ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?

 

 

 

 世説新語は、昔の偉人達の奇抜な行いの記録が記されています。

そうしたものの中には、笑いや感心、妙な納得感を誘うような

機智に富んだ逸話も記されています。

今回は、世説新語文学篇より、経学者の鄭玄(じょうげん)と

その師、馬融(ばゆう)のエピソードをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

 

 

馬融と鄭玄

 

馬融(ばゆう)という学者がおりました。

彼は経学者の中でも卓越した部類に属しており、

彼の養成した弟子は後に千人にも及ぶと言われています。

 

ちなみにここでいうところの学問とは、天文・占い・予言・算術等のことを指します。

鄭玄(じょうげん)、あざなは康成(こうせい)は、馬融(ばゆう)の門下生の一人で、

彼の元で経学の研究に励んでいました。

 

しかし、三年間馬融(ばゆう)と対面することもなく、

講義はもっぱら兄弟子達から伝授されるもののみでした。

 

【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

 

 

天球儀の計算問題

 

ある時、天球儀の計算が合わなくなったことがありました。

馬融(ばゆう)とその弟子の中では分かる者は誰もおりませんでした。

その時にある者がこう言いました。

「鄭玄(じょうげん)ならばこの問題を解くことができるでしょう。」

それを聞いた馬融(ばゆう)は、彼を召し出し計算させました。

すると鄭玄(じょうげん)は一回転させただけですぐに問題を解決してしまいました。

これには一同驚くとともに、彼に敬意を払いました。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

鄭玄の卒業

 

その後、鄭玄(じょうげん)は学業を完成し、別れを告げて帰郷しました。

馬融(ばゆう)は、学問が鄭玄(じょうげん)とともに自身の元を去るように感じました。

そして、彼がその学問で名声を独占し、大成することが妬ましく感じられました。

遂には、馬融(ばゆう)は刺客を引き連れ、彼を追いかけて抹殺しようと企みます。

馬融(ばゆう)は占術に通じていたため、彼の居所を占い刺客とともに向かいました。

いかなる場所に逃げようと、馬融(ばゆう)は占術で察知し追いかけることができます。

 

鄭玄の機智

 

鄭玄(じょうげん)もそのことを察知して、逃れる術を考えていました。

相手は自身の師、馬融(ばゆう)、あらゆる学問に通じている彼ならば、

自身の居場所などたちまち占ってしまうでしょう。

どこに逃げても追いかけられてしまいます。

 

鄭玄(じょうげん)は、流れる川に架けられた橋に辿り着きました。

彼は、橋の下に降りると橋ゲタに腰をかけ川に浸かりました。

 

果たして、彼の運命は・・・

 

一方で、馬融(ばゆう)はまた鄭玄(じょうげん)の行方を占っていました。

馬融(ばゆう)は式(占い用の道具、ルーレットのようなモノ)を回転させ

鄭玄(じょうげん)の行方を占いました。そしてその結果を見て、刺客達に伝えました。

 

馬融(ばゆう)「鄭玄(じょうげん)は土の下、水の上にいて、木に拠っている。

彼はすでに死んでいるのではないか。」

なるほど、確かに橋の下で川に浸かっている鄭玄(じょうげん)は、

大地よりも下、水よりも上にいて、木(橋)に囲われています。

 

占いで見通しただけの馬融(ばゆう)には、

地中の中で地下水脈よりも上の位置にある木製の棺の中で

鄭玄(じょうげん)が亡くなっている姿が見えたことでしょう。

こうして馬融(ばゆう)は追跡を止め、鄭玄(じょうげん)は命拾いしました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

少し馬融(ばゆう)のフォローをさせて頂きます。

このエピソードでは、馬融(ばゆう)は嫉妬深い、執念深い悪漢の様に描かれています。

自身はろくに弟子の面倒を見ずに、いざ自信が困ると弟子に頼って解決してもらう、

そしてその弟子が自身の手を去ろうものならば殺してしまう、という中々の悪役です。

実際には、馬融(ばゆう)は仁徳を重んじるような人物であり、

前述したように多くの弟子を抱えている人望を集めることのできる人物でした。

 

そのような人物が嫉妬するようなことはなく、

まして追っ手を仕掛けてまで害しようと等はしないでしょう。

そのため、この話は作り話ではないかとされています。

とはいえ、中々面白いお話ですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集

関連記事:世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?
  2. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  3. 呂布に暗殺される董卓 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  4. 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??
  5. 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  6. 荀彧と曹操 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  7. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  8. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶をゲットする曹操
  2. 石川克世
  3. 楽進
  4. 結婚を喜ぶ孫策
  5. スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん

おすすめ記事

  1. キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー キングダム52巻
  2. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 はじめての三国志 画像準備中
  3. 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  4. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 張良と始皇帝
  6. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん

三國志雑学

  1. 最弱武将と対峙する張飛
  2. 遅れて来た孫権 英雄
  3. 幕末 魏呉蜀 書物


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅
  2. 蒟蒻問答 孔明と張飛
  3. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  4. 武田信玄
  5. お酒 三国志 曹操
  6. 凌統
  7. 宋銭 お金と紙幣

おすすめ記事

苛ついている曹操 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 魏延 魏延が街亭を守っていれば北伐戦は成功したかも! 不満が溜まる魏延 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた! 袁術 伝説 ゆるキャラ 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? キングダム54巻amazon キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP