よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

この記事の所要時間: 321




 

魏(ぎ)の末期、麻薬や酒をあおりながら

実務と全然関係ない老荘思想(ろうそうしそう)の話ばかりして

政治の世界から距離を置いていた、浮き世離れした変人集団の

竹林の七賢(ちくりんのしちけん)」。

このサロンは司馬懿(しばい)の派閥が専横を極める政治に

対立していた反・司馬懿派の政治結社ですが、

なぜ反・司馬懿だと老荘思想なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!




外戚(がいせき)と儒教の因縁

 

話は三国志のお話が始まる頃、後漢(ごかん)末期にさかのぼります。

後漢では皇帝のママの一族である外戚(がいせき)と、

皇帝の身近にお仕えする宦官(かんがん)とが権力争いをして

世の中ぐっちゃぐちゃになっちゃったわけですが、

政府でお仕事をしていた偉いお役人さんたちは宦官のことは

嫌いでありまして、外戚のほうと仲良しでした。

例えば、三国志に出てくる袁紹(えんしょう)は代々高級官僚を

輩出している家柄の出身ですが、外戚である何進(かしん)

協力して宦官勢力を排除しようとしていましたよね。

このように、外戚と仲良しの官僚さんたちですが、彼らは

みんな儒教を身につけている人たちでした。

後漢では儒教重視政策があったので、儒者(じゅしゃ)じゃないと

官僚になりづらかったためです。




儒者官僚(じゅしゃかんりょう)はいいトコのぼんぼん

 

儒教を修めて官僚になるという出世コースなわけですが、どのようにして

就職するかというと、それは郷挙里選(きょうきょりせん)という制度で、

地元の有力者から「うちの地域にこんなナイスガイがいるからオススメ!」

って推薦してもらって就職するわけです。

こういう就職方法なので、官僚はみなさん地元に根付いた

有力者の階級の出身です。地元で人気のお金持ちの家の子じゃないと、

誰もわざわざ推薦なんかしてくれませんからね……。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

儒者官僚が国を悪くした!?

 

この、地元で人気のお金持ちの家の子らがえげつないんすわ。

地元に都合のいい政策ばかり通そうとするんですよ。

実家は地元に根を張っていて、税金を払いきれなくて夜逃げしたような流民を

自分のところで囲って農奴として使って荘園経営なんかして潤っちゃってるわけです。

民に夜逃げされたら国家の税収が減るわけですから、

国は貧乏になる一方、地方の豪族は潤う一方。

官僚たちは実家が豪族なもんで、国家にとって困ったその状況にも見て見ぬふりっすわ。

こうやって世の中、悪くなっていったんですよ。宦官ばかりのせいじゃない。

 

我らがヒーロー、曹操(そうそう)登場!

 

腐った官僚が牛耳る腐った世の中に我慢ならなかったのが、

あのちっこいオッサン、曹操(そうそう)です。

彼は宦官の孫ですから、儒者官僚たちとは出自が違います。

なんのしがらみもなく改革を断行できるわけです。

 

 

そもそも宦官の孫であるというだけで儒者官僚たちからは

人間じゃないみたいに扱われるわけですから、何もかも

ぶっ壊して作り替えてやれって思うのはごく当然の成り行きですな。

そうして曹操は魏の建国のいしずえを築きましたとさ。

 

関連記事:幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?

関連記事:ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

 

曹操LOVEからの老荘思想

 

曹操の志は、儒教にとらわれず合理的で公平な政治をしようということでした。

儒教が牛耳っている世の中で芽が出なくても、曹操の体制の中でなら

生き生きと活躍できるという人が大勢いました。そういう人たちは、

みんな曹操のやってることが大好きで、儒教に対しては反発する立場をとっていました。

儒教への反発の一つの形式としてあったのが、老荘思想です。

つまり、老荘思想は曹操大好き、儒者官僚大嫌い、という立場を

とっていることの目印だったわけです。

 

司馬懿は儒者

 

曹操は司馬懿の才能を高く買っておりかつ非常に警戒していました。

鳴かぬなら殺してしまいたかったホトトギスでしょう。

なぜ曹操が司馬懿を毛嫌いしたかというと、司馬懿は儒者官僚の家柄の

有力者だったからです。彼の存在は無視できない。目の上のたんこぶ。

言うこと聞いてくれてる間はいいけど制御できなくなったら世の中また腐っちゃう。

そういう警戒心を抱いていたはずです。

曹操の存命中は、司馬懿は飼い殺しにされていました。

 

なぜ反・司馬懿だと老荘思想なのか

 

曹操の死後、司馬懿はグングン力をつけてきて、

曹氏の有力者やその協力者を一人また一人と抹殺しはじめました。

それに対立する、親曹氏・反司馬氏の政治結社が竹林の七賢ですが、

さて、ここで最初に提示した問題に戻ってきました。

彼らがなぜ老荘思想だったのか。それは、司馬懿が儒者だったからです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

儒者官僚がそんなに悪かったなんて本当? え~、嘘っこだべさ、そんなの。

そうそう。どんどん疑って下さい。

何が本当か分らないという猥雑さこそが、三国志の醍醐味。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

関連記事:もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  2. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  3. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  4. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解…
  5. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹…
  8. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  2. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  3. 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  5. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの? 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始! 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの? 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは? 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

おすすめ記事

  1. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  2. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」
  3. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  5. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は?
  6. 三国志夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始!
  7. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?
  8. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP