キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?




 

孔明死後、蜀の政権を担った蔣琬(しょうえん)が亡くなると費禕(ひい)が彼の跡を継いで、

蜀の政権を担うことになります。

彼はとんでもない才能の持ち主で仕事がどんなにいっぱいあってもきっちりと終わらせて、

客と一緒にご飯を食べたり、博打を打ったりしておりました。

蜀の名政治家である董允費禕の真似をして見た所、

数十日で仕事が溜まってしまいため息をついて

費禕と俺の能力がこれほどまでにかけ離れているとは思わなかった」とショックを受けてしまいます。

これ程もまでに優秀であった費禕ですが、

ある人物からも非常に高い評価を受けていたことをご存知でしたでしょうか。

費禕に高い評価をしていた人物は孫権です。

もしかしたら彼の高い評価を聞いて孔明は、

彼を宰相にするように遺命を残したのかもしれません。

しかしよく考えると孫権と費禕には一見して接点が無いように思われますが、

実は彼らには接点があったのです。

いつごろ彼らに接点があり、

孫権が費禕をどのように評価してたのかについてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー




孫呉への使者に選ばれる

 

孔明は諸将を率いて蜀に背いた南蛮を制圧するために出陣。

彼は見事に損害をあまり出すことなく南蛮征伐を完了して帰還してきます。

孔明は費禕を招いて「私の南蛮征伐が終わったことを孫権に知らせてきてくれないか。」と命令。

費禕は孔明の命令を受けて孫呉へ向かうことになります。




孫権に酔わされ、次々と質問攻めにあう

 

孫権は費禕がやってくると諸将を招いておもてなしを行います。

彼は費禕へガツガツ酒を進ませて酔っ払うまで飲ませ続けます。

そして孫権は費禕が酔っ払ったと見ると自らの自慢の文官である

諸葛恪(しょかつかく)らへ国内の政治に関する質問などを次々と議論を吹っかけてきます。

費禕は彼らへ「酔っ払っているので、ご勘弁くださいませ」と言って退出。

その後彼は孫権や諸葛恪宛に手紙を書いて質問された内容にしっかりと答えたそうです。

この費禕の質問に対する回答を見た孫権は、

唸り声をあげて反論することができなかったそうです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

蜀へ帰る時に費禕へ○○を述べる

 

孫権は費禕が蜀へ帰還する日になると再度彼を宮殿に読んで引見。

彼は費禕に向かって「こないだの君の回答を読ませてもらった。

まさに非の打ち所のない回答であり、

君は今後蜀の国を背負って立つ人間になるに違いない。

そのため何度も我が国へ来ることができないであろうから、

これが今生の別れになるかもしれないな」と述べ、

彼に自らが佩いていた宝剣を手渡します。

 

 

すると費禕は孫権に「私は才能のない人間です。

そのためあなた様からご褒美を貰うわけにはいきません。

お心遣いに感謝致します。

今後はわが蜀と一緒に漢王朝を支えてくださる事を心から願うばかりです。

また孫権様からおもてなしされたことを生涯忘れず、

孫呉に歯向かわないようにしていきたいと思っております。」と感謝の言葉を捧げた後、

蜀へ向けて帰還することになります。

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孫権の予想通り費禕とはこの会見の後、

蜀の国内で重宝されていき孫呉に来ることはありませんでした。

孔明も費禕の能力の高さを買っており、

自らの死期を悟ると彼は「私が亡くなった後は蔣琬を国政のトップに。

そして蔣琬が亡くなった後は費禕を国政のトップにすれば大丈夫でしょう」と

遺命を残すほどの人物でした。

しかし孔明がこの遺命を残すことになったきっかけはもしかしたら、

孫権から費禕が高く評価されていたことに由来するのかもしれませんね。

蜀や孫呉においてその才能を認められていた費禕。

まさに宰相のとなるべくしてなったと言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  2. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたく…
  3. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  4. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  5. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  6. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  7. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…
  8. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー
  2. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!
  3. 馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害? ボロボロになった馬超
  4. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  5. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  6. キングダム585話ネタバレ予想vol2兵糧切れはどうなるの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介! 幕末 帝国議会 五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは? 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?

おすすめ記事

  1. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  3. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」
  4. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  5. 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ
  6. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  7. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  8. 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP