曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった!?

この記事の所要時間: 217




 

後漢王朝のエジソンと言われる張衡(ちょうこう)

そして興行収入10億と言われ、

関ヶ原の原作者・司馬遼太郎の小説:坂の上の雲の主人公である秋山真之(あきやまさねゆき)。

二人の生きた時間には1700年以上の差があるのですが、

深い関係があったのをご存知でしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ




そもそも張衡(ちょうこう)っていったい誰なの

(画像:張衡 wikipedia)

 

張衡と秋山真之の深い関係をご紹介する前にまずは、

二人がどのような人物であるのか、さくっとご紹介していきたいと思います。

まずは張衡からです。

張衡は後漢王朝時代の発明家であり、

古代中国のエジソンと言っても過言ではないほど次々と色々な物を発明。

張衡が発明した物には、天球を型どった渾天儀(こんてんぎ)や現在で言うところの

地震を計測する地動儀(ちどうぎ)なるものを作り出します。

更に張衡は日食の関係性を研究しており、

まさに後漢王朝時代の中国におけるエジソンとも言える発明家でした。




秋山真之って何やった人なの

(画像:秋山真之 wikipedia)

 

上記で張衡をご紹介しましたが、次は秋山真之をご紹介したいと思います。

秋山真之は伊予・松山生まれの人で、海軍の学校へ入っていきます。

そんな真之には逸話が多く海軍少尉候補生時代、

テストがあっても真之は全然勉強をしなくても常に成績は上位にいました。

真之が常に成績上位に位置していることを不思議がった後輩は真之へ

「先輩はどうして勉強を必死こいてやらないのにそんなに成績がいいんでしょうか。」と

尋ねられたそうです。

すると真之は「過去のテスト内容を参考にしつつ、教官の癖を見抜くのが肝心だ。

更にテストに出るようなところは何回も説明するので、

自ずとテスト問題がわかってくるのだ。」と説明したそうです。

天才と言っていい洞察力を海軍少尉候補生時代から周りから見せておりました。

その後真之は立身出世を果たして行き日露戦争(にちろせんそう)勃発時には、

連合艦隊の参謀として連合艦隊司令長官の東郷平八郎(とうごうへいはちろう)と

一緒に出征。

日露戦争の最終決戦と言われる日本海海戦の作戦は、

秋山真之が考えた七段構えの布陣で行われ、

この作戦が功を奏して日本海海戦は、

ロシア海軍から圧倒的勝利を日本海軍がもぎ取ることに成功します。

また海戦当日真之は日本の大本営へむけて「天気晴朗なれど波高し」と言われる名言を

電報で送っていることでも有名です。

さて秋山真之の略歴をご紹介しました。

では次から張衡と秋山真之の深い関係をご紹介しましょう。

一体二人にどのような関係があるのでしょうか。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

秋山真之の幼名は張衡のおかげだった

 

秋山真之の幼名は淳五郎(じゅんごろう)と言います。

そのため松山で真之のことを知っている後輩や同級生は、

「秋山の淳さん」と呼んでいたそうです。

そして秋山真之の名前である「真之」と幼名・淳五郎は、

後漢王朝時代のエジソン・張衡が書いた詩からもらっているのです。

張衡は後漢王朝に仕えていた時に宦官が幅をきかせてていた事に怒りを感じ、

自分の心情を表した「思玄賦(しげんのふ)」を書いたそうです。

秋山真之が生まれた時張衡が書いた「思玄賦(しげんのふ)」の

一文の「何道真之淳粋兮」を引用して幼名を淳五郎と真之と名付けたそうです。

 

はじめての三国志ライター黒田レンの独り言

 

明治時代の人物である秋山真之の名前を後漢王朝時代の張衡が書いた「思玄賦」から、

引用していたのはちょっと驚きませんか。

明治日本と後漢王朝の初期では1700年以上も開きがあるにも関わらず、

意外と接点があるのです。

歴史って年数が離れていても接点があるので不思議だと思いませんか。

まだまだ近代日本と古代中国には接点があるかもしれないので、

また何か見つけたらご紹介していきたいと思います。

参考文献 秋山真之のすべて 新人物往来社 編集など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  2. 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?
  3. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  4. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  5. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  6. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  7. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  8. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  2. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  3. 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位
  4. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  5. 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ?
  6. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった? 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何? 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに! 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?

おすすめ記事

  1. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  2. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  3. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  6. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ
  7. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人
  8. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP