キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画(しゅんじゅうせんごくじだいまんが)キングダム、舞台は再び朱海平原(しゅかいへいげん)に移ります。

すでに趙軍は秦軍に優越する兵糧を持ち、持久戦に突入、

ジリ貧の秦軍の右翼では、王賁(おうほん)が趙の4将、馬南慈(ばなんじ)堯雲(ぎょううん)岳嬰(がくえい)趙峩龍(ちょうがりゅう)

弱い順に毎日潰していく策を提案、最初のターゲットを岳嬰に絞ります。

この仕事は、玉鳳隊(ぎょくほうたい)飛信隊(ひしんたい)に任され、亜光(あこう)は残りの趙の三軍を引き受けました。

しかし、その頃、李牧は亜光軍の致命的な弱点を見つけ、必殺の策を

馬南慈に授けるのでした。

 

※この記事はキングダム556話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー

関連記事:【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!


キングダム556話ネタバレ&レビュー 復讐に燃える岳嬰

 

岳嬰は、飛信隊が自軍に向かってくるのを見て血を(たぎ)らせていました。

そう、岳嬰に取って、飛信隊は黒羊丘(こくようきゅう)で総大将慶舎(けいしゃ)を討たれた

憎悪すべき仇なのです。

 

一方の信は、幾分か楽勝モードがありました。

それは、4将で一番強いと思われる堯雲の猛攻を防ぎ切ったという

自信がさせる事ですが、軍師の河了貂(かりょうてん)がそこに釘を刺します。

 

「確かに岳嬰は4軍の中では狙い目だけど、

決して弱いわけじゃない、なめてかかるとやられるよ」

 

そうは言っても、体験しない限り悟れない信の事です。

どこまでわかった事やら・・


キングダム556話ネタバレ&レビュー 陽動作戦

 

独走する飛信隊に玉鳳隊が追いつきました。

どうやら、王賁から岳嬰を倒す秘策があるようです。

 

王賁「岳嬰は、黒羊丘で総大将慶舎を飛信隊に討たれた恨みがある

その飛信隊が前面に出てくれば弔い合戦になり全軍を挙げて

攻めかかってくるだろう」

 

「その機を見計らって玉鳳隊が迂回し、

岳嬰軍に横から突っ込んで首尾よく首を挙げる」

 

河了貂は単純すぎる作戦だとさり気なくケチをつけながら

頭に血が昇りやすい岳嬰なら有効かも知れないと賛成しました。

 

信は、完全な引き立て役になりますが、余裕がない中で

手柄首を狙っている場合でもなく、これを承諾します。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

キングダム556話ネタバレ&レビュー 信の覚醒

 

 

王賁の策に対して、躊躇(ちゅうちょ)する様子もなく

最も危険な位置を引き受けようとする信に番陽(ばんよう)が声を掛けます。

「簡単に承知したというが相手の強さを理解しているのか?」

と心配しているようです。

 

信はそれに対して笑い

「ジジイはてめえの心配でもしてろ」とからかいます。

 

番陽「あの小僧め、人が心配して言っているものを

どうなっても知らんぞ」

 

飛信隊から分かれて帰る途中、番陽は王賁に愚痴りました。

 

その時、王賁の中に蒙恬(もうてん)が言ったある言葉が甦ります。

 

蒙恬「どんな戦況だろうと自分勝手な景色を見てんだよ、大将軍は」

 

王賁「バカな、、有り得ぬ・・」

 

ライバル(と内心では認めている)信もまた、大将軍として覚醒する途中である事に

驚きとジェラシーを感じる青年、王賁くんでした。


キングダム556話ネタバレ&レビュー 王翦の守り

 

趙軍左翼、趙峩龍は秦軍の狙いが岳嬰である事に気が付いていました。

 

しかし、敢えて、それを阻止しようとは思いません。

何故なら、飛信隊と玉鳳隊が岳嬰に掛かり切りになるという事は

趙峩龍、堯雲、馬南慈が3軍で亜光の本隊を叩く事が可能になるからです。

 

「面白い、ならば望み通りにしてやろう」

 

趙峩龍は躊躇せずに軍を進めて亜光軍に突撃します。

もちろん、それに合わせて堯雲も馬南慈も突撃し、

亜光軍は一軍で3軍の猛攻撃を受ける事になりました。

 

しかし、その守りは鉄壁で三軍同時攻撃でさえ

第一防陣を抜く事さえ出来ません。

 

その様子を後方で見つめる玉鳳隊の面々は、

守りの堅さに驚きます。

 

その中で関常(かんじょう)は、長年王翦(おうせん)の第一将軍を務めた亜光は

王翦の戦術の幾つかをそのまま使えると語ります。

 

関常「亜光将軍の守りは総大将王翦の守りそのもの、、

あの防陣は、ただの力攻めでは崩せない」


  

 

キングダム556話ネタバレ&レビュー 李牧の秘策

 

亜光軍の強力な防陣を遠く離れた場所で李牧(りぼく)も見ていました。

 

李牧「亜光は大軍の総大将を十分に勤められる有能な将軍です

それ故に討ち取る事が出来れば、これは王翦軍に対する決定打になります」

 

その頃、馬南慈は李牧から授けられた馬南慈は、堯雲と趙峩龍に

伝令を送り込んでいました。

 

馬南慈「この馬南慈が亜光の守備を崩壊させる、突撃体制で待て!」

 

自信満々の馬南慈、李牧の秘策が必ず当たるという確信があるようです。

まさに、同じ頃、先鋒を務める飛信隊も岳嬰軍と激突しようとしていました。

「今こそ、慶舎の恨みを晴らせる!飛信隊をバラバラに引き裂け」

怒りが最高潮に達し、白目がちになる岳嬰、怖いんですけど

 

煽り:激しい憎悪と士気の只中に突撃する信は、いかなる戦い方を見せるのか

以下次号、5月10日を待て!!

 

 

キングダム557話ネタバレ予想

馬南慈の軍勢は、王賁と飛信隊に随分削られているので、

大した人数ではないと考えられます。

その程度の数で、亜光の鉄壁の防陣を崩せるのでしょうか?

納得行くような計略を思いつかないのですが、

 

しかし、計略が的中するようなら亜光は戦死するでしょう。

左翼の麻紘(まこう)に続いて右翼の亜光が死んで大丈夫なのか?

どうでしょう、しかし、事実、秦軍の左翼は麻紘将軍が死んでも

蒙恬の力で持ちこたえました。

 

凄く非情な話ですが、亜光が戦死する所まで王翦の策ではないかとも思えます。

では、そこからどうなるのか?

 

さあ、でも、大将軍程の器ではない麻紘と亜光の二人が死んで

大将軍の資質を持つ、蒙恬、信、王賁が完全覚醒するなら

そのメリットはデメリットを回収して余りあるでしょう。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

kawausoは亜光将軍が死ぬ事に一票です。

史記には、王翦が功績のない将兵を去らせ軍を再編成したとあり

亜光と麻紘が死んだのを契機に大胆な兵力の組みなおしが

起きるのではないかと考えています。

 

次回記事:【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

関連記事:【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  


 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. キングダム56巻
  4. 昌平君
  5. 剣を持ち戦う李牧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP