【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ろひもとのゲーム中継第8弾は「真・三国無双OnlineZ」ということで、

無双系のゲームに初挑戦しております。

1時間40分が経過しましてようやく操作に慣れてきたところです。

(とはいっても方向と通常攻撃くらいですが)

アクションゲームで、どんどん敵をなぎ倒していくのはストレス発散になりますね笑

果たして超初心者が5時間でどこまで上達するのでしょうか!?

 

前回記事:【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか

前回記事:【真・三國無双 Online Z 攻略2】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!


特務:幻の酒をひたすら探す!

 

初期段階ということで、三国志キャラはまったく登場していません。

びっくりするぐらい出てこないですね。

せめて袁術配下の雷薄とか、

陶謙配下の張闓ぐらい顔を出してもいいのでは?と思うのですが、まったくです。

 

新兵だから仕方ないですね。仕官するときに鄧艾将軍に会えただけで満足すべきでしょうか。

戦ったらきっと鄧艾将軍は鬼のように強いんでしょうね。

 

三国志キャラに遭遇するためにも、私ももっと強くならねばなりませんね。

 

だったらリベンジするしかない!!前回失敗した特務に再チャレンジだ!!

 

酒屋で依頼されたはいいけど時間内に探すことのできなかった

「幻の酒」を見つけましょう。

前回は敵の拠点2箇所を潰し、

幻の酒を所有している賊の頭領の居場所が判明したところでタイムオーバーになってしまいました。

 

 

そこまでの流れは把握しているので、次はもっと早く頭領の捜索ができるはずです。

ポイントは余計な敵兵を相手にしないことですね。

喜んで戦っていると、それで時間切れになってしまいます。

 

 

とはいえ、ある程度なぎ倒していかないと囲まれてしまいます。

ドロップアイテムもゲットできないですしね。

そのバランスが重要のようです。

 

しかし、15分間という時間制限の中で、

画面を改めて見てみると、半分の時間が経過して287人も敵兵を倒していますね。効率悪いなー!

 

拠点を占拠するためには、その場所にある4つの高楼を破壊しなければならないのですが、

これが意外に時間がかかる。

武器の威力が弱いこともあるのでしょうが、耐久度がなかなか減らない。

2箇所の拠点を占拠すると、やっぱり残り時間はわずかです。

 

 

占拠していたら、もう残り4分ぐらいですからね。

しかも判明した頭領の位置はその反対側。

辿り着くのにも時間が必要です。で、倒さないといけませんからね。

ギリギリの戦いですね。

 

ただ、どの辺りに頭領がいるのかは、前回でわかっていますから、一直線に向かいます。

うーん、敵兵422人も倒している。相手にし過ぎかなー。

で、残り時間は、3分30秒。

 

 

前回発見できなかった頭領は発見できるのか!?倒すぞー!!


敵の頭領をついに発見!

 

画面右上のマップを確認しながら、頭領の居場所に近づきます。

敵兵はわんさかいますが、この中に、頭領がいるはずです。

頭領ですから見た目が違うはず。服装とか、装備している武器とか。

倒しながら、それらしき人物を探します。時間がヤバイ。

 

 

いましたー、頭領のコメントも登場。

敵兵の中に「頭領」という名前のついた人物がいます。

逃さずに倒して「幻の酒」を取り返さないと。

敵兵は500以上倒し、残りは1分40秒。

 

間に合うのかー!?

 

 

待望の頭領とほぼ一騎打ち状態。

やはり他の兵卒と比べると強そうな雰囲気です。

私の必殺技「Jの連打」(単なる通常攻撃)が炸裂します。

 

やれる!あと1分27秒だけど、この手ごたえならやれる!

 

移動に関してはすでにキーボードを確認しなくても思った方向に進めるようになっています。

私の「Jの連打」で吹っ飛んでいった頭領を見失わないように注意しながら戦い続けます。

さすがは頭領、何発かくらわせたぐらいでは倒れません。

 

 

残り1分12秒で、やっと頭領を撃破しました。これで幻の酒ゲットです。

 

と、思ったら、何だこの頭領のコメントは?

「近くにある物ほど見えない・・・?」

 

他の場所に幻の酒を隠したってこと?それを先に言ってくれ!

しかも、隠し場所は、なんと味方の拠点じゃないですか。近いといえば近いか・・・。

 

 

1分ある。急げば間に合うかも!?

 

隠し場所にギリギリ辿り着いたら、そこには「運び屋」がいて、

幻の酒を盗んでいってしまうのです。

 

追っかけて攻撃するも、周囲から敵兵がどんどん集まってくるし、運び屋はその隙に逃げるし。

 

 

時間はなくなるし。・・・貴重な15分かけてまたも特務に失敗。


三度目の正直

 

なんということでしょう。「赤壁の戦い」でもなく、

「官渡の戦い」でもなく、「五丈原の戦い」でもなく、

「単なる賊徒の頭領を倒して盗品を取り戻す」という任務で私は二度も失敗してしまったのです。

 

5時間しかプレイできないという制限がかかる中、

幻の酒を探すのにすでに30分もの時間を費やし、それでも見つけられず。

悔しい思いをしています。でも、もう少しでいけたんです。

もっと兵卒を相手にしている時間を省略すれば運び屋を捕まえることができます。

 

 

改めて愛用の武器を確認。

もうちょっと強くならないのかな?武器の威力を上げられたら攻略にかかる時間も短くなるのですが、

市場を彷徨って鍛冶屋に確認してみても強化できないんですよね。

耐久度を回復するぐらいなものです。

 

いつの間にか日が暮れて夜になってしまいました。

(この朝とか夜の設定に意味があるのでしょうか?朝だけやっている特務とかあるのかな)

 

 

三度目になりますが、しつこく「幻の酒」の特務に挑戦。

次こそ成功させる!

 

一気に敵の拠点を占拠し、敵の頭領を見つけ倒し、

そして味方の拠点に隠してある幻の酒を盗み出した運び屋を追って、倒します。

見事に「幻の酒」を手に入れました!!

 

さすがに三度目になると手際がいいですね。

充分に時間を残してクリアすることができました。

敵兵は371人しか倒していないですね。

時間は4分13秒残りました。

 

 

酒屋の主人にようやく特務の成功を報告。

喜んでくれたものの、だからといって何か強力な武器を得られたわけでもなく、

Lvアップしている感じもないです。

結構苦労した割に見返しが少ないような気が・・・。

難易度Eの特務だったらこんなものなのでしょうか。

 

苦戦していた特務を果たした充実感と、これでいいのか?という不安感が募ります。


  

 

特務の鬼になる!!

 

こうなったら時間が許す限り特務受けまくりですよ。

次は誰だ?話す人、話す人、困った出来事を抱えているようです。

 

まずは「練成世話役」からの依頼、

「賊徒の群れの中にいる弟子を探し出して、連れ戻す」。

 

やってみましょう!!どんとこい!!

 

 

なんだ、この「兵糧武将」の強さは!?まったくダメージを与えられない。

しかも「羊沈」という名前がついている。

これは今までにない特殊キャラですね。

Kのチャージ攻撃も使いこなせるようになってきましたが、敵はタフです。

 

私の体力もどんどん削られていきます。

これは手強い、難易度がDになると急にたいへんになるのか。

 

 

このボス敵を時間内に倒すことができず、あえなく特務失敗。

攻撃力あるし、防御も使ってきますからね。

強敵出現です。今の実力では無理のようですね。

 

失意のどん底状態の私に、今度は「行商」からの特務依頼がありました。

「山賊になった息子を救い出してほしい」というもの。

こちらの難易度はEですね。

 

よし!やる気を取り戻し、チャレンジスタート。

息子さんを取り戻そう!

 

 

達成条件が「行商の息子・阿直以外の山賊をすべて撃破せよ」となっています。

 

これを全部倒すの??出だしから結構な数の敵兵がいますねー。

しかも動きの速い好戦的な強い兵卒も混じっています。

なぜか青いオーラをまとっている敵がいるのです。

 

とにかくまずは敵の拠点を一つ一つ占拠していきます。

すると阿直もいそうな場所に辿り着けました。

勢いに任せてガンガン敵を削っていきます。

 

すると、突如、特務失敗の報告が・・・。え?なんで?

 

 

なんと敵兵に紛れていた阿直も倒してしまっていたのです。

そうか、阿直以外の山賊を撃破というのは、

阿直だけは撃破するなよっていうことだったんですね。

 

失敗しましたー。私の体力も残りがギリギリ、時間も残り5分きっていて焦ってしまいました。

 

あー、もう失敗ばっかり。真・三国無双、なかなか難しいなー。

 

3時間10分経過

 

これでトータル【3時間10分】経過となってしまいました。【残り1時間50分】です。

 

操作は上手くなっていますが、強くなっている実感がない。

装備が変わるわけでも、身分が上がるわけでもない。

ただひたすら「衛士」として、

街の人たちのトラブルを解決しているだけの状態です(しかも、それすらできていない)。

 

もっと三国志を感じたい!

 

なんとかあと1時間50分の中で、三国志っぽいことをしたい。

三国志の武将と戦いたい。様々な思いを胸に、

最終の次回には、私も納得できる姿を皆さんにお見せしたいですね。

 

次回をお楽しみに!


 

関連記事

  1. 民の心を掴む卑弥呼
  2. 張飛のヨメ
  3. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  4. 撃剣を使う曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP