キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官

この記事の所要時間: 233




 

蜀と呉は長いあいだ同盟関係を続けて魏と対立してきました。

蜀は呉との関係が一度断ち切れたこともありいろいろな人物が呉へ派遣され、

友好関係を結んできました。

孫権は蜀から派遣されてきた人物の中で鄧芝(とうし)、

費禕(ひい)を一番気に入っておりました。

しかし孫権が蜀の外交官の中で気にいっていた人物は彼らだけでなく、

もう一人いた事をご存知でしょうか。

その人物の名は宗預(そうよ)と言います。

孫権は彼との別れ際に涙を流して惜しんだそうです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書




守備兵を増加させる

 

蜀は偉大なるスーパー丞相諸葛孔明を亡くしてしまいます。

呉は蜀の孔明が亡くなった事を知るとある事を懸念。

それは孔明が亡くなったことによって魏が蜀へ総攻撃を開始して、

この攻撃に蜀が耐え切ることができずに滅亡してしまうのではないかということです。

そこで呉は蜀との国境である巴丘(はきゅう)の守備兵を増加させることにします。

巴丘の守備兵を増加させた理由として魏が蜀へ総攻撃を行った際、

すぐに救援へ迎うことができるようにしたことです。

蜀は呉が国境の守備兵を増加させたことに危機感を抱き、

永安(えいあん)の守備兵を増加させて呉が攻撃を仕掛けてきてもいいように備えます。




はじめての呉へ

 

宗預は蜀の朝廷から「呉へ向かうように」との命令を受けます。

彼は命令を受けると呉に贈るものを準備した後、呉へ向けて出発。

呉の首都建業(けんぎょう)に到着すると孫権から厳しい質問を浴びる事になるのです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

孫権から厳しい質問を受ける

 

孫権は蜀の使者・宗預が到着したと報告を受けるとすぐに彼を引見し、

「呉と蜀は互いに支え合う者同士であり、いわば家族同然である。

それにも関わらずどうして蜀は永安の守備兵を増加させたのか。

この理由をしっかりと聞かせてもらおうか」とキレ気味に質問されます。

すると彼は孫権へ蜀が永安の守備兵を増加させた理由について語り始めます。

 

「呉が守備兵を増やせば、こちらも守備兵を増やすものです」by宗預

 

宗預は孫権がキレ気味質問してきたことにちょっとイラっとしますが、

表情に出すことなくこのように述べます。

彼は孫権へ「孫呉が蜀との国境である巴丘の守備兵を増やしたのであれば、

蜀も永安の守備兵を増加しなくてはなりません。

これは国際情勢のせいであり、問いただす事のほどではないでしょう。」と淡々と述べます。

孫権は宗預の応答の見事さに爆笑し「そうりゃぁそうだ。」と述べた後、

彼を大いにもてなしたそうです。

 

60をいくつか過ぎた頃に再び孫呉へ

 

宗預はこうして蜀の外交を見事に果たして帰還。

その後蜀の内部で着々と昇進していくことになります。

彼が60歳をいくつか過ぎた頃再び孫呉へ使いに行くことになります。

孫権は宗預がやってくるとすぐに引見してたわいない話を数時間に渡って話します。

そして彼が蜀へ帰還する日、孫権は再び宗預を呼んで

「君は呉に幾度も使者としてやってきて我が国と蜀との友好関係を盤石なものにしてきた。

しかし君も老齢の身で私もじいさんになってしまった。

多分君と二度と会うことはあるまい。

体に気をつけて達者でな」と彼の手を握って涙を流して別れを惜しんだそうです。

宗預ももらい泣きして「陛下。私も老残の身で、何時亡くなってもおかしくありません。

陛下とは今生の別れとなると思いますが、御身を大切にしてください」と

言って別れたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

宗預は孫権から涙を流して別れを惜しまれた人物ですが、

以外に頑固なところがある人物です。

最後に彼がいかに頑固な人物であったかを最後にご紹介して終わりたいと思います。

当時蜀では孔明の息子である諸葛噡(しょかつせん)が蜀の国政を預かっており、

蜀のレジェンド・廖化は宗預へ「諸葛噡に挨拶しに行こう」と誘います。

すると彼は「私たちは70を超えた老人で、位人臣を極めている。

そんな老人達が今更若者に会いに行ってどうするのかね」と述べ、

結局諸葛噡の元に会いにいくことをしなかったそうです。

宗預の頑固ぶりがうかがえるエピソードでした。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?

関連記事:【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていた…
  2. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  3. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おん…
  5. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  6. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大…
  7. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?と…
  8. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン!
  2. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  3. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  4. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  5. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  6. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの? さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった! 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

おすすめ記事

  1. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  2. 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして?
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  5. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  6. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは?
  7. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  8. 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP