はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての晋

袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物

この記事の所要時間: 212




 

三国志を知らない人でもその名を知っている諸葛孔明(しょかつこうめい)。

彼は正史三国志を編纂した陳寿(ちんじゅ)

正史三国志に註訳をつけて編集した裴松之も彼を高く評価しております。

孔明を高く評価したのは彼らだけでありませんでした。

呂布に脅されても顔色一つ変えずに正論を述べて黙らせ、

呂布滅亡後は曹操に仕えて名声を天下に轟かせた人物・袁渙(えんかん)の息子である

袁準(えんじゅん)も孔明を褒め称えておりました。

 

 

この袁準が書いた袁子において孔明を褒め称えていますが、

どのように彼を褒め称えているのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?




友達から尋ねられる

 

袁準はある日友達と色々なことについて語り合います。

例えば昔の曹操がどのような人物であったのか。

また孫権劉備の人柄についても語り合っておりました。

そんな中、袁準の友達は蜀の宰相としてその名を天下に轟かせた孔明について

「彼はどのような人物であったのか」と尋ねます。

 

 

すると彼は「関羽張飛は一万の兵力に匹敵するほど強力な人物であったが、

軍事に特化した人であったため、政治や政略についての感心を持っていなかった。

しかし孔明が劉備の軍師として仲間に加わると群臣達は、

皆彼の言うことを聞いて政略や政治を行っていたそうだ。

また彼は劉備に信頼されていたため幼い皇帝を託され、

権力を一身に集めることになるが礼節を失うことなく君主を代行して、

政治を取り締まったため誰も彼を疑うことをせず、

彼の言うことをしっかりと聞いて服従したそうだ。

そのため現在でも益州では孔明を慕う歌が流行っているそうだ」と述べます。




街亭の戦いについて質問される

 

袁準は友達とその後も孔明のことについて色々と議論を始めます。

友達は彼に「孔明が初めて北伐を行った際、南安(なんあん)・安定・天水の三郡は

孔明の北伐に呼応し他にも関わらず、

彼はゆっくりと進軍していたせいで魏軍にこの三郡を取られてしまった。

これはどうしてなんだい」と質問されます。

すると彼は「蜀軍には優れた将軍が少なく、

彼の最初の北伐戦だったので魏軍がどれほどの強さを持っているのかを知るため、

ためらいを感じてわざとゆっくり進軍したのである。」と答えます。

すると友達は再度袁準へ「孔明は勇敢な将軍だったのかな」と質問。

袁準は友人に「孔明は勇敢な将軍だったと思う。

その理由として孔明の軍勢は安定と冷静を常として行軍していたので、

軍勢を行動させるのに不自由なくスムーズに行動できたそうだ。

また堅固と慎重を持っていたので軍勢は進退を自在に行うことができた。

さらに孔明の軍規は誰でもわかるようにするため信賞必罰で、

兵士達は危険を顧みることなく行動していたために軍勢は非常に強かったと聞いている。

これらを総合した結果、孔明率いる軍勢は非常に勇猛であり、

孔明自身がこのようにしていたため、彼も勇猛な将軍であると考えている。」と述べます。

この他にも袁準と友人は日が暮れるまで孔明に対しての議論を行い続けていたようで、

孔明議論はとどまる事がなかったようです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁準は友人から孔明議論の最後にこのようなことを質問されます。

友人は「君の孔明に対する評価は理解したが、

孔明は優秀な人物であったのに何故成果が少なかったのだろう」と質問されます。

すると袁準は「孔明は基本を忠実に守る人物であり、

変化に対応することを苦手としていた人物である。

そのため自分が得意としない変化に富んだ状況下で無理をしなかったから、

成果を上げることができなかったのではないかと考える」と述べております。

この評価は正史三国志の著者である陳寿と一緒であり、

孔明は変化に富んでいる軍事においては苦手としていた

証左となるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

関連記事:天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言…
  2. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  3. 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲の…
  4. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  5. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  6. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  7. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風…
  8. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  2. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  3. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  4. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  5. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男
  6. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは? 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった? 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの? キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる

おすすめ記事

  1. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  2. 【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み
  3. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  4. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  5. 島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父
  6. 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?
  7. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  8. 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP