ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは?

曹植


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

小野小町

 

平安時代のつぶやき女子・清少納言(せいしょうなごん)

(ふみ)文集(もんじゅう)文選(もんぜん)

という言葉を残しています。

 

文を書くお手本にするならば、

白氏文集(はくしもんじゅう)』と『文選』をお手本にするのが良い

と清少納言は考えていたということです。

 

『白氏文集』は唐代の庶民派詩人・白居易(はくきょい)の詩文集で、

『文選』は、六朝時代の南朝梁の昭明太子(しょうめいたいし)によって編まれた詩文集。

 

『白氏文集』は白居易個人の詩文集ですが、

『文選』には春秋時代から昭明太子が生きた時代までの

幅広い時代のたくさんの文人たちの文学作品が集められています。

 

『文選』ではたくさんの詩や文が

どんな内容かによって37のジャンルに分類されています。

 

その37のジャンルのうちの1つが「詠史(えいし)」。

 

「詠史」とは直訳すれば「歴史を詠む」ですね。

しかし、ただただ歴史上の出来事を詠っているわけではありません。

 

そこには文人たちの様々な思いが込められているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ

関連記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?


詠史詩の起源

詠史詩の起源

 

最初に詠史詩を作ったのは、

後漢の班固(はんこ)と言われています。

 

班固といえば、

正史『漢書』を編んだことでも名高い人物。

 

そんな歴史に造詣が深い彼は

詩にも長けていたのです。

 

それは、『漢書』の文章が『史記』と比べても精巧で

四六駢儷文(しろくべんれいぶん)を思わせるほど美しいことからも想像がつきます。

 

彼が詠んだ中国史上初の詠史詩は次のようなものでした。

 

三王徳彌薄、惟後用肉刑

(三王の徳(いよいよ)薄く、惟れ後に肉刑を用う)

太倉令有罪、就逮長安

(太倉令罪有りて、就ち長安城に(とら)わる)

自恨身無子、困急独煢煢

(自ら身に子無きことを恨み、困急にして独り煢煢(けいけい)とするのみ)

小女痛父言、死者不可生

(小女父の言を痛む、死者は生ずべからずと)

上書謂闕下、思古歌難鳴

(上書して闕下に謂うは、古歌の難鳴なるを思う)

憂心摧折裂、晨風揚激声

(憂心折裂するを(くだ)き、晨風激声を揚ぐ)

聖漢孝文帝、惻然感至情

(聖漢の孝文帝、惻然として至情を感ず)

百男何憒憒、不如一緹縈

(百男何ぞ憒憒(かいかい)たるや、一緹縈(ていえい)にしかず)

 

これは、前漢時代の孝女・緹縈(ていえい)を称える詩です。

緹縈の父は医者だったのですが、

とある身分の高い人の診療を断ったがために、

罪を着せられ捕まってしまいます。

 

肉刑という体をひどく痛めつけられる刑を

受けることになってしまった緹縈の父。

 

この緹縈の父には男の子供がおらず、

後継ぎがいません。

 

もし緹縈の父が肉刑で生殖器を失って

子供を授かることができなくなったならば、

緹縈の一家は断絶してしまいます。

 

男の子がいないことを常日頃嘆いていた父を見ていた緹縈は、

意を決して文帝に直接嘆願書を届けに行きます。

王莽

 

その嘆願書を受け取って目を通した文帝は

その身の上を憐れみ、

以後肉刑を廃止したのでした。

 

帝の心を動かした一人の少女の勇気に

感銘を受けた班固は

その出来事を詩として描かずにはいられなかったのでしょう。

 

この詠史詩(えいしし)

実際にあった出来事を何の(ひね)りもなく詠ったものとして

あまり評価されていません。

 

しかし、班固はこの詩を作ることによって、

ある主張を世に投げかけていたのではないでしょうか?

 

実はこの肉刑、

その後復活させた方がいいとの議論がなされていたようです。

張飛とkawauso

 

もしかしたら班固が生きた時代にも

肉刑復活論が巻き起こっており、

それに対して異を唱えるために

班固はこの詠史詩を詠んだのかもしれませんね。


あの曹植も詠史詩を作った

曹植

 

班固の後、

歴史上の出来事に風刺を託した

詠史詩はどんどん作られるようになっていきます。

 

曹丕(そうひ)と後継者争いを行ったとして有名な

あの曹植(そうしょく)も詠史詩を作っているのでご紹介しましょう。

 

「三良詩」

 

功名不可為、忠義我所安

(功名は為すべからず、忠義は我の安んずる所なり)

秦穆先下世、三臣皆自残

秦穆(しんぼく)先ず下世して、三臣は皆自ら(そこな)う)

生時等栄楽、既没同憂患

(生時に栄楽を等しくし、既に没して憂患を同じくす)

誰言捐軀易、殺身誠独難

(誰が言う軀を()つるは易しと、身を殺すは誠に独り難し)

攬涕登君墓、臨穴仰天歎

(涕を()りて君の墓に登り、穴に臨み天を仰ぎて歎ず)

長夜何冥冥、一往不復還

(長夜の何ぞ冥冥たる、一たび往きて復た還らず)

黄鳥為悲鳴、哀哉傷肺肝

(黄鳥為に悲鳴し、哀しいかな肺肝を傷ましむ)

 

曹植は秦の穆公が世を去ったときに

3人の臣下が後を追ったことを詠っています。

 

3人の臣下たちの死を(そし)る者もいたようですが、

曹植はその3人の姿を美しいと讃えているのです。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り


父・曹操への想い

エンジェル曹操

 

穆公の後を追った3人の臣下に対して

一種の憧憬(どうけい)のようなものを感じさせる

曹植の「三良詩」。

 

この詩で曹植は何を伝えたかったのでしょう?

 

おそらく曹植は穆公に父・曹操の姿を、

3人の臣下に自分の姿を映しているのでしょう。


  

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

父が亡くなった後も

ただただ生きながらえている自分…。

 

曹植は父の後を追いたかったのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

関連記事:神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 野望が膨らむ鍾会 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう
  2. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデル…
  3. 徐福 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  4. 赤兎馬にまたがる呂布 赤兎馬はポニーレベル?ちっちゃくてもパワフルな名馬
  5. 司馬徽と劉表 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望
  6. 周瑜はナルシスト 周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬…
  7. 陸遜 陸遜の生涯を年齢で追ってみよう!
  8. 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 詩
  2. 袁安
  3. 星彩
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 斎藤一 新選組
  6. 于禁、曹操、青州兵
  7. 玉乗りをしている阿部正弘
  8. 曹操 孔明をチェック

おすすめ記事

  1. 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの? 虎豹騎を率いる曹休
  2. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!
  3. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  4. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  5. 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!
  6. 21話:汜水関の戦いの功労者 関羽VS華雄

三國志雑学

  1. 漢王朝と光武帝
  2. 楊儀
  3. 袁紹を説得しようとする田豊
  4. 李典
  5. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 五代友厚 幕末
  2. 徐晃
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 長篠の戦いWikipedia
  5. 袁術
  6. 王賁
  7. 朶思大王

おすすめ記事

年越しそばを食べる馬謖 月刊はじめての三国志2018年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 魯粛、周瑜、劉備 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!? 孔明と司馬懿 諸葛亮の乗っているイメージが強い四輪車は、本当にあったのか? 関帝廟 関羽 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 劉備の臨終に立ち会う孔明 劉備はいつから病気になっていた?晩年の判断ミスをすべて病気のせいにしてみる 曹操 女性の敵? 鄒氏 【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察 逢紀 逢紀とはどんな人?袁紹から厚い信頼を得たが曹操が死の原因を作った?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP