【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

飛信隊の信

 

前回560話で岳嬰(がくえい)を一刀両断にしてしまった飛信隊(ひしんたい)(しん)

朱海平原の戦いの前哨戦で麻紘(まこう)李牧(りぼく)のワープ戦術で殺されてから、

半年ぶり以上の主要キャラの戦死です。

蒙恬(もうてん)にせよ、王賁(おうほん)にせよ、戦局を変化させる手柄を立てましたが、

趙の主要な将軍の岳嬰(がくえい)を信が斬ったのは大きなインパクトでしょう。

では、そんな信の強さはホンモノなのでしょうか?

ちょっと検証してみましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想

 


序盤から噛ませ犬臭がプンプンだった岳嬰なので信に斬殺されても

「お疲れ~」で単に役割が終わったと取られがちですが、

よく考えてみれば列尾(れつび)の戦いでは、王騎(おうき)の矛に振り回されていた信が、

矛のスピードで岳嬰を上回ったのですから、これは驚異的です。

一体、いつのまに信はレベルアップしたのでしょうか?


キングダム561話ネタバレ予想 堯雲との半日の死闘がポイント

太史慈と孫策の一騎打ち

 

信はいつレベルアップしたのか?

漫画では大幅にカットされていましたが、それは堯雲(ぎょううん)との死闘でしょう。

これは、堯雲が亜光(あこう)本隊、玉鳳隊(ぎょくほうたい)、飛信隊の中で新米の兵が多い飛信隊に狙いをつけ

まっすぐに飛信隊の本陣を突こうとして起きた事ですが、

序盤は圧倒された堯雲の武に対して、信は後半で追いつきました。

敗北した飛信隊の信

 

ここには、王騎の矛が泣いている的な堯雲の挑発もありましたが、

長時間、堯雲の武にさらされた結果としてメキメキと信の技量が上がったと

考えられるのではないでしょうか?

 

べたな話ですが、死ぬ寸前になって蘇生すると強さがアップする

サイヤ人体質を信も持っていると考えられます。

 

何も説明はされないですが、現在の趙将で最大の武を持つ堯雲と、

半日打ち合いをした時点で、信の武力は王憤、蒙恬を抜いて、

現在の朱海平原で戦っている秦の将では最強と言えるでしょう。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

キングダム561話ネタバレ予想 蒙恬、王賁、信の強さランキング

王賁

 

秦の次世代を担う信、蒙恬(もうてん)、王賁の3名の強さランキングは、

岳嬰を瞬殺した信が最強、次に龍巣で堯雲を落馬寸前まで追い詰めた王賁

最後が特に、一騎打ちをしたわけではない蒙恬でしょう。

蒙恬

 

一度は堯雲と引き分けた信なので、今度まみえる時には、

確実に打ち倒すと考えていいです。

 

キングダム561話ネタバレ予想 沈着冷静さを獲得した信

飛信隊の信

 

猪突猛進(ちょとつもうしん)タイプで本能のままに戦う存在だった信ですが、岳嬰との闘いでは

相手の憎悪を心を鎮めてかわし、一瞬の斬撃で打ち破りました。

これは信の戦い方には、これまで無かったものです。

まるで全盛期の王騎の、どんな戦況でも激する事なく沈着冷静に対処する

戦いぶりに似ているのではないでしょうか?

 

もしかすると、王騎の矛は力任せに振り回すものではなく、

敵の心理を読み、思考を研ぎ澄まし、ここぞという一点にだけ

集中して振り下ろすものだと信は(さと)ったのかも知れません。

 

そうだとすれば、戦いのテンションにムラが発生する事なく、

天下の大将軍として、すべての戦況を統括(とうかつ)して戦う事が出来る

本能型将軍の信が、やや粗削りながら完成したと言えるのでしょう。


キングダム561話ネタバレ

秦

 

6月14日のキングダム561話では、岳嬰を討った飛信隊が退却を決意するシーンと、

しばらくご無沙汰だった橑陽戦の続きが描かれます。

バジオウ軍とフィゴ王の軍、それにメラ族&壁の連合軍ですが、意外にも失敗を挽回したい

壁が最前線で頑張り、ブネンに肉薄していきます。

しかし、そこにはブネンの罠が・・さらに行方不明な龐煖も登場・・

詳しくは下のURLをクリックして下さい。

 

キングダム561話、やっと王翦が登場?「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー


  

 

キングダム(春秋戦国時代ライター)kawausoの独り言

kawausoの独り言

 

結論を言うと、信の強さはホンモノであり、すでに覚醒(かくせい)しています。

やがて堯雲も討ち取り秦国で武力随一の地位に上るでしょう。

そして、それを受けるかのように、六国でも地殻変動が起こり、

項燕(こうえん)司馬尚(しばしょう)荊軻(けいか)韓非(かんぴ)のような旧時代には埋もれていた人材が

揺り動かされて表舞台に登場し新しい展開が起きていくでしょうね。

 

次回記事:キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」

 

 

キングダム561話のネタバレ予想 Youtube動画


 

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. キングダム53巻
  3. 赤眉軍

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP