はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?

この記事の所要時間: 241

 

 

 

 世説新語は、昔の偉人達の奇抜な行いの記録が記されています。

そうしたものの中には、笑いや感心、妙な納得感を誘うような

機智に富んだ逸話も記されています。

今回は、世説新語文学篇より、経学者の鄭玄(じょうげん)と

その師、馬融(ばゆう)のエピソードをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

 

 

馬融と鄭玄

 

馬融(ばゆう)という学者がおりました。

彼は経学者の中でも卓越した部類に属しており、

彼の養成した弟子は後に千人にも及ぶと言われています。

 

ちなみにここでいうところの学問とは、天文・占い・予言・算術等のことを指します。

鄭玄(じょうげん)、あざなは康成(こうせい)は、馬融(ばゆう)の門下生の一人で、

彼の元で経学の研究に励んでいました。

 

しかし、三年間馬融(ばゆう)と対面することもなく、

講義はもっぱら兄弟子達から伝授されるもののみでした。

 

【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

 

 

天球儀の計算問題

 

ある時、天球儀の計算が合わなくなったことがありました。

馬融(ばゆう)とその弟子の中では分かる者は誰もおりませんでした。

その時にある者がこう言いました。

「鄭玄(じょうげん)ならばこの問題を解くことができるでしょう。」

それを聞いた馬融(ばゆう)は、彼を召し出し計算させました。

すると鄭玄(じょうげん)は一回転させただけですぐに問題を解決してしまいました。

これには一同驚くとともに、彼に敬意を払いました。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

鄭玄の卒業

 

その後、鄭玄(じょうげん)は学業を完成し、別れを告げて帰郷しました。

馬融(ばゆう)は、学問が鄭玄(じょうげん)とともに自身の元を去るように感じました。

そして、彼がその学問で名声を独占し、大成することが妬ましく感じられました。

遂には、馬融(ばゆう)は刺客を引き連れ、彼を追いかけて抹殺しようと企みます。

馬融(ばゆう)は占術に通じていたため、彼の居所を占い刺客とともに向かいました。

いかなる場所に逃げようと、馬融(ばゆう)は占術で察知し追いかけることができます。

 

鄭玄の機智

 

鄭玄(じょうげん)もそのことを察知して、逃れる術を考えていました。

相手は自身の師、馬融(ばゆう)、あらゆる学問に通じている彼ならば、

自身の居場所などたちまち占ってしまうでしょう。

どこに逃げても追いかけられてしまいます。

 

鄭玄(じょうげん)は、流れる川に架けられた橋に辿り着きました。

彼は、橋の下に降りると橋ゲタに腰をかけ川に浸かりました。

 

果たして、彼の運命は・・・

 

一方で、馬融(ばゆう)はまた鄭玄(じょうげん)の行方を占っていました。

馬融(ばゆう)は式(占い用の道具、ルーレットのようなモノ)を回転させ

鄭玄(じょうげん)の行方を占いました。そしてその結果を見て、刺客達に伝えました。

 

馬融(ばゆう)「鄭玄(じょうげん)は土の下、水の上にいて、木に拠っている。

彼はすでに死んでいるのではないか。」

なるほど、確かに橋の下で川に浸かっている鄭玄(じょうげん)は、

大地よりも下、水よりも上にいて、木(橋)に囲われています。

 

占いで見通しただけの馬融(ばゆう)には、

地中の中で地下水脈よりも上の位置にある木製の棺の中で

鄭玄(じょうげん)が亡くなっている姿が見えたことでしょう。

こうして馬融(ばゆう)は追跡を止め、鄭玄(じょうげん)は命拾いしました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

少し馬融(ばゆう)のフォローをさせて頂きます。

このエピソードでは、馬融(ばゆう)は嫉妬深い、執念深い悪漢の様に描かれています。

自身はろくに弟子の面倒を見ずに、いざ自信が困ると弟子に頼って解決してもらう、

そしてその弟子が自身の手を去ろうものならば殺してしまう、という中々の悪役です。

実際には、馬融(ばゆう)は仁徳を重んじるような人物であり、

前述したように多くの弟子を抱えている人望を集めることのできる人物でした。

 

そのような人物が嫉妬するようなことはなく、

まして追っ手を仕掛けてまで害しようと等はしないでしょう。

そのため、この話は作り話ではないかとされています。

とはいえ、中々面白いお話ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集

関連記事:世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  2. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  3. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  4. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  5. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  6. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  7. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  8. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  2. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  3. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  4. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  5. 高杉晋作の死因は感染症結核だった!
  6. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの? 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬謖を追加しました 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る

おすすめ記事

  1. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?
  2. 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  4. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  5. 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す
  6. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  7. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  8. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP