魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える

劉禅を説得する張嶷




 

蜀の後期軍人や文官には人材が払拭しており、

代表的な人物なのは諸葛孔明の弟子である姜維(きょうい)

魏から逃れてきた夏侯覇(かこうは)などが蜀の代表的な人物ではないのでしょうか。

もちろんほかにも優れた人物がおりますが、

今回紹介する人物もあまりみなさんには馴染みのない人であるかもしれません。

劉禅に忠義を尽くして亡くなった張嶷(ちょうぎょく)

彼は動けない体を蜀のために燃やし尽くした人物です。

今回は劉禅に忠義を尽くした張嶷の最後をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?




病によって任地を去る

 

張嶷孔明が南蛮征伐を行った後も反乱を起こしている南方を統治するため、

南蛮地方の諸豪族を時に武力で従わせ、時に仁愛を持って従わせておりました。

その結果、南蛮地方で反乱は一切起きなくなり、

彼は南蛮の諸部族から大いにしたわれることになります。

しかし彼の病は日々の激務によって病に蝕まれてしまい、

任地を去らなくてはなりませんでした。

彼が任地をさる時には多くの民衆が彼を見送りに来て、

涙を流して彼との別れを惜しんだそうです。

こうして任地を去った張嶷は成都の自分の屋敷で、

病気を治すように沙汰がくだされることになります。




魏からの降伏者を迎え入れるべし

 

蜀・魏国境に近い狄道(てきどう)の長である李簡(りかん)という人物が、

蜀に降伏したいと願い出てきます。

彼の降伏の申し入れを聞いた蜀の朝廷は当初疑っておりましたが、

大将軍である姜維や張嶷の上奏が「彼の降伏を受け入れるべし」との意見であったため、

劉禅も彼らの意見を採用して李簡の降伏を援助するべく

軍勢を差し向けるように命令を下します。

 

北伐の真実に迫る

 

ボロボロの体を押して戦へ参加

 

張嶷は南蛮で病にかかってしまい成都で休養しておりましたが、

一向に病が治る気配を見せませんでした。

そんな中彼の耳に姜維が李簡の降伏を受け入れるため、

軍勢を率いて出陣するとの情報が入ってきます。

張嶷は劉禅に「私は国賊である魏軍と戦って命を終えたいと思います。」と上奏。

張嶷の上奏文を読んだ劉禅は涙を流しながら彼の意見を受け入れて、

姜維の軍勢に参加することを許可します。

 

劉禅に別れを告げる

 

張嶷は戦準備を終えると劉禅の元へ行き「陛下。私は先帝と陛下に格別に目をかけられて、

ここまで出世することができました。

病のせいで私が亡くなってしまえば、

陛下に御恩を返すことができなくなってしまうのが不安でたまりませんでした。

しかし今回大将軍の軍事に参加することができました。

そこで私の最後の勤めとして、此度の戦いで涼州を平定することができれば、

彼の地で守将として蜀を守っていきたいと思っており、

もし涼州を領有することができなくても我が一命を持って戦場で捧げたいと思います。」と

述べます。

この言葉を聞いた劉禅は再び涙を流しながら側近へ「張嶷こそ忠義の武人だ」と言って、

褒め称えたそうです。

 

徐質の軍勢と激闘するも・・・・

 

張嶷は姜維軍に参加して李簡を迎えに行きますが、

魏軍も徐質(じょしつ)に軍勢を与えて陣営を築いておりました。

張嶷は自ら軍勢を率いて徐質軍と激闘。

張嶷は戦いの最中に亡くなってしまうのですが、彼の軍勢は奮闘した後撤退します。

張嶷軍はかなりの損害を受けることになりましたが、

徐質軍が受けた損害は張嶷軍の倍の損害を受けており、

表面上は蜀軍を撃退し勝利を得まることに成功します。

しかし実質的な損害を考えるととても勝利とは言えないほどの

ダメージを負ってしまったそうです。

 

関連記事:もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンはこれほど重態であるにも関わらず国から受けた恩を返す為、

重態である体を押して戦いに出た武将を知りません。

そのため蜀軍の後期の将軍達において彼こそ忠義の武人と言ってもいいのではないのかなと思います。

姜維も夏侯覇も諸葛噡(しょかつせん)も皆忠義の臣と言っていいのだと思いますが、

これほど鮮烈な忠義心を蜀で示したのは張嶷が初めてではないのかなと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 玄宗皇帝 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」
  2. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  3. ホウ徳、馬超 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕…
  4. 藺相如(りんしょうじょ) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  5. 劉禅と孔明 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?
  6. 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 黄巾の乱で活躍した?していなかった?教祖張角の無念
  8. 皇帝に就任した曹丕 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 本多忠勝
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. 曹植
  5. 荀イクの叔父・荀爽(三公)
  6. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  7. 劉備に褒められる趙雲
  8. 馬にまたがって戦う明智光秀

おすすめ記事

  1. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月19日実施) 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  2. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 羌族
  3. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない? 劉備の黒歴史
  4. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】 曹植
  5. 樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか? 海上での戦いの孫権
  6. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 蔡琰

三國志雑学

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 三国志 象兵
  3. 袁術と呂布
  4. 討ち死にする黄崇
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  3. 織田信長
  4. 宦官VS外威 三国志
  5. 親友に裏切られた曹操

おすすめ記事

諸葛瑾 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった? 秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生 成廉、魏越、呂布 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 劉備の黒歴史 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん) 「斉」の旗を持った兵士 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP