三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解




 

2013年のNHK大河ドラマに、八重(やえ)の桜がありました。

このドラマの中では、西郷どんは、会津(あいづ)を攻撃する

薩長軍のボスとして描かれます。

つまり、会津を主役にすると、西郷どんと薩摩は敵役になってしまうのです。

では、どうして、薩摩藩と会津藩は敵同士になってしまったのでしょうか?

そして、現在、鹿児島県と福島県の人の関係はどうなっているのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分かりやすく解説

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

 




 

会津藩と薩摩藩はどこにあるの?

 

では、会津藩と薩摩(さつま)藩の位置について解説しましょう。

まず、薩摩藩は、現在の鹿児島県で、日本列島本州の南端にあります。

一番南なので、覚えるのも難しくないと思います。

一方の会津は、今の福島県の一部にあたります。

 

福島というと、東北で寒いというイメージがありますが、

実際は太平洋側に面して東北でも一番南にあり、

東京からも200キロ圏内ですから、単純に距離でいえば、

鹿児島県より、ずっと東京に近いです。

 

しかし、横に広いエリアなので、浜通り地方のように

気候が穏やかな土地もある反面で、会津地方のような

日本有数の豪雪地帯もあります。

 

鹿児島県が戦国末期から、ずーっと島津(しまづ)氏の支配で、

県になっても、薩摩藩=鹿児島県と一枚岩であるのに対し

福島県は会津藩ばかりでなく幾つかの小藩が集まって構成された

寄せ集め所帯であり、福島県=会津藩ではありません。

 

ちなみに、もう一つ、会津藩と深い因縁のある長州藩

現在の山口県は、中国地方の端で、日本最西端の県です。




 

会津藩が薩摩藩を嫌っている・恨んでいる理由

 

元々、会津藩と薩摩藩は、特に接点がありませんでした。

つまり、好きでもなければ嫌いでもなかったのです。

二つの藩をくっつけたのは、過激な攘夷論(じょういろん)

爆発させていた長州(ちょうしゅう)藩でした。

1863年頃の長州藩は、大量の人材を京都に送り込み、

天皇を含め、京都の公卿を味方につけていて、外国を追い払い、

不平等条約を破棄せよと、公然と幕府に反旗を翻していました。

 

当時の薩摩藩は、親幕府の島津久光(しまづひさみつ)の支配下にあり、

そんな長州藩を苦々しく思っていたのです。

しかし、単体では長州藩に対抗するのは無理なので、

味方を必要としており、そこで選ばれたのが会津藩でした。

 

こちらの会津藩は、その藩祖を保科正之(ほしなまさゆき)と言い、

二代将軍の徳川秀忠(とくがわひでただ)の4男で庶子でした。

つまり、将軍になった徳川家光(とくがわいえみつ)の異母兄弟なのですが、

自分の兄弟たちに冷酷であった家光は、この保科正之だけは

とても可愛がりました。

 

それは、正之が大変に謙虚で誠実な人柄で、

何より家光に忠誠を誓ったからです。

この保科正之は、23万石の会津藩の当主に取り立てられます。

正之は将軍家光に強い恩義を感じ、掟十五か条を定めて、

 

「藩主は将軍家に絶対服従、破るようなら家臣はそれに従うな」

と書き記したのです。

 

この掟は代々守られ、幕末の会津藩主、松平容保(まつだいらかたもり)

財政がひっ迫しているのにも関わらず、

京都守護職を引き受け、最後まで幕府を支え続ける事になります。

 

こうして、徳川幕府絶対の会津藩と薩摩藩の利害は一致し、

1863年8月18日に長州藩兵を京都御所の警備から外して追放しました。

これを八・一八の政変と言います。

 

ですが、盲目的に幕府への忠誠を誓う会津藩に対して、

薩摩藩は時代を読んでおり狡猾(こうかつ)でした。

そして1866年には、幕府を見限って、一度は追放した長州藩と

薩長同盟を結び、今度は幕府側についた会津を攻撃したのです。

 

もちろん、会津は、薩摩の変心に激怒して嫌いました。

これが会津が薩摩を嫌いはじめた最初です。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

戊辰戦争で会津市民への略奪が悲惨だった?

(戊辰戦争時の薩摩藩士:画Wikipedia)

 

会津藩は、鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いでは、

幕府軍の主力として桑名(くわな)藩と共に薩長軍と戦う事になります。

さらに、将軍、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が謝罪恭順して、

江戸幕府が解体した後も、新政府軍の命令を拒否して戦う羽目になりました。

 

その大きな原因は、尊攘派を容赦なく取り締まった

新選(しんせん)組が、京都守護職、松平容保の配下だったからです。

また、禁門の変では長州は、薩摩藩と共同した会津藩にも

攻撃されたので、その恨みも重なっていました。

 

しかし、禁門の変で、一番、長州藩士をひどい目に合わせた

薩摩藩とは、長州は手を組んでいるのですから不思議なものです。

ともかく、慶喜がさっさと降伏して、恨みの矛先を失った新政府軍、

その中でも取り分け、新選組や会津に恨みがある長州藩が、

松平容保を目の敵にし、その征伐を飽くまで強行します。

 

東北諸藩は、会津藩の立場に同情的で、新政府軍に反抗して、

奥羽越列藩同盟を組織して戊辰(ぼしん)戦争を戦う事になります。

 

母成峠で幕府軍を破った新政府軍は、板垣退助(いたがきたいすけ)伊地知正治(いじちまさはる)

司令官として、会津藩に攻撃を開始、1868年10月8日に

会津若松城下で市街戦が発生して多くの死者が出る事になります。

 

戦いは籠城戦に突入し、若松城には、武士ばかりではなく

その家族までが籠城して戦いますが、10月8日から11月6日まで

約一か月抵抗した後に降伏しました。

 

この戦争で、松平容保は、軍資金不足を解消する為に

新政府への降伏を進言する、西郷頼母(さいごうたのも)の進言を退け

城下の町人から財産を強制的に差し出させて戦費としたうえ

各地から戦乱を逃れてきた町人や農民にも武器を渡し不足した兵力を

補おうとしたので、脱走兵や市民の死傷者が出ています。

 

また、新政府軍、会津軍、両者とも、農民を荷役や物資補給に

ほぼ無料でこき使い、略奪も横行したので薩摩藩もさることながら、

会津藩も領民に恨まれる事になります。

 

このように、被害を被った市民は、会津藩も新政府軍も恨んだのですが

戦争に敗北した会津藩士の恨みは、自分達を攻撃した薩摩藩や、

長州藩に向かう事になりました。

 

西南戦争で薩摩に仕返しした会津

 

会津藩は藩主、松平容保が助命されるなど、最低限の面目は保ちますが、

その後も領地を没収され、不毛の土地に移され貧乏のどん底を味わうなど

敗戦国としての差別を味わう事になります。

これにより、薩摩藩、そして長州藩への恨みは年々強化されていき、

1877年、西南戦争(せいなんせんそう)が起こると、元会津藩士で警察官になった人々が

政府軍として従軍し西郷軍との戦いに挑む事になりました。

 

旧会津藩士は、戊辰戦争の仇を討つと意気込み、剣客ばかりで組織された

警視庁抜刀隊に所属して、剣技で薩摩隼人に立ち向かい、大いに手柄を立てて

田原坂(たばるざか)の戦いを政府軍の勝利に導きます。

 

ただ誤解されがちですが、警視庁抜刀隊は、ほとんどは旧、薩摩藩士族で構成され、

会津藩士は遊軍として側面支援を行い、メインではありません。

後に陸軍大将にまでなった、旧会津藩士の柴五郎(しばごろう)は、薩摩を憎む気持ち強く

西南戦争で戦死した、西郷隆盛(さいごうたかもり)と翌年に

紀尾井(きおい)坂の変で暗殺された大久保利通(おおくぼとしみち)を併せ

「連中が死んだのは自業自得だ、俺は断じて喜ぶぞ」と日記に書きました。

このように、会津人の薩摩や長州、新政府軍への恨みは深かったのです。

 

会津藩と薩摩藩の関係性を解説したkawausoの独り言

 

会津藩が刀折れ、矢が尽きて、新政府軍に降してから150年が経過しました。

その間に、交通の便は加速度的に進歩して、人の往来は頻繁になり

一年間に世界では数十億人が飛行機で移動するようになりました。

 

現在では、戊辰戦争の因縁を気にして、鹿児島県の人を恨んでいる

福島県の人は、相当な年配の人か歴史好きを除いてはいません。

両県が、かつて敵対していた事さえ知らない人が大半です。

公式に鹿児島県が謝罪したとか、福島県がそれを受け入れたという記事は

ありませんが、事実上、会津と薩摩は和解したと言えます。

 

もちろん、歴史に触れる事では、気分を害する事はあるでしょうから

戊辰戦争を語る時には、配慮は必要ですけどね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い

関連記事:西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…
  2. 大隈重信 / 引用 wikipedia 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介
  3. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは?
  4. 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?
  5. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  6. 阿部正弘 阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの?
  7. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?
  8. 阿部正弘 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ツンデレ曹丕
  2. 劉禅

おすすめ記事

  1. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  2. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について
  3. 橋本左内ゆかりの福井県をナビゲート
  4. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮 程普
  5. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  6. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介

三國志雑学

  1. 李儒と三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲子龍
  2. 劉備孔明と出会う?
  3. ヤンキー曹操

おすすめ記事

曹操50万の兵 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 幕末 大砲発射 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

おすすめ記事

  1. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  2. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  3. 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  5. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選 病気になった兵士
  6. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  7. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 邪馬台国と魏の兵士
  8. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP