諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

2016年4月13日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明

 

三国志演義の中では、万能の天才軍師、正史三国志では小国蜀を率いて、苦悩する政治家としての側面が強い、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)。しかし、そんな孔明には、家庭人としての一面もありました。特に、彼の息子、諸葛瞻(しょかつ・せん)への思いは人一倍のものがあったようです。今回は、物語では、触れられない、父、諸葛亮孔明の姿を追います。

 

孔明の嫁、黄夫人を娶ったのは、不細工好きだからではない

黄月英

 

孔明の妻は、色黒い醜女と評判だった黄承彦(こうしょうげん)の娘、黄月英です。世間では、「孔明の嫁取りは見習うな」と囃されたそうですが、決して孔明が不細工好み、岩鬼そこのけの悪球打ちだったわけではありません。

 

実は、黄承彦は荊州では名士で、黄承彦の妻は荊州の名族、蔡帽(さいぼう)の姉でした。それは、黄家が、蔡家を通じて荊州牧の劉表(りゅうひょう)に繋がっていたという事です。

 

諸葛瑾

 

孔明は、元々は琅邪郡(ろうやぐん)陽都(ようと)の人で、荊州には戦乱を避けて逃れてきた、よそものに過ぎません。人材登用が、ほぼコネであった当時、地元の名士と血縁関係を結ぶというのは、将来の出世の為に絶対必要な事でした。つまり、黄承彦は、孔明の将来を見込んだ青田買いで、娘を嫁にやり、受けた孔明には、荊州の名士として出世したいという打算があったのです。

 

仲が睦まじい、孔明夫妻だが、子供に恵まれない・・

孔明 出師

 

しかし、政略結婚とは言え、孔明と黄夫人の仲は睦まじいものだったようです。ほどなく、子供が授かるかと思われましたが、どういうわけか、二人は結婚しても長らく、子供に恵まれませんでした。

 

そこには、孔明が劉備の軍師として忙しい毎日を送っていた、という理由もあるのかも知れません。或いは、当時としては当たり前の妾(めかけ)を孔明が持っていないので、黄夫人が懐妊しない限り、子供は生まれないという状態だったという事かもしれないです。

 

関連記事:黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介

関連記事:孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

 

弟に子がない事を心配した兄の諸葛瑾(しょかつ・きん)が養子を与える

諸葛瑾2

 

その事を心配した、兄の諸葛瑾(しょかつきん)は、孔明の家が絶えるのを惜しんで、次男の諸葛喬(しょかつ・きょう)を養子として送ります。諸葛喬は、西暦204年の生まれですから、10歳程度で養子に出されたという事かも知れません。

 

諸葛喬

 

諸葛喬は若い頃は、霍弋(かくよく)と共に各地を旅行して見聞を広めたとされていますから、恐らく10代で蜀に至ったのでしょう。彼は、兄の諸葛恪に才能は及ばないものの、人格では父譲りだった、という記録がありますから、清廉で謙虚という、孔明好みの人物と言えます。子供のいない孔明は、この甥っ子に強い期待を掛けました。

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

 

西暦227年、諦めていた子供を授かる孔明

孔明

 

ところが、丞相の仕事に邁進していた孔明に吉報がもたらされます。諦めていた男子が誕生したのです、孔明は48歳になっていました。それが、一子の諸葛瞻(しょかつ・せん)ですが、生母が黄夫人かどうかは分かりません。年齢的に、黄夫人が出産したというには難しい年齢だからです。

 

孔明の息子たち

 

もしかしたら、家が絶える事を心配した同僚か親族が、妾を持つ事を勧めて、それに孔明が応じたという事かも知れません。折しも、その年は、孔明が北伐を決行する年でもありました。守るべき、新しい生命の誕生を見て、孔明の中には、「我が子が成長するまでに、魏との戦いに何らかの目鼻をつけねばならない」という気持ちが産まれたかも知れません。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-, , , , ,