キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ

貂蝉と呂布





 

中国人の女の子と三国志談義で盛り上がっていた時のことです。

三国志の中で誰が一番好きかと聞かれ、呂布(りょふ)だと答えたら、

相手の女の子が突然くねくねと身じろぎをし始めて、「ああ~、呂布ね~。

ハンサムだものね~。もうっ、メンクイなんだからっ!」と二の腕にパシッと

ツッコミを入れられて、面食らったことがあります。

……中国では、呂布ってハンサムキャラなんですか!? 背景を探ってみた!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 




 

日本での呂布のイメージ:デカッ!

 

呂布といえば、剛勇無双のイメージがありますが、ハンサムというよりは

「デカッ!」ってイメージじゃないでしょうかね。

ゲームの真・三國無双シリーズの呂布は「え、これが呂布?」とは誰も思わない

キャラクターデザインで、日本人の呂布に対するイメージをよく表していますが、

「ハンサム」よりは「デカッ!」です。真・三國無双8の呂布を見ると、さほど

目立ってマッチョなわけでも太っちょなわけでもありませんが、身長が高く

(雑兵との身長差が他のキャラクターより大きい)筋骨がしっかりしていそうで、

頭にくっついてる長い鳥の羽根みたいな飾りがピローンとたなびいていて、

鎧の太股を守る部分が横にバーンと広がっていて、長くてでっかい武器を

斜めに持っていて、「ちょっと奉先(ほうせん。呂布のあざな)、一人で幅とりすぎだよ!」

って感じです。顔は仁王様似の男前で、ハンサムな優男ではないですね。

ギザギザ眉毛のおっかないお顔です。ああいう風采の人がズシーンズシーンと

歩いてきたら、私は決して「キャーッ、奉先さま~!」と近づいていったりはせずに

「りょ、呂布だー!」ってスタコラサッサと逃げますな。




 

中国での呂布のイメージ:色白インテリ風の優男

 

中国では古くからお芝居で三国志が取り上げられているので、中国の

歌舞伎のような「雑劇」での呂布を見れば中国における呂布のイメージが

分ると思います。ということで、呂布が劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

三兄弟と戦う演目「三英戦呂布」を見てみますと、……なんですかこれは。

優男ですぜ。ほっそりとした俳優さんが、白塗りの顔にピンクのアイシャドウを付けて、

柳の葉のような涼しげな眉を描いて演じております。インテリ文官の役にありがちな

メイクですよ。服装は、プラチナ色の長い上着をタイトに着込んで、裾のチラ見え

赤ズボンがちょっぴりセクシー。冑(かぶと)にはピンクのぽんぽんがついていて、

左右の耳のあたりに長い黒髪が一房ずつピューッと垂れていて、女の子みたいです。

横でモリモリと鎧を着込んでいる関羽張飛と対照的です。これで最強だったら

惚れてまうやろー!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

三国志演義での描写

 

三国志演義ではどういう描写がされているのでしょうか。

初登場シーンを見ると、こう書かれています。

 

生得器宇軒昂、威風凜凜、手執方天画戟、怒目而視。

(軒昂たる容姿、威風凜々、手に方天画戟(ほうてんがげき)を持ち、目を怒らせている。)

 

これだと、おっかないイメージしかないですね。

これは毛宗崗本(もうそうこうぼん)と呼ばれる三国志演義から抜粋しましたが、

もう少し古い李卓吾評本(りたくごひょうほん)と呼ばれる三国志演義には

こんなふうに書いてあります↓

 

身長一丈、腰大十囲、弓馬閑熟、眉目清秀。

(背丈は一丈、腰は十抱えもあり、弓馬に習熟し、顔立ちが清らかで秀でている。)

 

おっ、ハンサム要素発見!「顔立ちが清らかで秀でている」ですと!

古い三国志演義には、ハンサム描写があったんですね。

後に毛宗崗(もうそうこう)さんが三国志演義の荒唐無稽要素を削って

編纂し直した時に、ハンサムをカットしたようです。

毛宗崗は三国志演義を真面目な読み物として世に送り出そうとしていたので、

「最強なのにハンサム」なんていう扇情的な要素は不適切だと見なしたのでしょう。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

ああ残念。ハンサムは残しておいて欲しかったなぁ……。

中国では三国志演義成立以前からお芝居で三国志のお話が親しまれてきたので、

毛宗崗以前のハンサム要素ありのイメージがそのまま定着しているんですね。

一方、日本で三国志のお話が広まったのは江戸時代で、毛宗崗より後の時代ですし、

李卓吾評本を読んだとしても文字を通してなのでビジュアルをイメージしづらく、

最強キャラという設定から日本人が従来持っている武蔵坊弁慶のイメージなんかと

混同してハンサムが抜け落ちたのでしょう。

女子のみなさんは、中国の人とお話してる時に呂布が好きだと言ったら

メンクイだと勘違いされるので気をつけて下さいね!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?

関連記事:呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  2. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  3. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  4. 三国志時代の牢獄 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る
  5. キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  6. 野望が膨らむ鍾会 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう
  7. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  8. 亡くなる周瑜 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 蒋琬と姜維と王平

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  2. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 王平は四龍将
  3. もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】 周瑜と陸遜
  4. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 曹仁
  5. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  6. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!

三國志雑学

  1. 劉邦と劉備
    劉備と劉邦

  2. 泣く子も張遼
  3. 二刀流の劉備
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 二刀流の劉備
  2. 廃仏毀釈
  3. 孟嘗君
  4. 苦肉の策(笑)
  5. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲

おすすめ記事

「サムライ」が今熱い!E3 2018で話題の侍アクションゲームを紹介! 魏の文官・李孚(りふ) 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 曹休の墓はどうやって発見されたの?DNA鑑定が出来なかった理由は? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】あなたと旅する三国志 北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか? 邪馬台国と魏の兵士 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP