キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

この記事の所要時間: 424




西郷隆盛

 

2018年のNHK大河ドラマ西郷どん、そのテーマの一つは

男にも女にも、モッテモテ(死語)の色男の西郷隆盛を描くというものです。

銅像のイメージのせいで西郷どんは、肥満したブ男と受け取られていますが、

実際には、ある時期までは痩せていて長身でイケメンだったので、

とってもモテたんだそうです。

今回は、そんな西郷どんの島妻になった愛加那(あいかな)の人生について解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?

関連記事:西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?

 




愛加那(あいかな)とはどんな人?

愛加那(Wikipedia)

 

愛加那は、奄美大島の名家の龍(りゅう)家に生まれました。

実家は、奄美大島の支配者であった笠利氏に連なり、本祖である田畑為春(ためはる)は

琉球の伊是名王統の建国者である尚円の父、尚稷(しょうしょく)の孫とされます。

また、為という名乗り頭から、鎮西八郎為朝(ちんぜい・はちろう・ためとも)の末裔とも言われます。

 

奄美大島は、薩摩と琉球に挟まれて不安定で、何度かの争奪戦の末に

1550年頃には、完全に琉球国の支配下にはいりましたが、半世紀後の

1609年には、逆に島津氏の侵攻により征服されました。

 

奄美大島の当主だった笠利為転は、首里大屋子(しゅりおおやこ)職でしたが、

島津氏に対抗し敗北したので、島津氏が派遣した代官の支配下に入リます。

もっとも征服されても、奄美大島の支配者だった笠利氏を島津氏は潰さず、

そのまま、島の支配者として代官の手伝いをさせたのです。

この功績から、1726年には、田畑の姓を与えられ、代々、外城衆中格となり

1785年には藩の命令で龍(りゅう)家に改姓されました。

 

愛加那は、この名門の龍家で龍佐恵志の娘として1837年に誕生しました。

母は枝加那と言い、兄弟は異母兄弟を含めて5人兄弟の二番目です。

童名は於戸間金(オトマガネ)ですが、於と金は敬称なので、

名前はトマという事になりますが普段は加那と呼ばれていました。




愛加那はどうやって西郷どんの島妻になったの?

西郷隆盛のパソコン

 

1859年、西郷どんは奄美大島に流罪になります。

形上は罪人と言う形でしたので、島民は西郷どんを嫌って近寄りません。

奄美は薩摩で罪を犯した人を流す土地でもあり、流人には乱暴者が多かったのか

島民は、すっかり警戒するようになったのです。

 

月照と西郷隆盛が入水自殺

 

一方の西郷どんも政治運動に敗れて主を失い、心中しようとして、

同志の月照(げっしょう)上人を失ったりで自暴自棄気味であり、

こちらも進んで島民との交流をしなかったので、両者は険悪な雰囲気でした。

 

ところが、西郷どんが、島民を搾取する村役人に義憤を感じて掛け合い

搾取を止めさせた事から、島民の西郷どんへの見方も一変します。

 

一人暮らしの西郷どんの屋敷には、多くの島民がやってきて、

炊事や洗濯をやってくれるようになります。

加那も龍家からの使いで、西郷どんの身の回りの世話をするようになります。

 

当時、愛加那は23歳で、10代で嫁に行くのが常識の当時としては、

行かず後家のような状態でしたが、屋敷に行く間に、西郷どんの人柄に

魅了されて親しくなり、やがて結婚し島妻になったのです。

 

また、龍家としても、西郷どんがただの罪人ではなく

先代の藩主、島津斉彬(なりあきら)の寵臣であるという情報はもちろん得ていました。

気が強くて、結婚相手の選り好みが激しい娘を、洗濯や炊事の為に遣わして

もし、西郷どんとくっ付いて子供が出来れば、

子供は西郷家の庶子として出世し龍家の将来にも

好ましいと考えていたのでしょう。

 

西郷どんと愛加那は、とても仲睦まじく、二年の新婚生活で

菊次郎(きくじろう)と菊草(きくくさ)の一男一女に恵まれました。

西郷どんとしても、一度目の結婚は、自身の多忙と

実家の貧しさで失敗していたので、

愛加那との生活は、はじめて落ち着いて営む事が出来た

家庭生活になったのです。

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

愛加那の墓はどこにあるの?

愛加那と西郷どん

 

仲睦まじかった、愛加那と西郷どんですが、

時代は西郷どんに安住を許しませんでした。

 

斉彬の死後に、薩摩藩で実権を握った島津久光

上洛をするにあたり、江戸や京都に太い人脈を持つ

西郷どんの力が必要とされたのです。

その頃、家族が増えて、新築された西郷家に移ろうとした

西郷どんの一家ですが、西郷どんが新居に住む事はなく、

薩摩へと帰還していきました。

 

愛加那は島妻で、島から出る事を許されません。

それが薩摩藩の掟で、個人にはどうにもできませんでした。

彼女は泣く泣く、2歳の菊次郎とお腹の中の菊草と共に

最愛の夫、西郷どんを見送るしかなかったのです。

 

 

愛加那は何歳まで生きたの?

 

西郷どんは、その後、沖永良部から帰還する途中で、

一度、奄美大島に立ち寄り、数日親子水入らずで過ごしますが

それが、愛加那が西郷どんと過ごした最後でした。

西南の役で自決した西郷どんより25年長く生きて

明治35年、愛加那は農作業中に倒れ、65歳でこの世を去りました。

 

彼女の墓は、奄美大島、龍郷の田畑家墓地(弁財天墓地)にあります。

 

※個人の墓地ですので、墓参などは節度を持って

マナーを守って行って下さい

 

NHK大河ドラマ「西郷どん」の愛加那の役は二階堂ふみ

愛加那の役は二階堂ふみ

 

愛加那は、西郷隆盛を扱った大河ドラマでは必ず登場しています。

そのキャストは、1987年のドラマ「田原坂」では、大女優の多岐川裕美、

1990年のNHK大河「翔ぶが如く」では、石田えりと

いずれも演技派女優が演じました。

 

西郷どんを激しく愛しながら、藩の掟の前に離れなければならない

愛加那を演じるのは、かなり大変で、顔だけではなく、

かなりの演技力が必要な役どころなのです。

 

そんな愛加那の配役、NHK大河「西郷どん」では、

「フランケンシュタインの恋」や「地獄でなぜ悪い」に出演した

若手女優、二階堂ふみが演じます。

 

彼女は今年23歳で、愛加那が西郷どんと結婚したのと同じ年

さらに彼女は、演技力にも定評があり

 

第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞

第17回日本インターネット映画大賞 主演女優賞

第56回ブルーリボン賞 最優秀助演女優賞

第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞

第35回ヨコハマ映画祭 最優秀助演女優賞

 

等々、多くの受賞歴を持つ、実力派の女優でもあります。

それに、彼女の出身は、沖縄県の那覇市で、

奄美大島出身の愛加那と出身地が近く、

彫が深くて、目が丸く大きい、南国美人の特徴を兼ね備えています。

歴代の愛加那役の女優では、一番、当人のイメージに、

近いのではないでしょうか?

 

西郷どんと愛加那を解説したkawausoの独り言

kawausoの独り言

 

愛加那は、とても行動力のある女性で、西郷どんが、再び流罪になり、

徳之島に流された事を知ると、「来てはいけない」という西郷どんの言いつけを

破って、二人の子供を連れて、奄美大島から徳之島まで船で渡ってきました。

それだけ、西郷どんを想っていたのでしょうが、南国の女性らしい、

情熱的な彼女の性格が伝わってきます。

 

また、維新後、西郷どんより、娘と一緒に鹿児島の実家に来なさいという

手紙を貰っても、本妻様の顔を潰すからと断り、行きませんでした。

どこまでも島妻の分を守りケジメを付けていたのです。

こちらの記事では、愛加那をメインに書きましたが、はじ三では、

西郷どんが奄美大島にやってきた経緯を書いた記事もあります。

併せてご覧になって頂くと、西郷どんがより深く理解できますよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

関連記事:西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  2. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  3. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  4. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?
  5. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  6. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  7. 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!
  8. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!
  2. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  3. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  4. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!
  5. 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君
  6. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人

おすすめ記事

  1. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  2. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽
  3. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  4. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!
  5. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  6. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  7. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  8. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP