法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備と西郷隆盛の共通点って何?

劉備 人望

 

世の中には、徳という不思議な概念があります。

あの人は、そんなに才能があるようには見えないけど、何故か人に好かれる。

或いは仕事に恵まれるという事を人徳があるなどと言います。

 

三国志において、人徳の人と言えば、劉備(りゅうび)ですが、日本にも、

そのあり余る程の徳の力で、維新を実現させた大人物がいます。

 

それが西郷隆盛(さいごう・たかもり)です。

そして、劉備と西郷には、1700年の時の隔たりを越えた

徳という共通点があります。

 

 

 

みずから謀らないで生きた、劉備と西郷隆盛

西郷隆盛 ゆるキャラ

西郷も劉備も、弱肉強食の動乱の時代を生きてきた人物です。

本来なら、居並ぶライバルを蹴散らして、権力の高みを目指すのが

通常の生き方なんでしょうが、二人はまるで違いました。

 

西郷は、自ら、何かを提案するという事がなく、

そういう事は部下に任せて、その部下が力を発揮できるような

環境造りに腐心しました。

 

そして、手柄を立てても、部下の物とし、逆に失敗すると

自分がその責任を被ったのです。

 

自然に西郷の下には、有能な人材があつまり、それが結果として、

西郷の名声を大きくしていったのです。

 

劉備も部下任せ

㈱三国志 劉備 孔明

 

一方の劉備も、漢室の再興という大目的は最期まで、

降ろしませんでしたが、そこまでのビジョンとなると、

ぼんやりとしか持っていませんでした。

 

ただ、自分を必要とする群雄の下で、

手柄を立てたり敗走したりしていただけで

名前ばかりが上がるけど実力が伴いませんでした。

 

それが孔明という逸材を得るや、全てを彼に任せて、

巴蜀の地を得て、三国の一国を得るという奇跡の逆転劇を達成させます。

 

西郷も劉備も、自分で何かをするという事なく、

運命に全てを委ねている間にとてつもない大事業を成し遂げていくのです。

 

 

 

動けば自然に運命が回転する不思議な魅力

西郷隆盛 劉備

 

西郷は、一種独特の勘の持ち主でした。

1868年、鳥羽伏見の戦いで、敗れた徳川慶喜は、蟄居謹慎しますが、

江戸には、なおも数万の幕府軍が控えて士気旺盛です。

 

官軍になった、薩摩がどうやって、江戸を落そうかと議論している頃、

西郷はフイと陣を出て、江戸に向かって歩き出しました。

 

すると、総司令官の西郷が江戸に向かったというので、薩摩の将兵は、

次々に、それについていき、五百名程が先発隊になります。

 

これが、東征軍の始まりで、幕府方は、準備が整わない間に、

西郷が軍を進めたので虚を突かれて大慌てになります。

 

結局、降伏を主張する勝海舟が幕府の責任者となり、

西郷と談判し、江戸城は無血開城して、徳川幕府は瓦解しました。

 

劉備にも備わっている人望力

西遊記 三国志

劉備も、主要な戦いは、大半負けているという戦が下手な人です。

本来なら、「こんな弱い大将、願い下げ」と言って、

皆、その下を去りそうなんですが、まるで反対で、愛想を尽かす、

武将もいなければ、兵士は募集を掛ける度に集まってきました。

 

このような英雄は三国志の世界でも劉備のみでしょう。

劉備が、曹操(そうそう)に敗れた袁紹(えんしょう)の下から

荊州の劉表(りゅうひょう)を頼る時にも、趙雲(ちょううん)や、

関平(かんぺい)、周倉(しゅうそう)のような武将が

引きつけられるように参入していき、負けながら勢力が

充実するという不思議な状態が起きていくのです。

 

 

 

いざという時には、泥も被る非情な決断

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

西郷も、劉備も一見、手荒な事や、

泥を被るような事はしないように見えますが、

土壇場では、非情な側面を見せる強さもあります。

 

劉備は、劉璋(りゅうしょう)の蜀を獲ろうとして、

計画が露見すると、

 

「これから荊州に帰るから別れの挨拶をしたい」

 

涪水城の楊懐と高沛を騙して宴会を開き、

そこで、彼等が自分を騙し討ちにしようとしたと濡れ衣を着せて

殺してしまい、その兵力と城を奪った事があります。

 

本来ならば、このような汚いやりかたを嫌う劉備ですが、

人生の最期のチャンスとして、どうしても劉璋から蜀を奪うと

決断して、躊躇なく泥を被ったのです。

 

一方の西郷も、徳川慶喜が大政奉還を実現して、天皇に政治を返した

時には、どうあっても武力で徳川を打倒すると画策し、

江戸の薩摩藩士を使って、放火や強盗などのテロを引き起こし、

我慢できなくなった幕府が兵を挙げたのを見て、武力討伐に踏み切り

鳥羽伏見の戦いを引き起こしました。

 

両者とも、これが私利私欲というよりは、世の中を良くする為に、

敢えて、「悪」と言われても断行するという決意があったのです。

周囲の評判を気にして、大事を行えないというような事は、

彼等には、ありませんでした。

 

 

 

最期は「理」よりも「情」に死んだ西郷と劉備

劉備が眩しい 素晴らしい

 

西郷は明治政府の成立後、征韓論を巡って、同郷の大久保利通と

反目して、新政府を去ります。

この時に西郷に同調して政府を去った人々は600名にも上りました。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

北条氏康 ゆるキャラ 三国志

 

よく読まれてる記事:孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

 

ナポレオンと曹操

 

よく読まれてる記事:見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

 

シリア 関羽

 

よく読まれてる記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  2. ロバ顔の諸葛瑾 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  3. 蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1…
  4. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  5. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  6. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  7. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  8. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛
  2. 三国志 歴史
  3. 袁紹VS公孫瓚
  4. 関羽

おすすめ記事

  1. 織田信長が朝鮮出兵をしたら勝てたのか?李氏朝鮮をフルボッコできた? 南蛮胴を身に着けた織田信長
  2. 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】
  3. 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは?
  4. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 袁術と袁紹の喧嘩
  5. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!? はじめての三国志 画像準備中
  6. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?

三國志雑学

  1. 呉の孫堅
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 呂布を水攻めする曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽
  2. 曹操は褒め上手
  3. 疫病が蔓延している村と民人
  4. 討ち死にする黄崇
  5. 関帝廟 関羽
  6. 袁紹VS公孫瓚
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖

おすすめ記事

臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 龐統 「連環の計を見破った以上、龐統よりも徐庶のほうが上じゃね?」という一人の高校生の暴言に答えよう 呉の孫堅 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは? 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム? はじめての三国志編集長 kawauso 【告知】三国志の裏を知りたい人集まれ!よかミカンのブラック三国志入門

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP