法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!




 

三国志劉備(りゅうび)が遺言の中で息子に「読め!」って

オススメするほど愛読していた兵法書、六鞱(りくとう)。

起業家社長の劉備オヤビンが推してるものなら間違いない。

現代のビジネスマンにも参考になる内容がめじろおしですぞ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?




その事業に、愛はあるか。

 

六鞱は王様と臣下の問答形式で書かれており、内容も経営者向けでございます。

まず最初にはこんなことが書かれています。

 

 

天下は一人の天下にあらず、すなわち天下の天下なり。

天下の利を同じくする者は、すなわち天下を得、

天下の利をほしいままにする者は、すなわち天下を失う

 

世の中の役に立つ事業をやっていれば成功するし、

自社の利益ばっかり考えながらやってると市場から受け入れられないよ、ってことですね。

当たり前のことのようですけど、会社を経営されている方は

きっと「天下は一人の天下にあらず」なんて脳内で唱えながら、

この事業は世の中の役に立っているか? 儲け主義に走っていないか?

と常に考えながらなさっているんでしょうね。偉いなぁ……。

 

 

尊敬します、おとぼけCEO。




決断とスピード

 

こんな↓部分も現代のビジネスにまんま使えますね。

 

 

善を見て怠り、時至りて疑い、非を知りて処(お)る。

この三者は、道の止まる所なり。

 

ここだ! と思った時はすぐ動かないと、経営が行き詰まっちゃうよ、ってことですね。

これも当たり前のことのようですけど、こういう言葉が

頭の中に入っていると、何か決断しなくちゃいけない時に

「自分はいま善を見て怠っているのではないのか?」なんて

自らを振り返って、決断して行動する勇気が沸きそうです。

劉備オヤビンが陶謙(とうけん)から徐州(じょしゅう)を

譲られた時には、徐州は曹操(そうそう)から目の敵にされていて、

徐州を譲り受けるのは火中の栗を拾うようなリスキーなことでしたが、

受ける決断をした劉備オヤビンの脳内にはきっと

六鞱のこの部分がひらめいていたことでしょう。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

口コミにたよらず業務内容を理解できる人が評価

 

人材登用法なんかも書かれていますよ。

 

 

君、世俗の誉むる所の者を以て賢となし、

世俗の毀(そし)る所の者を以て不肖となせば、

則ち党多き者は進み、党少なき者は退く。

 

 

みんなの口コミを漠然と聞いてるだけだと、仲良しが大勢いる人の

いい噂ばっかり入ってくるから本当に有能な人を見つけられないよ、

ってことですね。ならどうするかと言うと、

 

 

将相、職を分かちて、各官名を以て人を挙(あ)げ、

名を按(あん)じ実を督し、才を選び能を考え、

実をしてその名に当たり、名をしてその実に当たらしむれば、

則ち賢を挙ぐるの道を得るなり。

 

 

業務内容を理解している上司に勤務評定させろ、って言ってます。

これは自社の社員を評価する方法としては現代では常識となっている

やり方ですが、中途採用の人を選ぶ時にも応用したらいいと思いまーす。

(現場を知らない役員さんがヘッドハンティングで連れてきた人材って、

けっこうイタいことになりがちじゃありませんかね……)

 

理想の管理職に、俺はなる!

 

自分は経営者じゃないよ、という方には、管理職にふさわしい人材の

選び方として語られている気をつけたい十の欠点の話などいかがでしょうか。

(カッコの中は私のテキトーな要約です)

 

一、勇にして死を軽んずる者あり(無鉄砲)

二、急にして心速やかなる者あり(せっかち)

三、貪にして利を好む者あり(金に汚い)

四、仁にして人に忍びざる者あり(優しすぎる)

五、智にして心怯なる者あり(考えすぎで度胸がない)

六、信にして喜んで人を信ずる者あり(簡単に人を信じすぎ)

七、廉潔にして人を愛せざる者あり(潔癖すぎ)

八、智にして心緩なる者あり(のんびり考えてしまう)

九、剛毅にして自ら用うる者あり(俺が俺が、と自分で全部やっちゃって人を使えない)

十、懦にして喜んで人に任ずる者あり(お手軽に人任せで仕事を進める)

 

自分がこれらに該当しないか考えながら動くと、いつもバリッとした

カッチョイイ上司になれそうですぞ!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

六鞱は二千年も前からあった本ですが、そんな大昔の人でも、

人を動かして何かをやろうと思った時に課題になるテーマというのは、

現代とけっこう共通しているんですね。

お仕事で何か課題に直面した時に、いにしえの人の漢文調の

カッチョイイ文言を頭に思い浮かべながら取り組めば勇気倍増!

六鞱、オススメです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??
  2. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  3. 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた
  4. 朱然によって捕まる関羽 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  5. 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!
  6. 怒る陳宮 陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりで…
  7. 城 銅雀台 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード
  8. 羅貫中 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  2. 馬岱
  3. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  4. 金栗四三の足袋 いだてん
  5. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

  1. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  2. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  3. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 孔明
  4. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 漢の顔良(がんりょう)
  5. 馬謖の功績を数えてイメージ回復を図ってみた件 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽と張飛と劉備

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  2. 的蘆に乗って逃げる劉備
  3. 于吉と張角
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 陸遜
  3. 荀攸
  4. 龐統
  5. 北伐する孔明

おすすめ記事

曹操と郭嘉 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの? すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選 美女を集めた曹叡 そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! キングダム キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん? 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP