よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった

この記事の所要時間: 410




 

寿春(じゅしゅん)で反乱を起こした毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)

司馬師(しばし)は反乱軍を鎮圧するため、

軍略の才能に秀でた王基(おうき)に先陣を任せることにします。

 

 

王基は反乱軍鎮圧のための先陣を任されると敵軍の重要拠点として、

認識さされていた兵糧の貯蔵がされている地へ進軍を開始。

司馬師王基の進軍が早すぎていることを危惧して、

進軍を遅らせるように命令を出します。

しかし王基は彼の命令に従っては戦機を逸すると考え、

命令を無視して進んでいくことにします。

 

 

司馬師は自分の命令が受け入れられなくてイラッとしましたが、

激怒することなく再度王基へ進軍の停止を命令。

王基は再度司馬師から命令が届くも無視して進軍を続行していくことになります。

だが王基が独断で先行した事によって敵軍は食糧が貯蔵してある地点を制圧することができずに

撤退していくことになります。

さらに文欽と文鴦(ぶんおう)の奇襲部隊の撃退が決め手となって毌丘倹軍は自壊し、

毌丘倹も討ち取られてしまいます。

こうして寿春で起きた反乱は鎮圧されることになるのですが、

鎮圧の火種が完全に消されたわけではありませんでした。

司馬師が亡くなると弟の司馬昭(しばしょう)が跡をついで、

司馬家の当主として君臨。

そして彼の時代になるとある人物が寿春で反乱を起こすのでした。

その人物の名は諸葛誕(しょかつたん)でした。

王基は諸葛誕の反乱鎮圧戦に参加することになるのですが、

この時も彼はやらかしてしまうのです。

それは総大将として全軍を指揮していた司馬昭に噛み付いてしまったことです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター




諸葛誕反乱討伐戦に従軍すも…

 

王基は諸葛誕が反乱を起こして挙兵すると反乱軍鎮圧作戦に従軍することになります。

彼は軍勢を率いて出陣することになるのですが、

項(こう)と言われる場所に諸葛誕軍の精鋭部隊が篭城しており、

敵軍の進撃を阻んでおりました。




他拠点の攻撃命令が伝えられるが…

 

王基は敵の精鋭部隊が篭城している項に攻撃を仕掛けるチャンスをうかがっておりました。

しかし敵が攻撃するチャンスを見せることなく数日が過ぎていってしまいます。

そんな中王基の元へ皇帝からの命令が届いてきます。

その内容は「呉の軍勢が諸葛誕の援軍としてやってきている。

君はすぐに軍勢を率いて呉軍を迎撃することのできる拠点へ攻撃をしかけて、

奪取するように」との命令でした。

王基は部下を呼んで「今。わが軍は項にいる諸葛誕の精鋭部隊を撃破するために

包囲作戦を展開していることは知っていると思う。

包囲作戦を展開している理由はたった一つだ。

それは項の諸葛誕の軍勢の隙をうかがって攻撃するチャンスをつかむためである。

にもかかわらず軍を移動させてた拠点を奪取することに注力するのであれば、

どんな軍略の天才でもこの項の地を落とすことができなくなってしまうであろう。」と述べます。

そして彼は皇帝からの命令を無視して、包囲作戦の展開を継続する決断を下すとともに、

皇帝へ現状を維持するための理由を伝えるのでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

王基が包囲作戦を展開し続けた理由とは…

 

王基は皇帝へ包囲作戦を展開し続ける理由をこのように述べておりました。

彼は「今、わが軍は敵の精鋭が篭城している項に包囲作戦を展開していますが、

この作戦は継続するべきだと思います。

その理由は今包囲をやめて他方面に軍勢を移動させてしまえば、

兵士達に大きな油断が生まれてしまうことになり、

戦術上非常に損してしまうことになります。

このまま包囲作戦を展開し続けていれば、

高い壁・深い堀に守られていることから兵士達も動揺することなく、

今までどおりの戦いを行うことができるでしょう。」と反対意見を述べます。

この王基の意見を聞いた司馬昭は「やれやれ」と言いながら王基の作戦を支持。

彼に項の包囲作戦を継続するように連絡を行います。

王基が作戦を展開し続けたことによって、

項に篭城していた諸葛誕軍は撤退することになり魏軍は寿春城を包囲することになるのです。

 

関連記事:【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

 

寿春包囲の指揮を執る司馬昭

 

司馬昭は寿春に敵軍を追い詰めることに成功すると各軍勢を率いる将軍達へ

寿春城包囲の配属を割り振っていきます。

王基はこのとき城の東と南を受け持つことになります。

司馬昭は王基の陣営をおとすれる使者たちへ

「君達がもし王基の陣営を訪れる際、自由に行動することをしてはいけない。

しっかりと王基将軍の言うことを聞いて行動するように」と訓示を与えておりました。

司馬昭は王基の軍勢が規律正しくしていることから使者達が好き放題行動することによって、

王基に損害を与えることになるかもしれないと考え、行動制限を命じたのでした。

 

王基の奮戦

 

寿春の城に篭城していた諸葛誕の軍勢は包囲の陣を破壊しようと

幾度も城外に布陣している魏の軍勢に攻撃を仕掛けます。

王基が担当していた部署にも敵軍が幾度となく押し寄せてくることになります。

しかし王基はしっかりと担当部署を守備し敵軍の攻撃を撃退しておりました。

この王基ら諸将の活躍によって寿春城は陥落し援軍として寿春城に篭城していた呉軍は降伏。

諸葛誕は逃亡しようとしていたところを討ち取られることになります。

こうして寿春城が陥落したことによって反乱は鎮圧されることになるのです。

 

司馬昭から褒められる

 

寿春が陥落し、

反乱軍の総大将・諸葛誕が討ち死にしたことを知ると司馬昭は王基へ手紙を送るのでした。

司馬昭は王基へ「私は現場に到着するまでは側近達の言うことが正しいと思っていた。

しかし現場に到着してみると君の言っていることが正しい事に気づかされることになった。

君は幾度も私の命令に背いていたが、結局敵を討伐することに成功しており、

古の人物達にも君のような人材を見つけることはできないであろう。

此度は本当によくやってくれた」と彼を褒める手紙を送っておりました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

司馬師・司馬昭兄弟に噛み付いていた王基。

彼ら兄弟に噛み付いていたのは彼らが気に食わなくて噛み付いていたのではなく、戦

術上彼らの判断が誤りであり、

そのままにしておけば魏軍においてとんでもない大損害をまねきかねない可能性があったため、

命令に逆らってまで噛み付いたのでした。

もし彼らに逆らって敗北してしまえば、司馬師・司馬昭に殺されていたかもしれません。

だが王基は自分の戦略眼に自信を持っており、絶対に失敗しない自信があったからこそ、

二人に噛み付いたのでしょう。

また自分の損得を考えずに国家のことを真剣に思っている人物といってよく、

司馬家の兄弟にとって忠臣といえる存在であったのではないのでしょうか。

そして司馬師や司馬昭も名君と言っていいでしょう。

今も昔も普通部下に逆らわれたりしたら、

上司は激怒して二度とその人物を使うことはないでしょう。

しかし二人は王基に激怒するそぶりすら見せることなく、

かえって褒めて褒美を与えて彼のやる気を削ぐようなことを一切しておりません。

王基もまた部下の心をつかむことのうまい人物でした。

彼は諸葛誕の反乱で功績をあげてもらったご褒美は侯の爵位でした。

しかし王基は「爵位は自分に与えるのをやめて欲しい。

私に与えるよりも私とともに戦ってくれた部下達に与えていただきたい」と

ここでも司馬昭へ噛み付いています。

司馬昭は彼の意見をとり言れて、

諸葛誕討伐戦で王基の元で活躍した武将達に侯の位を与えるのでした。

王基も部下の扱い方をしっかりと心得ている優秀な人材と言っていいのではないのでしょうか。

部下達からすれば、

王基・司馬昭のふたりは優秀で部下を大切にする上司と言っていいのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

関連記事:【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  2. ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?
  3. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  4. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  5. 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(…
  6. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  7. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  8. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介
  2. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書
  3. 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか
  4. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  5. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  6. 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの? 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

おすすめ記事

  1. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  2. 勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟?
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  4. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  5. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  6. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  7. 【アニメで分かる三国志】劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」を見れば「仁」と「義」の言葉の意味が良く分かるってホント??
  8. 記録が乏しい孫堅の妻たち

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP