呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

五胡十六国

六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)




戦うモブ

 

三国志』から中国史に魅せられ、

中国の歴史を本格的に学び始めたという人も

少なくないでしょう

 

しかし、多くの人が

三国時代の次に訪れる

王朝がとっかえひっかえ、

入れ替わり立ち代わり現れる時代に

四苦八苦すると思います。

 

そして、何かあると現れる

魏晋南北朝(ぎしんなんぼくちょう)時代」やら「六朝(ろくちょう)時代」やらの

見慣れない時代の名前…。

 

しかも、よくよく読んでみると、

「魏晋南北朝時代」も「六朝時代」も

同じ時代を指しているような…。

 

この2つの時代は結局同じなのか?

それともやはり違うのか?

その謎を解き明かしていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

 

六朝時代とは

三国志勢力別

 

六朝時代という言葉は

特に中国文学史を学んでいると

現れる言葉です。

 

六朝時代の六朝が指しているのは

建業(建康)すなわち現代の南京を都とした王朝である

三国時代の呉・東晋・南朝宋・斉・梁・陳のことです。

 

これらの王朝の共通点は

中国大陸の南にあったということです。

 

三国時代に鼎立した王朝も、

蜀、魏、呉の順に滅ぼされ、

およそ百年ぶりに中国の統一を果たした晋(西晋)王朝でしたが、

たったの数十年で八王の乱が巻き起こって

晋王朝の地盤はボロボロのスカスカになってしまいます。

司馬炎

 

それを見ていた北方の異民族・匈奴(きょうど)は、

これを好機と晋王朝からの独立を宣言。

匈奴の首長である劉淵(りゅうえん)は皇帝を名乗り、

漢(後の前趙(ぜんちょう))を建国したのでした。

趙

 

しかし、そんな身勝手な匈奴をどうこうする以前に

西晋の朝廷内部では懐帝(かいてい)司馬越(しばえつ)が対立。

懐帝はついに司馬越の討伐に乗り出して

司馬越を追い詰めます。

 

司馬越が逃避行の末に病に臥して亡くなると、

目ざとい匈奴は再び西晋王朝に襲い掛かりました。

永嘉(えいか)の乱のはじまりです。

 

司馬越の後を継いで元帥となった王衍(おうえん)

10万を超える兵を率いてそれを迎え撃つも、

匈奴の豪傑・石勒(せきろく)によって打ち破られ、

あっという間に西晋の首都・洛陽は陥落してしまったのでした。

銅雀台

 

その後、懐帝や愍帝が

匈奴によって辱められて殺されると、

江南にいた司馬睿(しばえい)が即位して元帝となり、

建康に都して東晋王朝(とうしんおうちょう)を立てました。

 

南に建てられた東晋王朝には

北の匈奴からの迫害から逃げてきた

貴族や文人たちが次々と集まり、

人々は乱世を嘆いてその思いを

詩や文で表現するようになります。

何晏

 

また、東晋以後、

南で建てられた王朝では、

論理を超越した老荘(ろうそう)思想が流行し、

更に仏教も浸透していくようになりました。

 

このように、貴族文化が栄え、

老荘思想や仏教が流行した南の国々の時代を総称して

六朝時代と呼ぶようになったのです。

 

 

魏晋南北朝時代とは

弓を射る騎馬兵

 

一方、魏晋南北朝時代というのは、

魏と西晋、

そして晋を南に追いやった匈奴が建てた前趙(漢)と

その他の異民族によって多くの国々が乱立した時代を指します。

 

ちなみに、前趙が晋を滅ぼして以降のカオスな時代は

五胡十六国時代とも称されています…。

 

この魏晋南北朝時代は

基本的には中国大陸でも

北の方に建った王朝の時代を中心に

指し示すものと考えて良いでしょう。

 

魏や西晋では後に六朝文化として花開く

儒教にとらわれない老荘思想や文学、そして仏教が栄えます。

その中でも代表的な存在が

魏の曹操が愛した建安の七子や竹林の七賢です。

 

しかし、その漢民族が築き上げた文化の中心地は

西晋の滅亡と共に南へと移っていってしまいます。

西遊記

 

その後、異民族は

漢民族の真似をして儒教を学んだり

老荘思想を学んだりしますが

どうにも南の王朝のような華やかな文化を

開花させることはできず、

南の王朝からは文化の無い蛮族として

見下されてしまうのでした。

 

しかも、南は肥沃な土地が広がり、

食うに事欠くことはありません。

 

南の華やかな文化と豊かな土地や食料は

北の異民族にとっては羨ましくて仕方のないものでした。

 

そういうわけで、

北の異民族王朝は度々南の食料や文化を奪おうと

南の王朝を度々襲いました。

黄巾賊

 

それを受けた南の王朝は衰えていき、

ついには滅亡してしまいます。

 

こうして北と南、

小国と小国の小競り合いが繰り広げられ、

国が興っては滅んでいく

中国史上最もカオスな時代が生まれたのでした。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

結局、六朝時代と魏晋南北朝時代は同じなの?

曹操と信

 

結局、六朝時代と魏晋南北朝時代は

違うものなのか?同じものなのか?

 

ここまで読んでもよくわからないという人も

やっぱりいると思います。

 

結論を言えば、

六朝時代と魏晋南北朝時代というのは、

指し示している時代の時間はほぼ同じですが、

その指し示している時代の場所が少し違うのです。

 

六朝時代は華南の王朝が築いた時代を指し、

魏晋南北朝時代は華北の王朝が築いた時代を中心に指します。

ただ、そのどちらも南朝と呼ばれる

東晋・宋・斉・梁・陳を含んでいます。

 

そしてその2つの時代はいずれも

後漢が滅びた後から

隋が(ずい再び中華を統一するまでの時代を指しているのです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

 

カオスすぎて逃げ出したくなりますが、

特に中国文学を学びたいという人は

頑張っておさえておきたい時代です…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 司馬師 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導い…
  2. カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった…
  3. 司馬懿 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 魏延、姜維、王平、楊儀
  4. 王翦
  5. 孫権
  6. 王政君お怒り!玉磁なげる

おすすめ記事

  1. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 馬騰
  2. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】
  4. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 陸抗
  5. 全世界800万ダウンロード突破の大ヒットゲーム「三国志タクティクスデルタ」に国民的ヒーロー『ウルトラマン』が登場するコラボレーションイベントを開催
  6. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?

三國志雑学

  1. 郭嘉の本
  2. 小帝と董卓
  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 官渡の戦い 曹操 勝利


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 王莽
  3. 始皇帝 はじめての三国志
  4. ボロボロになった馬超
  5. 父・関羽とともに亡くなる関平
  6. 荀彧と袁紹

おすすめ記事

司馬懿 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの? 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三国志】 劉備と孫権 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった 株式会社三国志で働く劉備と孔明 諸葛孔明の影に隠れる劉備 「はじめての三国志」が新しい動画を始めました 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 孫権に気に入られる孫覇 孫覇とはどんな人?側近に煽られて孫家を分裂させてしまった残念貴公子 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP