呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

2015年1月3日


 

現実主義曹操

 

歴史家陳寿が「非常の人、超世の傑」と評したように、曹操は、

兵法にも文化方面でもたぐいまれなる才能を発揮した傑物です。

 

しかし、『三国志演義』では、主人公劉備の敵役のため、

とにかく残虐で非道な悪い奴として描かれています。

 

私は個人的には曹操のことがちょっと好きですので、たいていのことは

かばえる自信があります。

でもその中で、「これはちょっとひどいな……」というエピソードがあります。

曹操若かりし頃、董卓暗殺計画が失敗し、敗走した際の話です。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



呂伯奢一家殺害事件

裏切りは許さぬ 曹操

 

董卓の暗殺計画が失敗し、逃亡した曹操は、郷里に帰る途中で、

友人の呂伯奢(りょはくしゃ)の家に立ち寄りました。

 

あいにく呂伯奢は留守でした。

子供たちはとても礼節があり、曹操をもてなそうとしてくれました。

 

ところが曹操は、彼らが料理する音を聞き、自分を殺すつもりだと思い込み、

夜のうちに一家を皆殺しにしました。

 

そして、この時に発した言葉がこれです。

「俺が人を裏切ることがあろうとも、人が俺を裏切ることは許さない!」

 

ジャイア○……(以下自粛)

 

ちなみにこの話は、『正史三国志』には載っていません。

 

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

 



『三国志演義』で残虐度に磨きがかかる

曹操

 

『三国志演義』では、さらにいっそう悲惨な事件に描かれています。

 

呂伯奢は、突然訪れた曹操を歓迎するために、酒を買いに行きました。

曹操は、家の裏手で刀を研ぐ音を聞き、誤解して、男女の見境なく、

居合わせた八人を皆殺しにします。

 

殺してから、誤解であったことに気づいた曹操は、急いで馬に乗って逃げました。

途中で、酒を買ってきた呂伯奢とすれ違いますが、呼び止められても返事せず、

行き過ぎます。

 

そして、不意に剣を抜き、呂伯奢を追って、斬り殺してしまうのです。

呂伯奢が家に帰ったら、家人が殺されていることを知り、騒ぎになるからです。

 

そこで、このセリフ。

「俺が人を裏切ることがあろうとも、人が俺を裏切ることは許さない!」

 

これは、確かにひどい事件です。

 

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

関連記事:曹操の精鋭部隊、青州黄巾軍って何?

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
東方明珠

東方明珠

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。当時はゲームセンターに通いつめました!まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

-三国志の雑学