キングダム
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人

司馬懿




政

 

キングダムは、いよいよ、秦王政が天下統一をスローガンに、

強敵である李牧が待つ趙へと大軍を送り込みました。

王翦(おうせん)楊端和(ようたんわ)桓騎(かんき)が大将軍扱い、

信(しん)蒙恬(もうてん)王賁(おうほん)が特別遊撃隊という

わくわくする布陣で、趙の都、邯鄲の真下鄴(ぎょう)を奪取する戦いです。

迎え撃つ李牧(りぼく)ですが、ここで秘密のベールに隠された

趙の新三大天の最期の一人が明かされそうです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




今の所明らかなのは、李牧と龐煖だが・・

李牧

 

趙には、旧三大天として、廉頗(れんぱ)藺相如(りんそうじょ)

趙奢(ちょうしゃ)等がいましたが廉頗を除けば、いずれも鬼籍に入っています。

その廉頗も、後任の楽乗(がくじょう)と喧嘩して趙を出て行ってしまいました。

 

後を受けて、趙では、李牧龐煖(ほうけん)が新三大天と目されますが、

肝心の三人目がずっと不明でした。

 

そこで、kawausoは色々調べ、趙の新三大天の最期の一人を

突き止めたのです。




趙の新三大天、最期の一人は司馬尚!

月 f

 

私が予想する趙の新三大天は、司馬尚(しばしょう)です!!

と言っても、誰それという人が大半でしょう、

実は、kawausoも誰それ?と思っています。

 

しかし、史実を見る限り、李牧を補佐して秦を退けるのは、

この司馬尚以外にはあり得ないのです。

史実によると、司馬尚は、紀元前229年、李牧の副官として、

忽然と歴史に出現します。

 

紀元前229年、秦の王翦楊端和羌瘣が大軍を以て趙を攻め、

王翦が井陘(せいけい)を降します。

そのため、趙は李牧と司馬尚に応戦させますが、秦は苦戦したので、

李牧を排除しようと、幽繆(ゆうぼく)王の奸臣・郭開(かくかい)

賄賂を送って離間の計を仕掛け、これにより李牧は誅殺されてしまうのです。

 

メインは確かに李牧ですが、それを補佐しているのは司馬尚です。

恐らく、廉頗に付き従う輪虎(りんこ)のように、李牧の意図を

逸早く察知して動く名将に違いありません。

 

さらに、この司馬尚、李牧が誅殺された後、殺される前に

趙を脱出して逃げおおせたようです。

李牧や龐煖は死んだり、消滅する運命が決まっていますが、

司馬尚は生き残り今後のキングダムの展開に大きく関わるのでは

ないかと予想してみます。

 

物凄い先読みとして、李牧の死後に信と会い、その最期を伝え

信に李牧の李の氏を与えて、そこで李信になるとか、、

そういう重要な役割を担うキャラになるのではないでしょうか。

 

司馬尚の子は司馬卭、そして、その子孫はあの・・

竹 f

 

この司馬尚には、司馬卭(ゴウ)という息子がいます。

始皇帝が死去した後、反秦の軍を起こした陳勝(ちんしょう)

武臣(ぶしん)という武将を派遣するとこの司馬卭も部下として合流しているのです。

 

さらに武臣が殺されると、群雄の張耳(ちょうじ)の配下になり、河南地方を平定。

父に劣らない軍略の才を発揮して項羽(こうう)が秦を滅ぼすと殷(いん)王に

封じられますがその後、劉邦(りゅうほう)に寝返り、紀元前205年に

彭城の戦いで破れ項羽の軍により殺害されてしまいます。

 

司馬懿

 

そして、この司馬卭の遥か、遠い子孫が河南に住みついた

司馬懿(しばい)だとされているのです。

そう、あの諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)を破り、

北伐を断念させただけでなく、孫の代には、魏王朝を纂奪した司馬懿は、

この李牧の副官の司馬尚の遠い子孫だというのです。

 

軍師連盟でも主役としてクローズアップされる司馬懿の先祖ですから

これは、司馬尚が趙の三大天の最期の一人で間違いないと思います。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

趙の三大天には、あの佞臣の郭開(かくかい)という予想もあるのですが、

kawauso的には違うと思います。

途中までは李牧に郭開が協力し、途中で秦に寝返るというのも、

展開としては面白いですが、やはり爽快感が弱すぎます。

やはり、新しい、三大天は、忽然と今回の戦いで出現し、

大いに、信や蒙恬王賁を苦しめ、これから強敵になる予感を残し

読者に強く印象づけられる扱いを受けるでしょう。

あるいは、カイネの兄とか父とかそういう扱いで出てくるのでは・・

などと予想しております。

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  2. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布…
  3. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  4. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  5. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  6. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  7. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  8. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 三国志 武器
  3. 太史慈
  4. 曹植
  5. 関羽に手紙を送る陸遜
  6. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 彰義隊が散った上野戦争とはどんな戦いだったの? 幕末 洋式軍隊の行進
  2. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  3. 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  5. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  6. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 周瑜 死

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳勝・呉広
  2. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  3. 孔明 vs 司馬懿

おすすめ記事

三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始! 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます 坂本龍馬の海援隊とはどんな組織? 勝海舟はどうして西郷どんを高く評価したの? 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP