広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3

この記事の所要時間: 218




気球 三国志

 

へなちょこ旅行記第3段。

前回の黄河に続き、今回は中国第一の長さを誇る川、長江です。

 

これは、中国旅行に興味はあるけれど、勇気が出ないというあなたを

こんなへなちょこの私でも行けちゃったという体験を

恥ずかしげもなく披露することで、

どんと背中を押しましょうという企画です。




赤壁の戦い

赤壁の戦い

 

西暦208年、長江北岸に陣取った20万の曹操と、

南岸の数万の孫権・劉備同盟軍が赤壁の地で激突しました。

 

周瑜がしかけた火計が成功し、曹操軍の軍船を焼き尽くし、曹操軍は大敗します。

曹操の天下統一の夢はここに破れ、以後、三国鼎立の時代が始まるのです。




赤壁の行き方

赤壁 上海

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

長江と言えば……三国志ファンにとってはやはり、赤壁ですね。

しかし、湖北省赤壁市にはどうやって行くかというと

いろんな方法はありますが、ざっくり言ってみれば、

上海から5時間くらい新幹線に乗って武漢(ぶかん)に行き、

武漢から片道5時間くらい車で走る感じです。

 

ひとりで行ける気がしません……。

すみません、へなちょこなので、断念しました。

 

 

それでも簡単、長江観光

1024px-Shanghai_the_bund_from_Jin_Mao

(写真データが紛失している為、wikipeia:黄浦江の写真を引用しています)

 

そこで、一番楽に長江を見られる方法を考えました。

それは、上海のバンド地区から出ている、

「黄浦江(こうほこう)下り」の船に乗ればよいのです!

 

大型の観光船のチケットを購入し、船に乗って2~3時間

揺られていれば、黄浦江と長江が合流する地点まで

行ってくれるというツアーがあるのです。

 

 

観光船の料金は客室によって違った

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

観光船は、客室によってチケット料金が異なっていました。

私は重ねて言いますがヘタレなので、

治安とかいろいろ考えてしまって、二等客船のチケット(二番目にいい客室)を買いました。

 

 

そこは広めの部屋で、座席もそれなりに高級そうな赤い布張りのソファーでした。

うわー、こんな個室をひとりで使って申し訳ないなぁと

思っていたら、別に個室ではなく、

後から団体さんが同室にやってきました。

 

 

ひたすら景色を眺めてたけど

8709442e50a1579096f03c7c59f21aa2_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

初めの頃は、窓から景色を眺めて楽しんでいましたが、そのうち飽きてきます。

景色に横浜のシーバスに乗っているような観光感はなく、

川を下れば下るほど、なにもない野原が広がっています。

 

居合わせた団体さんから中国将棋に誘われたり、ポーカーに誘われたり、お菓子をもらったりします。

言葉があやふやでも、2、3時間も狭い部屋で一緒にいると、なんだか仲良くなります。

 

長江は果てしなく広い!

長江

(写真データが紛失している為、wikipeia:長江の写真を引用しています)

 

目的の長江にたどり着いた時には、とても感動しました。

というのは、長江、川幅が果てしなく広いのです。

対岸はまったく見えません。

間違えて海に出てしまったのかな?と思うほどです。

 

 

川を挟んでの決戦というと、日本では川中島合戦を思い出しますが

規模が違います。

長江は、こんなに果てしなく広い川だったのかと

目からうろこが落ちました。

 

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2

次回記事:東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  2. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇…
  4. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  6. 石川克世って、何者?
  7. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い
  8. 記録が乏しい孫堅の妻たち

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  2. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  3. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  4. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  5. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  6. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

おすすめ記事

  1. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  2. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  3. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  4. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  5. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  6. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  7. 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  8. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP