三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

三国志大学
この記事の所要時間: 529




劉備 曹操

 

誰でも義務教育を卒業する日本と違い、今から1800年前、

後漢の時代には、教育を受けられるというのは、出世に直結する特権でした。

その為に、教育の仕組みも、教室の雰囲気も、今とはだいぶ違うものだったようです。

今回は、後漢の時代の私塾の雰囲気を紹介しましょう。




師はめちゃめちゃ偉かった!

三国志大学

 

後漢の時代の教育制度には、現在の国立大学にあたる、太学(たいがく)、

郡国学のような政府が設置した国立、公立の学校もありましたが、

一方では私塾も大流行でした。

 

大体、私塾を開くような師は、元々、高名な儒者で中央政界との

太いパイプを持っているような事も多かったからです。

 

そんな師に学んで、見所があると思われれば、個人的に、

推挙されて、エリートコースに乗れるかも知れません。

三国志に登場する盧稙(ろしょく)も、そんな私塾を開いた人でしたが、

人気爆発で、千人以上も弟子がいたようです。

その中には、劉備(りゅうび)公孫瓚(こうそんさん)がいたのは

周知の通りです。

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2




師に入門するにも、先立つ物が必要

劉備玄徳 三国志と肉

もちろん、私塾に通うにも、無料というわけにはいきません。

束脩(そくしゅう)の礼と言い、一定の金銭を支払う必要がありました。

元々、束脩は干し肉の束を意味していましたが、

時代が移ると、内容は贈物に変化していきます。

 

それなら、大金を包めば、特別扱いされそうなものですが、

儒学者は建て前上、金銭を卑しむので、露骨にそういう事をするのは、

逆効果になる可能性もありました。

 

私塾は、広く学問を教える為に儒者が開くので、

原則、束脩の礼を済ませば誰でも入門できたのですが、

あまりに入門者が多かったり、入門者の素行が悪いと、

師の都合で入門を拒否されるケースもありました。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

 

ガッカリ・・入門しても、師には教えてもらえない?

劉備 黒歴史

 

さて、晴れて私塾に入門した、これからは、師の授業を受けられる

と張り切っても、そうは問屋が卸しません。

そもそも、人気がある師の所には、数百、場合によっては

千名を超える入門者がいるわけです。

巨大な講堂があるわけではあるまいし、師がそれだけの入門者に

直接、学問を教えるような事はありませんでした。

 

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

 

入門者にもランクがある、弟子、門生

荀彧 はじめての三国志

 

では、私塾に入った入門者は、最初は誰に教わるのか?

と言うと、それは師の弟子にあたる人に教わるという事になります。

入門したばかりの門生では、師が教える学堂に入る事も出来ず、

師から教えを受けた弟子に、これを習うという事になるのです。

 

弟子というのは、師から、特別に目を掛けられた優等生であり、

時には、師の代わりに授業を行う事もありました。

日本でも江戸時代には、塾頭(じゅくとう)と言って、

弟子の中でも特に優秀な人物が、師に代わり塾内の風紀を取り締まったり、

授業をしたりというような事がありましたが、それに似ています。

 

折角入門しても、師に親しく接するには、弟子という立場に

なるしかないという事で、人気の私塾に入ってコネを掴むのも

中々大変だったようです。

 

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

師の前には、御簾(みす)が掛かり、質問は許可されないと出来ない

朝まで三国志 劉備

 

そんな風に、めちゃエラい師ですから、もちろん授業でも、

学堂の中の一段高い場所に座り、直接姿が見えないように、

四方は、御簾で囲まれていました。

 

当時の授業は素読と言い、黒板など使わず、師の後に続いて

古典の文章を読み上げるモノや、或いは、師が文章を読み上げるのを

ひたすら黙って聴くというスタイルで、途中で質問など、一切許されません。

 

一通りの素読が終わった上で、はじめて質問が許されますが、

膝を突き合わせての親切な指導など、どこにもありません。

師に教えてもらう以外に、自分でも予習、複習をしないと、

授業についてゆくのは、難しかったでしょう。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  2. 孫権日本 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  3. キングダムと三国志 キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  4. 張良 これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  5. 朝まで三国志 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  6. 反董卓軍マニアック(雷銅 リョカ サマカ 周倉) 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍
  7. 張遼・楽進・李典 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  8. 劉邦 ヤンキー 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜の魅力02
  2. 華陀 麻沸散
  3. 孔融
  4. photo credit: Getting closer via photopin (license)
  5. 河了貂
  6. 孔明
  7. 黄忠 厳顔 張郃
  8. 民イラスト0009 kiki
  9. 姜維と孔明
  10. 陸遜

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 photo credit: Wisdom - Seeds of Light via photopin (license)
  2. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 政
  3. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? 文王 (周) wiki
  4. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い? 孫権日本
  5. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 曹操と劉備
  6. 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 沙摩柯

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  2. 袁紹VS袁術(犬猿)
  3. 赤兎馬 呂布
  4. 曹操と張松
  5. 孫堅の妻

ピックアップ記事

  1. 孔明 矢
  2. はじめての三国志・週間まとめ
  3. キングダム45
  4. 黄忠
  5. 曹操
  6. 曹植
  7. 于吉
  8. photo credit: Les Eaux Tremblantes via photopin (license)

おすすめ記事

馬謖 孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 司馬朗 曹操 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!! ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? ラストサムライ羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る 特鼻褌 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの? 董卓えらそう 独裁 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別 photo credit: High grain performance via photopin (license) 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 蒼天航路 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強

おすすめ記事

  1. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 張飛にお酒 だめだよ
  2. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 荀彧
  3. 謎多き登場人物、関索って何者? 関羽 関索
  4. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 劉邦と簫何
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】 週間まとめ
  6. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 典韋 悪来
  7. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ レキシズルバーSP「はじめての三国志」
  8. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる! 陸遜

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP