魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像

魔王曹操




 

三国志で一番広い領土を保有していた曹操(そうそう)

曹操は後漢王朝の皇帝の側近や皇后を殺害したり、

父を殺された恨みを晴らすため、その土地に住んでいた人々を殺しまくったり、

親切心から泊めてくれた人を疑心暗鬼から一家皆殺しにしたり、

冷徹で酷いことを平気でやるひどい性格として描かれております。

しかし曹操の悪い一面が誇張されただけで、意外な一面も持っていました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編

関連記事:【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介

 




 

悪口ばかり書かれて叩かれていた曹操

 

曹操は後世の歴史においていいイメージなどほとんどない英雄でしょう。

三国志を終わらせた晋の時代では既に曹操のイメージが別れ、

晋の歴史家である王沈(おうちん)や司馬彪(しばひょう)は

「曹操ってスゲー奴だったんだぜ」と評価していました。

しかし孫盛(そんせい)や呉の人達は曹操を悪人として評価。

こうして曹操は晋の時代からマイナスイメージを持たれてしまいますが、

まだ王沈や司馬彪が高評価していました。

しかし晋代以降、曹操は悪人として描かれ、南北朝、唐隋、南宋、清の時代まで、

叩かれ続けることになります。

煙のない所には火が出ないように曹操が叩かれた原因が何かあると思いませんか。




 

曹操が叩かれて続けた理由とは

 

曹操が中国の歴代王朝にずっと叩かれ続けた理由は、

曹操自らが叩かれるような事をしたからです。

曹操が叩かれる原因となった一例をご紹介しましょう。

曹操は董卓(とうたく)からの官職任命を拒否して洛陽から逃亡。

曹操は故郷へ向かう途中、呂伯奢(りょはくしゃ)の家に立ち寄り泊まることに。

しかし曹操はこの家の一家を皆殺しにしてしまいます。

この事件は魏書・世語・雑記と呼ばれる歴史書に書かれております。

なぜ曹操は親切に泊めてくれた呂伯奢一家を殺害してしまったのでしょうか。

三つの歴史書はそれぞれ違う見方をしています。

 

曹操は呂伯奢の家族から迫害されたり、持ち物を盗まれた為、

一家を殺害したと魏書には示されています。

上記は曹操が自分の身を守るため呂伯奢一家を殺害したとしています。

では残り二つの歴史書ではどのようにこの事件が描かれているのでしょうか。

呂伯奢は曹操をもてなす食事を作るため、奥さんや従者達に食事を作るように命令してから外出。

 

曹操は呂伯奢が居なくなって後、彼らの包丁を研ぐ音を聞いて

呂伯奢が自分を殺害するように命令したのではないのかと

疑心暗鬼に陥り殺害したと解釈しています。

上記の解釈をしているのが世語・雑記ですが、

曹操がマイナスイメージを持たれてもしょうがない事件を起こした為、

後世において曹操のマイナスイメージが誇張され、

ずっと叩かれてしまったと考えられます。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

意外と正直者な面をもつ曹操

 

曹操は上記のようにマイナスイメージとなる事件を起こしています。

しかし上記の事件だけで曹操の性格を決定してしまうのは早計と言えるでしょう。

ここからは曹操のプラスイメージをはじめての三国志の読者に植え付けたいと思います。

曹操のプラスイメージとなる逸話があるのでご紹介しましょう

曹操は袁紹(えんしょう)と官渡で激闘を続け兵糧がなくなりはじめ困っていました。

 

そんな中袁紹陣営から曹操の幼馴染・許攸(きょゆう)がやってきます。

許攸は曹操へ「兵糧は後どれくらいあるのだ」と訪ねます。

すると曹操は「一年は十分に持つぞ」と適当に返答。

 

しかし許攸は「おいおい。冗談言ってる場合じゃないぜ。本当の事を言ってみな」と

曹操に再度兵糧がどのくらいあるのか聞きます。

すると曹操は「わりー。ホントはあと半年しかねーんだ」と答えます。

だが許攸は「本当の所を言わないのは袁紹に勝つ気がないからか??」と

再び兵糧がどの程度あるのか聞き返します。

曹操は許攸を見て「すまん。本当は後一ヶ月位しかもたん。」と

正直に答えたそうです。

 

二人のやり取りの後許攸が袁紹軍の兵量集積地のあり方を曹操に教えます。

そして曹操は袁紹軍の兵糧集積地を燃やした事がきっかけで、

袁紹軍に勝利することになります。

 

さて曹操と許攸のやりとりから分かることがあります。

それは曹操が正直者だと言うことだと思います。

曹操は許攸がやってきた時、本当に味方になるのか疑っていました。

そのため曹操は許攸に最初から、

兵糧の実情を伝えることなく適当に言い繕っていました。

しかし最終的には曹操が兵糧の実情を答えている事から、

曹操が正直者であったと考えるのはレンの曹操贔屓でしょうか。

 

家族を大切にした曹操

 

また曹操は家族を大切にしてた人です。

曹操は亡くなる間際

「私は自分の生涯に後悔なんてない。しかしあの世へ行った時、

自分の息子曹昂(そうこう)から、母はどこにいますかと聞かれたら

なんて言えばいいのか分からない事が一番辛い」とこぼしています。

 

曹昂(そうこう)は曹操の長男ですが、母親が幼い時に亡くなってしまった為、

丁(てい)夫人曹昂を自分の息子のように育てていました。

丁夫人は曹昂が戦死した際、嘆き悲しんで非常に落ち込んだそうです。

そして丁夫人は「どうして曹昂を殺したのですか。」と

会う度に曹操へ厳しく当たったそうです。

 

曹操は丁夫人の怒りと嘆きを煩わしく感じて、彼女を実家へ帰してしまいます。

だが曹操は実家に帰した丁夫人と仲直りするため、

彼女の実家へ向かい丁夫人に帰ってくるよう説得。

だが丁夫人は曹操の言葉を聞いても気持ちを変えることなく、

曹操の元に帰らずに曹操と離婚することに。

その後曹操は丁夫人に他の人と再婚を促す手紙を送り、思いやりを見せています。

このように曹操は家族を大切にしていた人物だったのです。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操は上記のように冷徹な部分も確かにありました。

しかし曹操の冷徹な部分は性格の一部分であり、

正直者の一面や家族を大切にしているプラス要素もしっかりと持っているのです。

 

参考文献 三国志素顔の英雄達 易中天 著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呉の孫権は皇帝 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  2. 三国志 象兵 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  4. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  5. 代筆屋 商売 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  6. 黄巾賊を撃退する太史慈 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、…
  7. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  8. 袁術 匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志 人気武将ランキング
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  3. 嫉妬している明智光秀
  4. 信長の野望・革新 with パワーアップキット
  5. 孔明
  6. 蜀の厳顔

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  2. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 梁興と馬騰
  3. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  5. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 曹操から逃げ回る劉備
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】

三國志雑学

  1. 司馬懿対孔明
  2. 兵士と禰衡
  3. 徐庶をゲットする曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 郭嘉
  2. 孫権に攻められ戦死する黄祖
  3. 趙雲子龍
  4. 袁術
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 近藤勇と関羽
  7. 嬴政(始皇帝)

おすすめ記事

高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル 虎士(黒豹) 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも? 孟嘗君 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 酒癖が悪い孫権 なぜ孫権は暴君と化してしまったのか? 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 桓公(かんこう) 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力 王騎 キングダム 【キングダム】王騎は史実では全く活躍しないダメ将軍? 韓信 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP