架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

この記事の所要時間: 555




はじめての三国志

 

はじさんは、そろそろ、ブログを立ちあげてから1週年を迎えます。

最近は、本編の歩みがかなり遅くなり、孫子の兵法や武将列伝や、

キングダム関連、三国時代の日常などが増えていますが、それでも本編では

劉備(りゅうび)が死を迎え、時代は北伐へと向かっています。

 

実は、この後にはじさんでは、孔明(こうめい)の南蛮征伐が数回続くのですが、

その以後に展開する北伐についてのあれこれについて、ここで分かりやすく

解説していきたいと思います。




疑問1 どうして孔明は北伐をやったのか?

天下三分の計

 

三国志ビギナーの人には、孔明の北伐について、

違和感を持つ人も多いかも知れません。

それもその筈で北伐とはイレギュラーで発生したものであり、

孔明が隆中(りゅうちゅう)の庵で劉備に天下三分の計を

披露した時には影も形も存在していないものでした。

 

それは、一体どういう事なのでしょうか?

以下で順を追って解説していきます。

 

関連記事:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

関連記事:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

関連記事:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

関連記事:衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?




北伐は荊州を失った事で登場したプランだった

関羽 激怒

 

元々の孔明の魏を打倒するプランには、益州のみならず荊州も含まれています。

魏と呉を戦わせている間に劉備が荊州と益州を握る事で、

はじめて蜀は、魏や呉と張り合うだけの足腰を養う事が出来ると考えたのです。

 

しかし、荊州を領有していた関羽(かんう)は呉と不仲になり、その隙をつかれて

呉は魏と同盟して関羽を挟撃して関羽は討ち取られてしまいます。

それと同時に、荊州は失陥してしまい、孔明の天下三分はその前提が

崩壊してしまうのです。

 

関連記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

関連記事:荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

関連記事:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

 

益州は山に囲まれた不便な土地

 

益州は手元にありますが、周辺を山に囲まれた不便な土地でした。

こうして、蜀は国力において、魏どころか呉にも及ばないという

ハンディを背負いながら、三国鼎立を戦わないといけなくなったのです。

 

その意味では、北伐は完全なイレギュラー、孔明のプランには、

最初は含まれる事がなかったノープランアクションだった事になります。

 

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

 

南蛮征伐も北伐への準備だった

孔明

 

孟獲(もうかく)を七従七禽して心服させた孔明の南蛮征伐も、

北伐を決行するにあたり動きが不安定になる南方の異民族を心服させて

魏や呉の煽動に乗らせない為になくてはならない方法でした。

 

曹丕(そうひ)孫権(そんけん)も劉備も、敵地に攻め込むに至っては、

この異民族の煽動をしていて孔明としても自領の異民族が

煽動に踊らされないように処置するのが重要だったのです。

 

これも、孔明からすれば、荊州と益州があれば、さほど気にしなくても

良かった事でしたが、プランの変更から征伐せざるを得なくなります。

 

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

孔明の北伐の意図は何?

孔明 劉備の剣とハンコ

 

孔明の北伐の意図については、本気で魏を討つつもりだったという説から、

本気ではない、ただのデモンストレーション(示威行動)という説まで幅広いです。

では、現在、唱えられている、主な3つの説をここで紹介しましょう。

北伐デモンストレーション説

諸葛孔明

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は本気で魏を落せるとは考えておらず、

北伐は「俺達をなめると痛い目をみるんだぜ~」という

デモンストレーションであったという説です。

 

事実、魏はいつまでも北伐に防戦したのではなく大将軍の曹真(そうしん)などは、

魏の司令官として攻勢に回り蜀を討伐する南征を計画していました。

ですが、大雨で蜀への桟道が壊れたので断念したりしています。

 

孔明が北伐をしないで引きこもると「蜀の国力は衰えた」と見て

さらなる南征を呼び起こす可能性も無いとは言えなかったのです。

 

また、蜀は蜀漢というようにあくまで後漢の後継者であると自認したので、

その存在意義を失わない為に、常に魏に対して攻勢に出ていないと

正統性が保てないという問題も持っていました。

 

 

北伐による魏の国力の削減説

孔明バージョン 三国志 軍師

 

魏を滅ぼすというよりも、積極的に攻めて行く事で魏の国力をすり減らし

蜀に本格的な討伐軍を送り込むのを阻止しようとしたという説です。

攻撃は最大の防御という考えから、無理をしても北伐を続けて、

蜀の命脈を伸ばし、出来れば魏における政変によって魏が倒れるような

千載一遇の好機を望んだと考えられます。

 

孔明の目論見は、そこまで的外れではなく、魏では政変が相次ぎますが、

それは皮肉にも孔明の死後、三国の緊張が緩んでからでした。

 

孔明が魏に騙された説

曹丕

 

魏は、蜀が守りを固めて引きこもる事を警戒して、あえて隙を見せて

孔明をおびき出し、北伐を起させたという説です。

この説に立つと、孔明は魏に完全に手玉に取られ、五回に渡って

北伐を繰り返した揚句に、蜀の国力をガタガタにして、自身は疲労して

寿命を縮めたという、馬鹿な司令官という事になります。

もし、これが真実なら蜀の人々はいい迷惑という事になりますね。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

北伐が産み出した意外なインパクト

 

孔明の北伐は軍事的には失敗でしたが、政治的には魏に変化を与えます。

北伐の開始と同時期に皇帝に即位した曹叡(そうえい)は孔明に対して大きな脅威を抱き、

第一次北伐では、わざわざ洛陽から長安まで親征して魏兵の士気を鼓舞しました。

ところが、孔明の死後、北伐が停止されると人が違ったように贅沢に耽り

大土木工事を繰り返すなどして、魏の国力を消耗させます。

 

 

これは、孔明が存在した事で張り詰めていた精神の糸がぷっつり切れてしまい

元々存在した曹叡の贅沢心に歯止めがかからなくなったからかも知れません。

もっとも、孔明と同じ頃、235年には曹叡の養母の扱いだった、

曹丕の正妃、文徳皇后郭氏が死去しています。

 

郭皇太后は倹約家で、贅沢を戒めていた上に曹叡は彼女に服していました。

養母の死で曹叡の本来の性質にブレーキが掛らなくなった可能性もあります。

ですが、北伐が消えて、しばらく蜀に警戒して軍事費を掛けなくて

済むようになった事も、曹叡の目を贅沢に向けた一因にはありそうです。

 

蜀漢正統論を産み出す切っ掛けになった

 

もし、孔明の北伐がなかったなら、蜀漢は魏の圧迫を逃れて秦嶺山脈の合間で

ようやく息をしているだけの地方政権として、歴史書に特筆される事は無かったでしょう。

しかし、まがりなりにも、劉氏の血を引く劉備の子孫を立てて、後漢の回復を

スローガンにした孔明の北伐は、後世に大きな影響を与えます。

 

例えば、東晋は、中原を異民族に奪われて江南に逃れたものの、

著しく弱体化していて、桓温(かんおん)・桓玄(かんげん)父子や

劉裕(りゅうゆう)によって王位を狙われる事になります。

そこで、彼等、纂奪者は、魏を受け継いで晋が建国したという禅譲を否定する為に、

蜀漢こそが正統な王朝で、晋は蜀漢を滅ぼした時に建国したという主張をします。

 

これが、蜀漢正統論の起こりで、習鑿歯(しゅうさくし)の「漢晋春秋」や

袁宏(えんこう)の「後漢紀」は、蜀漢正統論の立場に立って執筆される事になりました。

さらに、東晋の滅亡後に、南朝に立った漢民族の王朝は、自分達の立場を、

曹魏に追われて巴蜀に逃れた蜀の立場に重ねる心情が産まれます。

この蜀ひいきの感情は、12世紀に満州族により中原を追われて江南で建国した、

南宋王朝に産まれた朱熹(しゅき)と彼が起こした朱子学によりさらに強化されます。

 

こうして、軍事的には惨敗した孔明の北伐はイデオロギーとして生き残り、

勝者である曹操を歴史書の隅に追いやり、とうとう正統な王朝の地位を得たのです。

これも、孔明が蜀漢の正統性を主張し、北伐により中原を回復しようとした

具体的なアクションが評価された結果であると言えるでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがでしょうか?孔明の北伐には、1デモンストレーション、2魏の国力の低下、

3魏の陰謀に騙されたと大体、3つの理由が考えられます。

 

 

そんならお前はどう思うんだ?という読者の方の質問にお答えすると、

kawausoは②の攻撃的防御の説を採用します。

 

というより、五度に渡る北伐の1回目は、本気で魏を陥落させようと意図したもの

それ以後は、魏の警戒が厳重になった事で攻撃的防御の側面が強くなったのでは?

そのような印象を受けるのです。

 

孔明は冒険的な戦略を好まないので、一か八かの攻撃より、

魏の政変を掴んで呉と同盟して、魏を滅ぼそうと考えていたので、

ついにその機会を得られず亡くなったのではないか?と思います。

 

しかし、軍事的に敗れた孔明が拘った蜀漢こそ正統というイデオロギーは、

後の時代になって採用され、ついには曹魏を正統から引きずりおろしました。

かなりのタイムラグが出ましたが、長い目で見ると、孔明の北伐は、

政治的には大成功という事も出来るかも知れません。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  2. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  3. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  4. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  5. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  6. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりた…
  7. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できた…
  8. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  2. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  3. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  4. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  6. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説 ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった

おすすめ記事

  1. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  2. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  3. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】
  5. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  6. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!
  7. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  8. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP