三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)




 

辛毗(しんぴ)

袁紹(えんしょう)袁譚(えんたん)に仕えた後曹操の幕僚に参加。

曹操が亡くなった後も魏の初代皇帝である曹丕(そうひ)

二代目皇帝・曹叡(そうえい)に仕えて魏の重臣として活躍することになります。

 

 

さてそんな彼には一人の娘がおりました。

その人の名前を辛憲英(しんけんえい)と言います。

彼女は非常に優秀な女性として知られている人物ですが、

一体どれくらい優秀な人物のなのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




司馬仲達のクーデターが勃発

 

司馬仲達(しばちゅうたつ)は政敵である曹爽(そうそう)を殺害するため、

クーデターを起こします。

彼は曹爽が外出して居なくなった隙に洛陽(らくよう)の城門をすべて閉じて、

曹爽が帰還しても洛陽に帰還できないようにしてしまいます。

この時洛陽城内では曹爽の側近である魯芝(ろし)という人物が、

曹爽指揮下の兵士を引き連れて洛陽の城門を攻撃して、

城外へ逃亡する事件が発生。

この時魯芝は辛毗の息子である辛敞(しんしょう)を誘って城外に出て曹爽の元へ行こうと

誘ってきます。

辛敞は曹爽の元へ向かえば危険なことになりかねないと考えて、

自分の妹である憲英に相談することにします。




憲英の意見その1「曹爽ごときじゃ司馬仲達に勝つことはできないでしょう」

 

辛敞は姉である辛憲英に魯芝と一緒に行動して曹爽の元へ行ったほうがいいかを

尋ねます。

すると彼女は「私が考えるに司馬仲達は致し方なくクーデターを起こしたのです。

曹叡(そうえい)様は亡くなる間際司馬仲達を呼んで遺命を残し、

曹爽も一緒にその場にいて曹叡様から「司馬仲達と共同で遺命を果たせ」と

言われていたそうです。

しかし曹爽は権力を独り占めして調子乗り、王室に対して不忠を行っており、

彼は司馬仲達に殺害されるのは間違えないでしょう。」と答えます。

辛敞は一応姉に「曹爽は勝算はありますか。」と尋ねます。

すると彼女は「馬鹿ね。曹爽ごときでは司馬仲達の相手にならないでしょう。

必ず負けます。」と述べます。

辛敞は「では魯芝に従って城外に出るのはやめておきます。」と

言って彼女の元を去ろうとします。

すると彼女は弟を呼びつけて「話はまだ終わっていません」と述べて、

再度席に着くように促します。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

憲英の意見その2「魯芝のお供をして死んできなさい」

 

憲英は辛敞を席に付かせると再び口を開きます。

彼女は弟に「どうして魯芝に従って城を出ないのですか。

あなたは曹爽の家来として仕えることになったのです。

彼の家来となったのに彼が危機に陥ったことを理由にして、

仕事を放棄していい道理はありません。

また魯芝はあなたと親しく付き合っていたからこそ声をかけてきたのでしょう。

ならばあなたはその期待に応えて一緒に城外に出て曹爽と一緒に行動をするしかありません。」

と先ほどの助言とは違うことを言い放ちます。

辛敞は姉が賢いことを知っていたので、

彼女の言葉に従って魯芝と一緒に曹爽の元へ馳せ参じることにします。

この結果、司馬仲達は曹爽のみを処断して彼が被害を被ることはなく、

司馬家が魏王朝の政権の中心となっても仕えることができたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

辛敞は後年曹爽のクーデター事件を思い出して人に語る時、

「私がもし独断で行動していたら身を滅ぼしていたかもしれない。

しかし私は独断で行動することなく姉の憲英に相談していたからこそ、

今の地位を獲得することができ、

人の道義に外れることなくこの年齢まで生きることができたのだ。」と漏らしていたそうです。

彼女がどれだけ優秀な人物であったかお分かりいただけたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

関連記事:「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  2. 織田信長 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は…
  3. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  5. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  6. 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  7. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  8. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽

おすすめ記事

  1. 袁紹が得意とした坑道戦とは?
  2. 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  3. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!
  4. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  5. 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命 茶を飲む張角(太平道)
  6. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄

三國志雑学

  1. 曹操軍
  2. 親バカな諸葛孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹彰
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  3. 阿部正弘
  4. 「斉」の旗を持った兵士

おすすめ記事

衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR) 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの? 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何? 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3)

おすすめ記事

  1. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 周瑜と孫策
  2. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  4. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  5. 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?
  6. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  7. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 豊臣秀吉 戦国時代
  8. 明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった? 燃える本能寺

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP