三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル




飛信隊の信

 

前回560話で岳嬰(がくえい)を一刀両断にしてしまった飛信隊(ひしんたい)(しん)

朱海平原の戦いの前哨戦で麻紘(まこう)李牧(りぼく)のワープ戦術で殺されてから、

半年ぶり以上の主要キャラの戦死です。

蒙恬(もうてん)にせよ、王賁(おうほん)にせよ、戦局を変化させる手柄を立てましたが、

趙の主要な将軍の岳嬰(がくえい)を信が斬ったのは大きなインパクトでしょう。

では、そんな信の強さはホンモノなのでしょうか?

ちょっと検証してみましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想

 

 

キングダム561話ネタバレ予想 王騎の矛に馴染んできた信

王騎

 

序盤から噛ませ犬臭がプンプンだった岳嬰なので信に斬殺されても

「お疲れ~」で単に役割が終わったと取られがちですが、

よく考えてみれば列尾(れつび)の戦いでは、王騎(おうき)の矛に振り回されていた信が、

矛のスピードで岳嬰を上回ったのですから、これは驚異的です。

一体、いつのまに信はレベルアップしたのでしょうか?

 

 

キングダム561話ネタバレ予想 堯雲との半日の死闘がポイント

太史慈と孫策の一騎打ち

 

信はいつレベルアップしたのか?

漫画では大幅にカットされていましたが、それは堯雲(ぎょううん)との死闘でしょう。

これは、堯雲が亜光(あこう)本隊、玉鳳隊(ぎょくほうたい)、飛信隊の中で新米の兵が多い飛信隊に狙いをつけ

まっすぐに飛信隊の本陣を突こうとして起きた事ですが、

序盤は圧倒された堯雲の武に対して、信は後半で追いつきました。

敗北した飛信隊の信

 

ここには、王騎の矛が泣いている的な堯雲の挑発もありましたが、

長時間、堯雲の武にさらされた結果としてメキメキと信の技量が上がったと

考えられるのではないでしょうか?

 

べたな話ですが、死ぬ寸前になって蘇生すると強さがアップする

サイヤ人体質を信も持っていると考えられます。

 

何も説明はされないですが、現在の趙将で最大の武を持つ堯雲と、

半日打ち合いをした時点で、信の武力は王憤、蒙恬を抜いて、

現在の朱海平原で戦っている秦の将では最強と言えるでしょう。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

キングダム561話ネタバレ予想 蒙恬王賁、信の強さランキング

王賁

 

秦の次世代を担う信、蒙恬(もうてん)王賁の3名の強さランキングは、

岳嬰を瞬殺した信が最強、次に龍巣で堯雲を落馬寸前まで追い詰めた王賁

最後が特に、一騎打ちをしたわけではない蒙恬でしょう。

蒙恬

 

一度は堯雲と引き分けた信なので、今度まみえる時には、

確実に打ち倒すと考えていいです。

 

キングダム561話ネタバレ予想 沈着冷静さを獲得した信

飛信隊の信

 

猪突猛進(ちょとつもうしん)タイプで本能のままに戦う存在だった信ですが、岳嬰との闘いでは

相手の憎悪を心を鎮めてかわし、一瞬の斬撃で打ち破りました。

これは信の戦い方には、これまで無かったものです。

まるで全盛期の王騎の、どんな戦況でも激する事なく沈着冷静に対処する

戦いぶりに似ているのではないでしょうか?

 

もしかすると、王騎の矛は力任せに振り回すものではなく、

敵の心理を読み、思考を研ぎ澄まし、ここぞという一点にだけ

集中して振り下ろすものだと信は(さと)ったのかも知れません。

 

そうだとすれば、戦いのテンションにムラが発生する事なく、

天下の大将軍として、すべての戦況を統括(とうかつ)して戦う事が出来る

本能型将軍の信が、やや粗削りながら完成したと言えるのでしょう。

 

キングダム561話ネタバレ

秦

 

6月14日のキングダム561話では、岳嬰を討った飛信隊が退却を決意するシーンと、

しばらくご無沙汰だった橑陽戦の続きが描かれます。

バジオウ軍とフィゴ王の軍、それにメラ族&壁の連合軍ですが、意外にも失敗を挽回したい

壁が最前線で頑張り、ブネンに肉薄していきます。

しかし、そこにはブネンの罠が・・さらに行方不明な龐煖も登場・・

詳しくは下のURLをクリックして下さい。

 

キングダム561話、やっと王翦が登場?「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

 

キングダム(春秋戦国時代ライター)kawausoの独り言

kawausoの独り言

 

結論を言うと、信の強さはホンモノであり、すでに覚醒(かくせい)しています。

やがて堯雲も討ち取り秦国で武力随一の地位に上るでしょう。

そして、それを受けるかのように、六国でも地殻変動が起こり、

項燕(こうえん)司馬尚(しばしょう)荊軻(けいか)韓非(かんぴ)のような旧時代には埋もれていた人材が

揺り動かされて表舞台に登場し新しい展開が起きていくでしょうね。

 

次回記事:キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」

 

 

キングダム561話のネタバレ予想 Youtube動画


kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム 530話 ネタバレ予想:端和の勇
  2. キングダム586話ネタバレ雑学兵士達の暇つぶしは?
  3. キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って…
  4. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想…
  5. キングダム576話ネタバレ考察vol2楊端和は今後どう動く?
  6. キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」
  7. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」
  8. キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)

おすすめ記事

  1. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  2. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  3. 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ? (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎
  5. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」
  6. 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの? 幕末 洋式軍隊の行進

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル 名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

おすすめ記事

  1. 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに龐徳を追加しました
  3. 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?
  4. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?
  5. 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 幕末 帝国議会
  6. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦 豊臣秀吉 戦国時代
  7. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  8. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP