キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説

この記事の所要時間: 241




 

三国で最も地味な国、呉、しかし、そんな呉にも誇れるモノがありました

それは、孫権(そんけん)のどうしようもない酒癖、、ではなく、

長江を含め、多くの河を持つ国柄で大発展してきた造船技術でした。

今回は、呉が誇る巨大戦艦、長安について解説しますよヒュー―!!

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




当時の世界最大の巨艦 3000名が乗船できる長安

 

 

篠田耕一著、三国志軍事ガイドには、

当時の呉が三国随一の水軍を持つ国である事が書かれていますが、

その中には「巨艦」というカテゴリーがあり、孫権が実際に保有していた

巨大戦艦、「長安」と「飛雲」の事が記述されています。

 

 

それによると、長安は楼船(ろうせん)と呼ばれる大きなサイズの軍艦を、

二隻繋げた船で、搭載人数3000名という巨大戦艦でした。

 

 

どうして、呉の帝都は建業なのに、船の名前は長安なのでしょう。

或いは、孫権の、いつか長安を落として天下を統一するという

願望が込められた船なのかも知れませんね。




巨艦長安の攻撃力は どの程度だったのか?

 

巨大戦艦と聞くと、気になるのは攻撃力ですが、長安はどの程度だったのでしょうか?

それは残念ながら皆無に近いようです、というのも長安は甲板に基壇を積み上げ

版築で土を固めて造った城壁を持つ水上の城で、上に伸びているだけ重心に

安定性がなく同時に大変な重量があるので動きも鈍い船でした。

 

リアルに考えると戦艦というよりは、巨大な兵員輸送船と考えた方がよく、

一軍が丸々移動できるプラットフォームだと考えた方が良さそうです。

攻撃さえ、受けなければ、一度に3000もの兵力を揚陸できるわけで

使い方次第では、大きな戦力になるでしょう。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

呉ばかりではなく、蜀にも大艦隊があった!

 

呉から見ると、かすみがちですが、実は蜀漢にも呉に次ぐ艦隊がありました。

私達は、蜀というと、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の北伐を連想してしまいますが、

実際には、荊州から、河を遡って成都に至る方法もあったのです。

 

劉備(りゅうび)の入蜀も、陸路ではなく河を遡上して向かっていて、

蜀への出入りが必ずしも陸路では無かった事が分かると思います。

そのような事もあり、蜀は、呉からの侵攻を警戒して艦隊を整備していたのです。

しかし、その蜀の艦隊は、劉備が起こした夷陵の戦いで敗戦した時に、

呉の襲撃により焼き払われてしまいました。

 

その後、諸葛亮は、呉を刺激しないように大艦隊の建造を凍結し、

同時に、魏に対抗する手段として、陸軍力を増強したので蜀政権では、

再び、艦隊が整備される事はありませんでした。

 

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!

 

呉を滅ぼした王濬の艦隊は蜀で建造された

 

蜀漢政権では、拡充されなかった蜀の水軍ですが、

その造船技術が衰える事はありませんでした。

実際に、西暦263年に蜀を降伏させた鄧艾(とうがい)

蜀で呉を討伐する為の軍艦を勝手に建造していましたし、

呉を滅ぼした王濬(おうしゅん)は、その船団を蜀で建造していました。

つまり、呉の水軍は、蜀の造船技術がなければ滅ぼす事は出来なかったのです。

もしかすると、滅ぼす順番が蜀→呉になったのも、陸軍国である魏が、

造船技術を得る為だったのかも知れません。

 

実際に王濬が乗っていた船は全長が170メートルもあり、

当時、王濬の船を見た人々は、

 

「全長が120歩あり、2000人以上が乗船し、

まさに木で造られた城のようである櫓が立ち、四つの城門がついており、

甲板では、馬を走らせる事ができる」

などと、記録されていて、船の大きさを物語っています。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

今回は、なかなか語られる事のない、三国志の時代の巨大戦艦について書いてみました。

呉については、外洋にも出る事が出来る船もあり、当時の世界では、

最高水準の造船技術を持っていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  2. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  3. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  4. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  6. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  7. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置した…
  8. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  2. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]
  3. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  4. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  5. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  6. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!? はじめての三国志Kindle Unlimited読み放題サービスを紹介するよ! 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 本能寺の変と想定外の山崎の戦い【明智光秀の誤算】 曹丕はなんで国号を魏にしたの?実は他の国号になる可能性もあった!? 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

おすすめ記事

  1. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  2. 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家
  3. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)
  4. 第6話:袁術くん「自己効力感」の高め方を学ぶ
  5. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?
  6. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  7. キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説
  8. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP