はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

この記事の所要時間: 327

 

 

西暦222年夏、蜀(しょく)の初代皇帝劉備(りゅうび)は呉(ご)への親征に失敗し、

軍勢の大半を失いながら白帝城(はくていじょう)に退却しました。

白帝城は長江(ちょうこう)の川幅が狭まる難所である三峡(さんきょう)の一つ、

瞿塘峡(くとうきょう)の傍にあります。私ことよかミカン、長江三峡クルーズで

白帝城を拝んできましたので、どういう場所だったかご紹介しちゃいます!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期

関連記事:116話:劉備、失意の中白帝城に没す!

 

 

長江三峡クルーズの概要

 

「長江三峡下り」というフレーズが有名ですが、私は上りの船に乗りまして、出発点は

三国志でいえば荊州(けいしゅう)にあたる、湖北省の宜昌(ぎしょう)でした。

昼まで長沙(ちょうさ)で遊んでから列車で宜昌に向かい、着いたのが夜中の一時過ぎ、

船には一時半頃に乗り込みました。ここから四泊五日の船旅で、四川盆地の入口に

あたる重慶(じゅうけい)まで行きます。途中、西陵峡(せいりょうきょう)、巫峡(ふきょう)、

瞿塘峡(くとうきょう)の三峡を通り景観を楽しみ歴史に思いを馳せたりするという概要です。

 

北伐の真実に迫る

 

 

快適な船の旅

 

五日も続く船の旅、快適じゃないと観光客が来るわけないので船も小綺麗なものでした。

中国の三つ星ホテル(五段階評価)くらいの快適さです。それを快適だと思うかどうかは

個人差があるかと思いますが、清潔感は日本のビジネスホテルくらい、船のスタッフの

方々の笑顔とおもてなしは飛行機の国際線の客室乗務員をもうちょっと素朴で親しみ

やすくしたような感じで、まごころ溢れており、嫌な感じの人は一人もいなかったです。

 

内装は明るくてかわいらしく、くつろげました。食事は船内のレストランで中華を中心

としたコースかビュッフェで、中国の街のレストランのおいしいほうと同じくらいのものを

食べさせてもらえました。夜には船のスタッフの方々が民族舞踊を披露してくれたり、

ゲーム大会を催してくれました。本やオセロもあり、退屈しないようになっています。

 

私は船内を探検したり、自室の窓から水面を眺めたり、甲板で長江の雄大な景観を

眺めたりしていたら退屈する暇なかったです。

 

三峡の景観

(画:長江 wikipedia)

 

景観はガイドブックとかにいくらでも写真が載っているのですが、安全な部屋の中で

切り取られた景色を眺めているのと、現地に突入するのとでは感覚が全く違います。

雄大な眺めというよりは、ものを眺めているという主観的な感覚までがあやしくなってくる

ほどの圧倒的な大自然ですね。

 

中国の人の強烈な個人主義の源は、ああいう人間世界なんかと無関係な次元の

巨大にして広大な自然環境かもしれないな、なんて思いました。

自分をしっかり持っておかないと人間なんか砂粒同然になるほどの規模。

川はどこまでも続いていて、山もいつまでも迫ってくるんですよ。

延々と何日もかけて航行するのに、いつまで経っても山と川です。

 

中国の神話時代の帝王が自然を克服することによって王となっていったのも肯けます。

原始の中国人にとっては自然は友達じゃなくて征服すべき脅威だったんですよ、きっと。

川の流れがちびっと変わっただけで大変な災害になりますからね。

人類のちっぽけさを感じさせてくれる長江の大スペクタクル。

ほんとにちっぽけなところにしがみついて生きているんですよ、我々は。

 

白帝城の手前の様子

 

川幅が狭く、水流が強く川底の形状も複雑な難所です。経験豊富な船頭さんがいないと

すぐ座礁するそうです。川の横のほぼ垂直な崖に桟道が作ってあります。

現代のように燃料を燃やしてスクリューを回して推進力を付けるような船じゃなかった頃は、

船が上流へ向かうのには船乗りが漕ぐ力だけでは足りず、桟道に人が出てロープで船を

引っ張って進んでいたそうです。この桟道は20世紀半ばまで使われていたそうです。

 

私の乗った船は人力じゃないので、エンジンをブルルーンと言わせて頑張って

いましたが、ずーっとブルルーン、ブルルーン、と言っているのに、半日ぐらい

ほとんど風景が変わりませんでした。進むのがよほど大変な難所なんですね。

これ、三国志の時代だったら、いったん長江を下ったら退却は至難ですよ。

劉備の呉への遠征に蜀の重臣たちが慎重だった理由が分ります。

 

ようやく着いた白帝城

 

ブルルーン、ブルルーン、と難所にアタックすること数時間。もう永遠に進まないんじゃ

ないかと心細くなり始めたところで、ようやくゆるゆると進み始めました。

前方の水面は変な形に波打っていて、よほど無理して流れている水の上を無理して通っているんだ

なという感じです。少し川幅が広くなって、ほっと人心地ついたところで忽然と見えて

くるんですね、白帝城が。川沿いの断崖の上にありました。

 

ダムによって今では島のようになっていますが、昔は陸とつながっていました。

崖の上の白帝城。水路でも陸路でも、呉方面からあそこへ行くのは至難です。

四川方向には川幅が広くなっていて、まさに四川の入口という感じ。

劉備が呉軍に追われて必死こいて逃げてきて、白帝城に入ってようやく人心地

ついたであろうことが容易に想像できました。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

個人的に、三峡クルーズはとても楽しかったです。

ドイツ人の団体さんの貸し切り状態の船に、

友達と私だけ無理矢理混ぜてもらったような感じで、

ドイツ語しか話せないファミリーと一緒にご飯を食べましたけど、

なぜだか和気藹々(わきあいあい)でしたよ。

 

ドイツの方は気軽に裸になることで有名なのだそうですが、三峡クルーズでも

甲板で水着に着替えて日光浴してました。

クルーズの途中に、神農渓(しんのうけい)という名所を小舟で巡るミニツアーがあり、

バイキングもかくやと思われるような操船術を持つおじさんたちが渓流を手こぎ船で

案内してくれたのですが、水に濡れるので昔はふんどし一丁でやっていたそうです。

 

一緒に旅行をしていた友達は、昔のふんどし姿の写真が載った絵葉書が売られて

いるのを発見して「ウホッ、はだか祭り!」と喜んで買っていましたっけ。懐かしい。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る…
  2. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  3. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…
  4. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  5. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  6. 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  7. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  8. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場
  2. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  3. 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  4. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  5. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  6. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの? 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物 若かりし曹操は熱血漢 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

おすすめ記事

  1. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  2. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  3. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  5. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは?
  6. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  7. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?
  8. 徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP