呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

袁家をイジメる董卓

 

 

 

三国志の中で一番暴虐の限りを尽くした董卓(とうたく)

董卓は大金持ちから金品をかっさらい、自分に楯突(たてつ)く人々を殺害したりととんでもない武将でした。

正史三国志を制作した陳寿(ちんじゅ)董卓の事をこのように評価しています。

陳寿曰く「董卓は残忍で暴虐非道(ぼうぎゃくひどう)であった。記録に残されている限りで

これだけ(ひど)いことをしたのは彼だけであろう」と述べています。

陳寿からこのような評価を受けた董卓ですが、彼のお墓は存在しているのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!

関連記事:董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ





董卓は死後どうなったの??

 

董卓は皇帝に会うために宮殿に到着したところを王允(おういん)の陰謀に加担していた、

呂布(りょふ)の一撃によって殺害されます。

長安は董卓が亡くなった事で恐怖政治から解放され、皇帝や民衆達は大いに喜んだそうです。

さて死体となった董卓は殺害後市場にさらされることになります。

 

董卓の遺体を見張っていた役人は夜寒かったのか、董卓のお腹のへそに火をつけられることに。

死体に火をつけるなんてとんでもない罰当たりな行為ですが、

董卓が今まで行ってきたことに比べれば対したことじゃないと考えていたのかもしれません。

 

董卓の遺体を見張っていた役人は董卓のへそに火を点け、

董卓のへそについた火は闇を照らし、数日間火を灯し続けたそうです。

このように極悪非道の董卓は市民や文官、将軍達の見せしめとなります。

 

 

董卓は三国時代にどこに葬られたの!?

 

董卓は市場に晒されてへそに火をつけられて放置プレイされ、

董卓の体はこのへその火のせいで灰になって残ったそうです。

その後董卓の元部下・李傕(りかく)郭汜(かくし)張済(ちょうさい)らが長安を奪い返し、

董卓を殺害した王允らを処刑。

彼らは董卓の灰を集めて柩に納め、董卓の本拠地だった()に埋葬したそうです。

 

董卓の(ひつぎ)を郿へ埋葬した時のエピソードをご紹介しましょう。

李傕達は董卓の柩を郿へ埋葬します。

しかし董卓の灰を集めた柩を土の中に入れて埋めた後、

ものすごい暴風と雨が吹き荒れ、せっかく埋めた董卓の柩を地上に押し出します。

 

董卓の元部下達はこのような事を何度か行いやっと柩を土の中に収めたそうです。

一人の人間を埋葬しようとしているのに中々埋葬できないなんて、

現代じゃ絶対にありえない事柄で、本当にあったか怪しいですが、

董卓が天にも恨まれていたことがこのエピソードでお分かりになるのではないのでしょうか。

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

董卓のお墓は存在するの!?

 

さて現代に董卓の墓は存在するのでしょうか。

中国に董卓のお墓はしっかりと残っていました。

董卓のお墓は河南(かなん)鞏義市(きょうぎし・)大峪溝鎮董陵(だいこくこう・ちんとうりょう)村にあります。

地元では董卓墓で通じるのだそうです。

 

ですがこの董卓墓に董卓の灰が収めてあるのかはわからないそうです。

また董卓のお墓には荒らされた形跡が残っているそうです。

董卓の墓の中には一体どれだけの金軍財宝が残っていたのでしょうか。

考えるだけでも相当な金額になり、董卓の墓を荒らした人物は

超大金持ちになったのではないのでしょうか。

 

董卓のお墓までどうやって行くの??

 

三国時代の暴虐非道の代名詞・董卓のお墓までどのようにしていけばいいのでしょうか。

まず成田空港から国際線の飛行機に乗り、中国の鄭州(ていしゅう)国際空港を目指します。

成田から鄭州国際空港まで約4時間半程で到着するそうです。

そして鄭州国際空港から董陵村までバスで約1時間半程で到着。

この董陵村にある鉄塔を登ると董卓のお墓に到着します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。今回は董卓のお墓をご紹介しました。

結構な長距離移動になりますので、暇つぶしのスマホアプリを

ダウンロードしておく事は必須でしょう。

しかしアプリばかりやっていると直ぐに許容データ使用量がなくなってしまうかもしれません。

そこでチャイナデータという中国専用のポケットWiFiルーターと

グーを活用すれば許容データを超えることなく暇つぶしのスマホアプリをすることができるでしょう。

皆様もこれを活用して董卓のお墓や中国各地にある三国志の遺跡を回ってみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

関連記事:これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  2. 酒を飲む曹操、劉備、孫権 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  3. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女…
  4. 藏覇(臧覇)と曹丕 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  5. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍してい…
  6. 郭嘉 郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる
  7. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  8. 孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 劉邦と張良と陳平
  3. 光武帝(劉秀)陰麗華
  4. 張角は歴史の表舞台に登場
  5. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3

おすすめ記事

  1. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 呉の孫堅
  2. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆 高杉晋作
  3. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 実は姜維は不本意な降伏をしていた?姜維を考察してみる 姜維
  5. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 はじめての三国志 画像準備中
  6. 第15話:袁術くん「セルフコンパッション」を魯粛から学ぶ 袁術を励ます魯粛

三國志雑学

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 華陀
  3. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  4. 玉璽 三国志


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 田畑政治 いだてん
  2. 周瑜逝く
  3. 劉備 食客
  4. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

曹丕 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る 三国志に出てくる海賊達 張伯路 中世ヨーロッパ版 三国志『ヴィンランド・サガ』が10倍面白くなる豆知識 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 最弱武将と対峙する張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった 関銀屏 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 部下をいじめる曹丕 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! ホウ徳、馬超 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP