魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?

関羽



関羽

 

三国志のヒゲのナイスガイ関羽(かんう)が暗記するほど好んで読んでいたという春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)

呉を滅ぼしたメンバーの一人杜預(どよ)が“自分には左伝癖(さでんへき)がある”と言い、「春秋釈例(しゅんじゅうしゃくれい)」や

「春秋左氏経伝集解(しっかい)」といった注釈書まで書いてしまうほどはまりまくった春秋左氏伝。

そんなに面白い本なのでしょうか。

いったいどういう本で、どんなところがうけたのか、調べてみました!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

 

 

 

春秋左氏伝は『春秋』の注釈書

(画像:竹簡Wikipedia)

 

春秋左氏伝は、古代の魯の国の年代記『春秋』に左丘明(さきゅうめい)という人が

注釈をつけたといわれているものです。

左丘明が何者かはよく分かっておらず、その人が春秋左氏伝を書いたかどうかも謎ですが、

とにかく「左氏伝」という名前の注釈書があるということで……。

「伝」は「注釈(ちゅうしゃく)」という意味です。

 

 

『春秋』ってどんな本?

 

『春秋』は魯の国の年代記ですが、百聞は一見にしかずということで、

冒頭の部分の書き下し文を少し抜き出してみます。

 

隐公

元年春、王ノ正月。

三月、公、(ちゅ)儀父(ぎほ)(べつ)(めい)ス。

夏五月、鄭伯、段ニ(えん)()ツ。

秋七月、天王、宰咺(さいけん)ヲシテ来リテ惠公・仲子ノ(ぼう)(おく)ラシム。

九月、宋人(そうひと)宿(しゅく)ニ盟ス。

冬十有二月、祭伯、来ル。

公子益師(えきし)(しゅっ)ス。

 

何年何月とか、誰が何したとか、時系列に沿ってできごとが羅列されてるだけみたいですね。

固有名詞の説明もなく、なにがなんだかさっぱり分かりません。

なんじゃこりゃ! 読めないよ!!

『春秋』の記述の仕方は、大昔に亀の甲羅や動物の骨なんかに記されていた

甲骨文の記述のしかたと似ているそうです。

甲骨文って、神事のメモ書きみたいなやつですよね。どうりでチンプンカンプンなわけです。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

『春秋』の記述を解説してくれる「伝」

勉強している劉備と曹操

 

左氏伝では、『春秋』の「元年春、王ノ正月。三月、公、邾ノ儀父ト蔑ニ盟ス」という部分に対して

50文字以上も注釈がついています。その和訳は下記の通り。

 

元年春、「王の」とあるのは、周暦の正月を示す。

即位のことが『春秋』経文に記されていないのは、隠公が摂政だったからである。

三月、「公、(ちゅ)儀父(ぎほ)(べつ)(めい)ス」とあるのは、邾子克(ちゅうしこく)のことである。

周王からまだ策命を受けていないので、(邾子と)爵名では記さない。

「儀父」と〔字(あざな)で〕記したのは、これを尊重したのである。

隠公は摂政として立ち、隣国の邾に友好関係を求めた。そこで(べつ)の盟を行なったのである。

 

『春秋』の簡潔すぎる記述について、背景を説明してくれています。

なるほど、隠公という人が摂政として魯の政治を執り行うことになったので、

お隣の邾という国の克さんって人と蔑という場所でミーティングを行ったんですね。

「伝」のおかげで、事態がちょっぴり理解できました。「伝」、便利です!

 

デンデンデデンデン! いくつもある「伝」

太鼓持ちをしている曹操

 

『春秋』の注釈書は古今たくさん書かれています。

代表的なものは「左氏伝」「公羊(くよう)伝」「穀梁(こくりょう)伝」です。あわせて「春秋三伝」と称されています。

「穀梁伝」は「公羊伝」の影響を受けていると言われていたり主張が半端だったりするらしく

なんとなく影が薄いのですが、「左氏伝」と「公羊伝」はメジャーです。

「左氏伝」は歴史上の出来事をガッツリ書いてくれていて叙事詩みたいな雰囲気です。

「公羊伝」は一問一答形式で文言の解釈をしてくれているもので、

読んでいると、なんとなく六法全書の解釈のお勉強とかをしているような気分になります。

 

「左氏伝」のどこがよかったのか

 

関羽杜預もはまった「左氏伝」。「公羊伝」と比べてどこがよかったのでしょうか。

 

1.読み物として面白い

歴史上の事件を中心に理解を進められますから楽しみながら『春秋』の批判精神を

読み解くことができます(『春秋』は淡々と歴史を記しているようでありながら、

微妙な言葉遣いの違いによって「これは正しい振る舞い」「これはひどいふるまい」という

儒教的ジャッジを下している書物だということになっています)。

 

2.具体的かつ実践的である

出来事を中心とした記述ということで、ケーススタディのように、

具体的シチュエーションに対する行動規範として理解しやすく、実践的なのもいいところです。

法律関係のお勉強に例えれば、「公羊伝」は文言や理念の解説書のような雰囲気であって、

「左氏伝」は判例集みたいな感じです。

 

3.合理的である

「公羊伝」は漢の時代に君主権力強化に使われた歴史があり、

人が悪いことをすると天災が起こるというような神秘的な思想とも結びついていました。

これに対し、「左氏伝」は合理的な解釈をされていたため、合理主義でゴリゴリと

政治を実践していきたい三国時代の心ある士人のニーズに合致していました。

こんな理由から、三国時代には春秋左氏伝が流行ったんですね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

『春秋』は本文が意味不明なほど簡潔すぎることから、いろいろな注釈をつけられて、

その時代時代で都合のいい解釈をされて利用されてきました。

 

杜預は春秋左氏伝マニアでしたが、賢い彼は『春秋』の解釈を通して時の権力者に

迎合するようなこともしていました(“『春秋』のこの部分はこういう意味ですから

殿のなさっている事は義にかなっております”的な)。

 

一方、関羽はどうだったでしょうか。関羽は武人だったので、純粋に歴史に思いを馳せながら

義を学ぶことが好きだったのではないでしょうか。

歴史物語として楽しむもよし、いじくりまわして政治の道具にするもよし。

「春秋左氏伝」、なかなか使える書物だったようです!

 

参考文献:

『春秋左氏伝(上)』 小倉芳彦 訳 岩波文庫 1988年11月16日(書き下し文・和訳引用元)

儒教と中国「二千年の正統思想」の起源』 渡邊義浩 著 講談社 2010年10月10日

『中国詩文選3 書経 春秋』 清水茂 著 筑摩書房 1978年3月15日

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家

関連記事:規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  2. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  3. 呂布に殺害される丁原(ていげん) 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?
  4. 陸遜 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好き…
  5. 関羽 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?
  6. 馬超と韓遂 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  7. 于禁 于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う?
  8. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 斎藤道三
  3. 劉備を警戒する王粲
  4. キングダム53巻
  5. 道具を輸送する民人
  6. 榎本武揚
  7. 魯粛

おすすめ記事

  1. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ! 曹丕
  2. 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 馬に乗って戦う若き織田信長
  3. 明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる 明智光秀 麒麟がくる
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 孟嘗君
  5. 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 土いじりをする劉備
  6. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ 織田信長

三國志雑学

  1. 出世した韓遂
  2. 羅貫中
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国と魏の兵士
  2. おんな城主 直虎
  3. キレる織田信長
  4. 司馬懿と曹爽
  5. 李姫

おすすめ記事

え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった? 過労死する諸葛孔明 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法 織田信長 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった! 張燕 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 袁術 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの? 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした! 北条氏康 【後北条氏の特徴】領民の命と財産を守った北条一族

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP