東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3




気球 三国志

 

へなちょこ旅行記第3段。

前回の黄河に続き、今回は中国第一の長さを誇る川、長江です。

 

これは、中国旅行に興味はあるけれど、勇気が出ないというあなたを

こんなへなちょこの私でも行けちゃったという体験を

恥ずかしげもなく披露することで、

どんと背中を押しましょうという企画です。




赤壁の戦い

赤壁の戦い

 

西暦208年、長江北岸に陣取った20万の曹操と、

南岸の数万の孫権・劉備同盟軍が赤壁の地で激突しました。

 

周瑜がしかけた火計が成功し、曹操軍の軍船を焼き尽くし、曹操軍は大敗します。

曹操の天下統一の夢はここに破れ、以後、三国鼎立の時代が始まるのです。




赤壁の行き方

赤壁 上海

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

長江と言えば……三国志ファンにとってはやはり、赤壁ですね。

しかし、湖北省赤壁市にはどうやって行くかというと

いろんな方法はありますが、ざっくり言ってみれば、

上海から5時間くらい新幹線に乗って武漢(ぶかん)に行き、

武漢から片道5時間くらい車で走る感じです。

 

ひとりで行ける気がしません……。

すみません、へなちょこなので、断念しました。

 

 

それでも簡単、長江観光

1024px-Shanghai_the_bund_from_Jin_Mao

(写真データが紛失している為、wikipeia:黄浦江の写真を引用しています)

 

そこで、一番楽に長江を見られる方法を考えました。

それは、上海のバンド地区から出ている、

「黄浦江(こうほこう)下り」の船に乗ればよいのです!

 

大型の観光船のチケットを購入し、船に乗って2~3時間

揺られていれば、黄浦江と長江が合流する地点まで

行ってくれるというツアーがあるのです。

 

 

観光船の料金は客室によって違った

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

観光船は、客室によってチケット料金が異なっていました。

私は重ねて言いますがヘタレなので、

治安とかいろいろ考えてしまって、二等客船のチケット(二番目にいい客室)を買いました。

 

 

そこは広めの部屋で、座席もそれなりに高級そうな赤い布張りのソファーでした。

うわー、こんな個室をひとりで使って申し訳ないなぁと

思っていたら、別に個室ではなく、

後から団体さんが同室にやってきました。

 

 

ひたすら景色を眺めてたけど

8709442e50a1579096f03c7c59f21aa2_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

初めの頃は、窓から景色を眺めて楽しんでいましたが、そのうち飽きてきます。

景色に横浜のシーバスに乗っているような観光感はなく、

川を下れば下るほど、なにもない野原が広がっています。

 

居合わせた団体さんから中国将棋に誘われたり、ポーカーに誘われたり、お菓子をもらったりします。

言葉があやふやでも、2、3時間も狭い部屋で一緒にいると、なんだか仲良くなります。

 

長江は果てしなく広い!

長江

(写真データが紛失している為、wikipeia:長江の写真を引用しています)

 

目的の長江にたどり着いた時には、とても感動しました。

というのは、長江、川幅が果てしなく広いのです。

対岸はまったく見えません。

間違えて海に出てしまったのかな?と思うほどです。

 

 

川を挟んでの決戦というと、日本では川中島合戦を思い出しますが

規模が違います。

長江は、こんなに果てしなく広い川だったのかと

目からうろこが落ちました。

 

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2

次回記事:東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 船酔いする曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

    孫権(そんけん)が降伏を拒否したと知った曹…

  2. 熱血曹操
  3. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    84話:龐統登場と同時に左遷(笑)

    劉備(りゅうび)が荊州を手中に収めた頃、…

  4. 曹操VSかく
  5. 徐庶の初陣

    デザイン担当:よりぶりん

    60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!

    劉備(りゅうび)は、徐庶(じょしょ)の才能…

  6. 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP