【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

孔明 出師

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)と言えば、消極的ととられがちな程に用兵には慎重な人です。

孔明は、もう少し頑張れそうでも不安があれば兵を引いて被害を抑える事に心を砕きました。

そればかりではなく、孔明は鎧なども工夫を施して、より防御力の高い鎧を発明したと伝承では伝えられています。

孔明が発明した、より防御力の高い鎧とはどういうものだったのでしょうか?

 

 [adsense]

孔明指令 命を大切に!を実践した鎧とは?

孔明 墨者

 

孔明が当時の上流階級の人間としては珍しく技術者を尊重したというのは、

実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由)という記事でも書きました。

そんな孔明は圧倒的に数で優勢な魏に対抗しようと槍の前身となる点鋼矛(てんごうぼう)という武器や、

古代のマシンガンである矢の自動発射装置、元戎(げんじゅう)などを発明しますが、武器ばかりではなく、鎧にも考慮を払っています。

それが筩袖鎧(とうしゅうがい)という上半身を覆う鎧です。

 

関連記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

 

 [adsense]

弱点である脇の下を覆った筩袖鎧

筩袖鎧 引用

 

筩袖鎧は、鉄の札を繋ぎ合せた鎧ですが従来の鉄鎧は肩当ての部分と

胴の鎧が分離していて、脇の下がガラ空きになっていました。

これだと、矛や戟を振り上げた瞬間に脇下が空き、そこを刺されてしまいます。

脇下は皮膚が薄く、心臓に近いので、ここを刺されると即死する可能性があります。

 

そこで、孔明が兵士の命を守るべく開発したのが筩袖鎧だと言われています。

 

(イラスト出典元:中国铠甲道具制造商)

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

 

筩袖鎧が従来の鎧とは何が違うの?

筩袖鎧

筩袖鎧が従来の鎧とどう違うのかと言うと、これは、袖の部分までが、

鉄の札で覆われていて、胴鎧と肩当てが一体化しているのです。

 

これにより筩袖鎧を装備するものは、急所である脇下まで完全に鎧で覆われて

死亡率を下げる事が出来ます。

また、この筩袖鎧は、鉄兜と一緒になっていたようです。

 

(イラスト出典元:http://lancelot.servehttp.com/

 

技術者孔明の意図

孔明 出師

 

強力な武器を造り上げた孔明は、やがて、この武器を模倣して、敵も武器を

強化するのを見越して、防御力を強化する為に筩袖鎧を発明したのかも知れません。

袖の部分までを鉄の札で覆うのは簡単そうですが、当時の技術では難しい部分があり

それを改良して、欠点を克服した孔明は、やはり軍事技術というものに、

並々ならぬ関心を持っていたと言えるでしょう。

 

ただ、筩袖鎧は製造に手間がかかる為に値段が高く、一般の兵士までに

行き渡るという所まではいかなかったようです。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

 

 [adsense]

ページ:

1

2

関連記事

  1. 蜀の姜維
  2. 成廉、魏越、呂布
  3. 劉備と公孫瓚
  4. 李典
  5. 北条氏康

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP