西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

2018年のNHK大河ドラマは明治維新最大の英雄、西郷どんこと西郷隆盛です。

さて、西郷どんと言えば、独特な鹿児島弁ですよね?

でも本当に西郷どんは「おいどん」とか「ごわす」とか使用していたのでしょうか?

また、使用していたとすれば、それは、どういう意味なのでしょうか?

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?


ごわすの意味と語源

 

大河ドラマ、西郷どんを見ていて、最初に不思議に思ったのは

ごわすという言葉ではないでしょうか?

そもそも、ごわすってどういう意味なのでしょうか?

用語辞典で調べると実は、ごわすというのは、

丁寧語の「ございます」とか「あります」という意味でした。

 

ですので、「西郷でごわす」と言えば、「西郷でございます」ですし、

「ここにごわす」と言えば、「ここにあります」という意味なのです。

もう少し丁寧な言い方には、「ごわんそ」があります。

ただ、これは昔の方言で、現在の鹿児島県民は使わないそうです。


チェストの意味と語源

 

薩摩藩と言えば、薩摩示現流(じげんりゅう)が有名です。

薩摩武士は幼少の頃から郷中(ごうちゅう)というグループに入り、

木刀を片手にチェスト!と言いながら、木立の木を打ちまくっていたのです。

でも、チェストって、一体どういう意味なのでしょうか?

こちらも、用語辞典で調べてみると、「強くすっど」だそうです。

強くすっどが、つよっすど ちよっすど、チェストーに

変化したのだと書かれています。

 

また、別の説には、「知恵を捨てよ(無になれ)」がチエステになって、

チェストになったという説や、1863年の薩英戦争で薩摩藩士が

イギリスと戦った時に挑発の意味で「チェスト(胸を狙え)」と言った

というような説もあります。

 

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

おいどんの意味と語源

 

西郷どんは、自分の事をおいどんと言っています。

では、おいどんって、どういう意味なのでしょうか?

こちらは、人代名詞で、一人称、「俺様」という意味なのだそうです。

薩摩武士に特有の言葉とあるので、男だけが使うようですよ。

つまり、「おいどんは西郷でごわす」と言えば、

「俺様は西郷でございます」という意味になりますね。

 

うーん、「俺様」と「ございます」は、ミスマッチの感じがしますね。

ただ鹿児島弁は、言葉が詰まるので、「おどん」と聞こえる事もあります。

ただ、「おい」という事もあり、こちらは「俺」です。


西郷隆盛の肉声は残ってるの?

 

NHK大河ドラマでは、鈴木亮平さんが演じている西郷どん、

では、実際の西郷隆盛の肉声などは残っているのでしょうか?

結論から言いますと、残っていません。

というより、西郷どんが死んだときには、まだ蓄音機は、

ギリギリ存在していなかったのです。

 

発明王エジソンが、録音と再生が出来る蓄音機を開発したのは、

1877年12月、一方で西郷どんが西南戦争で明治政府軍に敗れて、

鹿児島の城山で自殺するのは、1877年9月24日、つまり、

西郷どんが死んで、3か月してから蓄音機は発明されたのです。

 

しかも、エジソンが発明したフォノグラフ(蓄音機)は、

明治11年11月16日東京大学理学部機械工学教授だった

イギリス人、ジェイムス・アルフレッド・ユーイングが

日本に持ち込んで実験室で生徒の日本人を相手に録音実験をしています。

惜しい、西郷どん、もう少し長生きしていれば、

肉声が現代まで残ったかも知れないのにね・・


  

 

西郷どん解説者 kawausoの独り言

 

あくまでもミーハーな幕末維新初心者に向けて

出来るだけ分かりやすくNHK大河ドラマ、西郷どんを解説しました。

はじめての三国志では、大河ドラマ西郷どんを追いながら、

初心者でも分かりやすい記事を配信していきますよ。

それでは、皆さん、次の機会まで、あいがとさげもした!

 

※あいがとさげもしたとは、ありがとうございましたの意味

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯

関連記事:劉備と西郷隆盛の共通点って何?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 


 

関連記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 黄忠

    はじめての変

    キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

    最近は、アメトークで特集されるなど、中国史…

  3. 曹操と劉備
  4. 楊儀と魏延
  5. 曹操と張松
  6. 兵馬俑

    はじめての変

    戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

    広大な始皇帝陵の一部である兵馬俑は2200年前の秦帝国の威容を…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP