

一方で、アフリカで諸部族の中で行われている冥婚、

亡霊婚はいくらか一般的な結婚の形態の一つとしてみなされているようです。

そうした意味では、アフリカでは冥婚は特殊性は無く、やや日常に近いものがあるかもしれません。

アフリカには、日本同様、ある種の結納の様なものがあり、

そのような物理的なやり取りの理由としても亡霊婚を用いているそうです。

 

フランスの冥婚

 

フランスでは、法律で死後の婚姻が認められています。

それは、フランスの民法171条1~3項で定められています。

これによれば、将来の夫婦の一方が死亡し、

死亡した者の承諾に疑いがないと考えられる場合かつ、それを行う重大な理由があれば、

婚姻を認めることができるものとされています。

婚姻の効力は亡くなった配偶者が死亡した前日から発生することが決められています。

しかし、遡って婚姻を認めるにもかかわらず、

財産の相続権等は生じず、婚姻関係があったとみなされるわけでもありません。

それにどんな意味があるのかと疑問に思うかもしれません。

しかし、理由はあります。婚姻をした配偶者は亡くなった配偶者との結婚が認められることで、

その子供を認知してもらうことができます。

フランスでは、未婚で相手を失った者の子供の為に、冥婚を行った事例もあるそうです。

 

関連記事:【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!

 

台湾の冥婚

 

台湾での冥婚は、少し恐ろしいものです。

紅包(アンパオ)と呼ばれる赤い封筒があり、これが冥婚に使われます。

本来紅包は御祝儀やお年玉、餞別等、お祝いや感謝を伝える用途で使われるものです。

しかし、冥婚で扱われる場合は違います。

まず、女性が未婚のまま亡くなると、遺族が紅包を道端に置きます。

紅包には現金や遺髪、死者の生前の写真等が入っています。

通行人がそれを拾うとそれを監視していた遺族が出てきて、死者との結婚を強要するというものです。

そのため、台湾で安易に赤い封筒を拾うことは危険であるという都市伝説のようなものがあります。

 

世界最古の冥婚!?中国の冥婚

 

冥婚は世界中で行われており、それは古来から行われていました。

大昔から行われていたと考えられますが、

尤も最古の記録はやはり中国の曹沖(そうちゅう)のものであると思われます。

曹操(そうそう)の子の一人、曹沖(そうちゅう)は、病で亡くなり、

それを悲しんだ曹操(そうそう)は曹沖(そうちゅう)のために冥婚を行いました。

曹操(そうそう)は、同時期に亡くなった甄氏(しんし)の娘の遺体をもらいうけて、

曹沖(そうちゅう)の妻として埋葬したという記録があります。

これが恐らく記録に残る一番最初の冥婚であると考えられます。

 

関連記事:日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式

 

三国志ライターFMの独り言

 

文明や考えは異なってはいても、冥婚は存在していたようです。

冥婚があった国は、主に中国と日本に加え、韓国や台湾、アフリカ、フランス等の国になります。

アジアに多いという印象ですが、地理的に遠い国にも存在していたことからも、

記録に無いだけでこれらの国以外にも冥婚はあった可能性があります。

その中でも、記録に残る最古の冥婚は曹操(そうそう)の執り行った者であると考えられます。

曹操(そうそう)はこういうことでは世界に先駆けていますね。

 

櫻井 義秀 著、死者の結婚:祖先崇拝とシャーマニズム、北海道大学出版会(2010)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 石川克世って、何者?
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  3. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  4. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  5. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  6. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12…
  8. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリー…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  4. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  6. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女

おすすめ記事

  1. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  2. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  4. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  5. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  6. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  7. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  8. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP