【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!




ジャンヌ・ダルク

 

ジャンヌ・ダルクは、1337年から1453年にかけてフランスとイギリスの間で起こった百年戦争で、フランス軍に従軍して戦った人物です。

今回は、ジャンヌ・ダルクの活躍を、三国志で紹介していきます。




そもそも百年戦争ってなに?

シャルル7世の戴冠とジャンヌ・ダルク wiki

 

百年戦争は、フランスとイギリスで起きた王位継承問題が引き金となって、百年に渡り続けられた戦争です。

その経緯は、フランス王のシャルル4世が後継者を決める前にこの世を去ったことにあります。

その後継者として名乗りを上げたのが、シャルル4世のいとこにあたるフィリップ6世です。

 

エドワード3世 wiki

 

これに異議を唱えたのが、イギリス王のエドワード3世です。

エドワード3世は、シャルル4世の兄弟であるイザベルの子供であり、シャルル4世の甥っ子にあたります。

言い分の違う両者に残された道は、戦争。

イギリスのエドワード3世がフランスのフィリップ6世に挑戦状を叩きつけ、百年戦争が勃発しました。

 

後継者争い 劉協と劉弁

 

三国志も約百年に渡る物語で、三国志に至るまでのキッカケである霊帝が崩御した後の劉弁、劉協による後継者問題がありますが、百年戦争の後継者問題もこれに相当します。しかし、百年戦争はこの後継者問題をさらにこじらせています。




フランスに舞い降りた救世主ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク wiki2

 

百年戦争はイギリスの圧倒的有利な状況で戦況が進みます。

その勢いは、フランス領土の大半を占領するほどで、フランスの敗戦は濃厚でした。

そんなフランスに救世主が現れます。

 

ジャンヌ・ダルク wiki

 

その救世主こそが、「オルレアンの乙女」ことジャンヌ・ダルクです。

ジャンヌ・ダルクは、12歳で神のお告げを受け、16歳でフランス軍に参戦します。

ジャンヌ・ダルクの登場により息を吹き返したフランスは、イギリス軍の進軍を止めることに成功します。

その勢いは留まることを知らず、イギリスに占領されたフランス領土を短期間で奪還しました。

呂布VS劉備三兄弟

 

これを三国志に置き換えてみると、黄巾の乱で混乱していた漢王朝に、

劉備が義勇軍を率いて登場し、呂布や曹操などの強敵の攻撃をかわしながら、蜀を築いていく所にあたります。

フランスと中国での違いはありますが、ジャンヌ・ダルクと劉備は国のために戦った、高い志をもつ人物です。

 

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

関連記事:三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

 

ジャンヌ・ダルクを支えた二人の武将

桃園の誓012

三国志で劉備といえば、関羽と張飛の二人の武将が有名です。

ジャンヌ・ダルクにも、ジャンヌ・ダルクを支えたジル・ド・レとラ・イールという二人の武将がいます。

 

ジル・ド・レ wiki

 

ジル・ド・レは、武術に長け、教養もあり、情熱的で献身的な人物でした。

 

ライール wiki

 

ラ・イールは、粗暴で怒りっぽい性格の人物でした。

二人の武将の活躍は目を見張るものがあり、ジャンヌ・ダルクを数々の勝利へと導いていきます。

 

劉備 桃園

 

ジル・ド・レは、武術と教養を兼ね備えた関羽であり、ラ・イールは武術に特化した張飛として見ることができます。

 

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

歴史に残る一番勝負 オルレアンの戦い

オルレアンの戦い wiki

 

ジャンヌ・ダルクの活躍を語る上で欠かすことのできない戦いは、オルレアンの戦いです。

オルレアンの戦いは、イギリスの進撃を食い止めることに成功し、フランスが領土奪還へと息を吹き返すキッカケとなった戦いです。

オルレアンの戦いでは、イギリス軍の猛攻にフランス軍は防戦を強いられていました。

 

オルレアン包囲戦、1429年 wiki

 

敗戦続きのフランス軍の士気は低く、オルレアンでも敗戦が濃厚になっていました。

そんなフランス軍に、一筋の光が差します。

神のご加護を受けたジャンヌ・ダルクの登場です。

ジャンヌ・ダルクは、フランス軍を率いて積極的な攻撃に出ます。

その攻撃は、イギリス軍を次々と蹴散らしていきます。

その戦いの中で、ジャンヌ・ダルクの左肩に矢が射られ負傷します。

ジャンヌ・ダルクの負傷は、フランス軍に動揺をもたらします。

しかし、次の日にはその傷も癒え、多くの兵士が心配する中でジャンヌ・ダルクは戦いに参加します。

この出来事にフランス軍兵士は、ジャンヌ・ダルクには神のご加護があることを確信します。

神が味方しているとあれば、フランス軍も強気になります。

 

オルレアン包囲戦 wiki

 

これまでの敗戦を覆すような怒涛の攻撃により、フランス軍はイギリス軍を蹴散らすことに成功します。

ジャンヌ・ダルクがオルレアンに登場してから、9日目のことでした。

 

赤壁の戦い

 

オルレアンの戦いは、三国志では赤壁の戦いに相当します。

曹操軍の追撃から逃げる劉備軍が孫権軍と協力して、赤壁で曹操軍を破った戦いです。

劉備・孫権連合軍がフランスで、曹操軍がイギリスとしてみると、追い詰められた劉備・孫権軍が絶対的有利な曹操軍に完全勝利するという構図になっています。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 龐統
  2. 曹操VSかく
  3. 孫策に攻撃される黄祖
  4. 問題を解決する楊脩
  5. はじめての変

    朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部

    ・ナレーション袁術(えんじゅつ)ぅ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP