【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?




劉備 曹操

 

誰でも義務教育を卒業する日本と違い、今から1800年前、

後漢の時代には、教育を受けられるというのは、出世に直結する特権でした。

その為に、教育の仕組みも、教室の雰囲気も、今とはだいぶ違うものだったようです。

今回は、後漢の時代の私塾の雰囲気を紹介しましょう。




師はめちゃめちゃ偉かった!

三国志大学

 

後漢の時代の教育制度には、現在の国立大学にあたる、太学(たいがく)、

郡国学のような政府が設置した国立、公立の学校もありましたが、

一方では私塾も大流行でした。

 

大体、私塾を開くような師は、元々、高名な儒者で中央政界との

太いパイプを持っているような事も多かったからです。

 

そんな師に学んで、見所があると思われれば、個人的に、

推挙されて、エリートコースに乗れるかも知れません。

三国志に登場する盧稙(ろしょく)も、そんな私塾を開いた人でしたが、

人気爆発で、千人以上も弟子がいたようです。

その中には、劉備(りゅうび)公孫瓚(こうそんさん)がいたのは

周知の通りです。

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2




師に入門するにも、先立つ物が必要

劉備玄徳 三国志と肉

もちろん、私塾に通うにも、無料というわけにはいきません。

束脩(そくしゅう)の礼と言い、一定の金銭を支払う必要がありました。

元々、束脩は干し肉の束を意味していましたが、

時代が移ると、内容は贈物に変化していきます。

 

それなら、大金を包めば、特別扱いされそうなものですが、

儒学者は建て前上、金銭を卑しむので、露骨にそういう事をするのは、

逆効果になる可能性もありました。

 

私塾は、広く学問を教える為に儒者が開くので、

原則、束脩の礼を済ませば誰でも入門できたのですが、

あまりに入門者が多かったり、入門者の素行が悪いと、

師の都合で入門を拒否されるケースもありました。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

 

ガッカリ・・入門しても、師には教えてもらえない?

劉備 黒歴史

 

さて、晴れて私塾に入門した、これからは、師の授業を受けられる

と張り切っても、そうは問屋が卸しません。

そもそも、人気がある師の所には、数百、場合によっては

千名を超える入門者がいるわけです。

巨大な講堂があるわけではあるまいし、師がそれだけの入門者に

直接、学問を教えるような事はありませんでした。

 

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

 

入門者にもランクがある、弟子、門生

荀彧 はじめての三国志

 

では、私塾に入った入門者は、最初は誰に教わるのか?

と言うと、それは師の弟子にあたる人に教わるという事になります。

入門したばかりの門生では、師が教える学堂に入る事も出来ず、

師から教えを受けた弟子に、これを習うという事になるのです。

 

弟子というのは、師から、特別に目を掛けられた優等生であり、

時には、師の代わりに授業を行う事もありました。

日本でも江戸時代には、塾頭(じゅくとう)と言って、

弟子の中でも特に優秀な人物が、師に代わり塾内の風紀を取り締まったり、

授業をしたりというような事がありましたが、それに似ています。

 

折角入門しても、師に親しく接するには、弟子という立場に

なるしかないという事で、人気の私塾に入ってコネを掴むのも

中々大変だったようです。

 

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

師の前には、御簾(みす)が掛かり、質問は許可されないと出来ない

朝まで三国志 劉備

 

そんな風に、めちゃエラい師ですから、もちろん授業でも、

学堂の中の一段高い場所に座り、直接姿が見えないように、

四方は、御簾で囲まれていました。

 

当時の授業は素読と言い、黒板など使わず、師の後に続いて

古典の文章を読み上げるモノや、或いは、師が文章を読み上げるのを

ひたすら黙って聴くというスタイルで、途中で質問など、一切許されません。

 

一通りの素読が終わった上で、はじめて質問が許されますが、

膝を突き合わせての親切な指導など、どこにもありません。

師に教えてもらう以外に、自分でも予習、複習をしないと、

授業についてゆくのは、難しかったでしょう。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 司馬徽と劉表
  2. 袁紹モグラ作戦
  3. 孫権と張昭
  4. 蜀の魏延
  5. 魯粛、孫権、張昭
  6. 孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP