ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

曹操 五胡十六国




城 銅雀台

 

中国の歴史というと漢民族の歴史と思いがちですが、それは誤りです。

歴史を細かく見ていくと、漢族は中原の支配者の一つではあっても、

絶対的な主ではない事が分かります。

 

論より証拠、支配者が変わり続けた中国大陸の歴史を見てみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢王朝の地図はどのように変化した?現代の中国地図とほぼ同じ?

関連記事:全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!

 

 

秦は元々、漢民族では無かった?

始皇帝 はじめての三国志

 

秦は紀元前900年頃、周の孝王に仕えた非子(ひし)という人を先祖にします。

彼は馬の繁殖が得意で、その手柄をもって孝王に嬴(えい)の姓を貰い

大夫になり秦の土地に領地を貰いました。

 

馬の繁殖が得意という農耕民らしくない点や、

当時は辺境だった秦に領地を貰ったという点は、

非子が遊牧民族であった可能性を伺わせます。

 

元々、秦の土地である現陝西省には、西戎(せいじゅう)という異民族がいました。

周の幽王を滅ぼした民族ですが、秦はここに封じられたので

中原の諸候から嫌われて、長い間、差別されました。

 

人気がないので秦は人材登用に力を入れ、実力主義で

人間性には多少目をつぶった結果、亡命してきた人間や、

中央にいられなくなった実力者が秦に大勢やってきて、

やがて天下を獲ったのは周知の通りです。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

 

漢の高祖・劉邦も勝てなかった、北方の匈奴

劉邦と劉備

 

秦は、無理な大土木工事や、厳し過ぎる政治に

庶民の不満が爆発僅か15年で倒れてしまいます。

 

その後、漢の劉邦(りゅうほう)と、楚の項羽(こうう)が

一大決戦をし、劉邦が天下を統一漢帝国が建国されます。

 

しかし、国内は兎も角、北方では匈奴が猛威を奮っていました。

 

劉邦は、匈奴と雌雄を決しようとしますが、当時の匈奴の英雄

冒頓単于(ぼくとつぜんう)の前に軍を破られて包囲され、

捕虜にされてしまいます。

 

劉邦は毎年多額の贈り物をする事を条件に匈奴と和睦します。

これは、漢の武帝が匈奴を追い払うまで70年近くも続きます。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

異民族花盛り、五胡十六国時代

西遊記 三国志

秦が倒れて、漢の時代に入り、間の新を挟んで後漢の時代も末になると

外戚と宦官の勢力争いから中国は乱れ、三国時代に突入します。

 

争乱は100年続き、西暦280年に司馬炎(しばえん)により

中国は再統一され晋が建国されますが、これも長い間続かず、

建国から30数年で崩壊してしまいます。

 

真空状態になった中原に一気に周辺の異民族が中国に流れ込んできます。

 

五胡とは匈奴(きょうど)・鮮卑(せんぴ)・羯(けつ)・氐(てい)

羌(きょう)の五つの異民族を意味しています。

 

それぞれの民族が立てた十六国の内訳は以下の通り

 

匈奴 ・・・・前趙、夏、北涼

鮮卑 ・・・・前燕、後燕、南燕、南涼、西秦

羯・・・・・・後趙。

氐・・・・・・前秦、後涼、成漢

羌・・・・・・後秦

漢族・・・・・前涼、西涼、北燕

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

五胡十六国の火種は曹操が撒いた?

曹操 五胡十六国

五胡十六国時代の発端は、実は三国時代にもありました。

魏の曹操(そうそう)や曹丕(そうひ)は戦乱で荒廃した土地を

開墾する為に、北方の異民族を漢の領土に移住させます。

 

ですが、この時に、異民族をそのまま移住させてしまい、

戦乱の時には兵力として使っていたので、国が安定している間はいいのですが

晋の時代になって、戦乱が起きると、彼等移住した遊牧民は

簡単に反乱を起して、王朝を立てるのが可能になったのです。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

五胡十六国時代の結末は?

ヤンキー曹操

 

五胡十六国時代は135年も続いたので

ここで全ての内容を書くのは控えようと思います。

 

長い戦乱の中で、羌族の姚萇(ようちょう)の建てた後秦と、

鮮卑族の慕容垂(ぼようすい)の後燕が二大勢力になります。

 

しかし、ダークホースとして、同じ鮮卑族の拓跋部(たくばつぶ)から

北魏が勢力を伸ばし、また、匈奴の赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)が

夏を建国して、これらの後秦、後燕を滅ぼしていき、

華北は北魏と夏の一騎打ちになります。

 

最期には、北魏の拓跋燾(たくばつ・とう)が夏を滅ぼして華北を統一します。

一方の華南地方は、漢民族の東晋から、宋の劉裕に禅譲が行われて、

以後は華北の北魏と華南の宋がにらみ合う南北朝時代になります。

 

 

南北朝時代から、統一国家 隋へ

 

西暦439年から589年までの150年間を南北朝時代と言います。

この間、華北では北魏が東西へ分裂した後、北斉、北周に取って代わられます。

一方の華南も安泰ではなく、宋から斉、梁、陳と政権が交代していきます。

 

華北が鮮卑系と鮮卑以外、そして漢族のいがみ合いだったのに対して、

華南は、一貫して漢民族同士で政権が奪い合われた違いがあります。

 

 

400年ぶりに中国を統一した隋は鮮卑系

 

 

華北の北周から出た将軍、楊堅(ようけん)は北周の皇帝が、

暗君である事で人望を得て、勢力を拡大して北周から禅譲をうけて、

西暦581年、隋を建国します。

 

そして西暦589年には、次男の煬広(ようこう)に

五十一万の大軍を与えて、華南の陳を滅ぼします。

 

ここで、中国は西晋が滅びてから273年、後漢の混乱から考えると

実に400年近い、分裂の時代を終えるのですが

この隋の建国者、楊堅は鮮卑族の出身でした。

 

 

隋、煬帝の暴政で倒れて、唐が建国するが・・

 

この隋は、二代目、楊広が即位して煬帝(ようだい)になってから

度外れた贅沢と戦争を繰り返したので各地で反乱が頻発します。

 

その中から、煬帝の親戚である、八柱国の唐国公、李淵(りえん)が

台頭し煬帝を滅ぼして、唐を建国します。

 

この李淵も、元の氏は李ではなく大野(ダイヤ)氏といい、

鮮卑系の一族であるという見方が大きいです。

 

唐は300年近くも続きますが、漢民族の天下は、

まだまだ遠いのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢の高祖・劉邦の建国物語とは?漢王朝400年の礎を築けた理由

関連記事:武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった?

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 

 




関連記事

  1. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  2. 法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦…
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 諸葛亮の幼い日はどんなだった?
  4. 朝まで三国志 劉備 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  5. 司馬懿を欲しがってた曹操 【衝撃】司馬氏の悲願は周王朝の復活?魏が大嫌いな司馬兄弟
  6. 野球をする呂布、孔明、劉備 呂布が徐州戦で実力を発揮したら三国時代の到来は無かったのではない…
  7. 李典 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗…
  8. 水攻めをする兵士 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹VS公孫瓚
  2. 黒船(ミシシッピ号)
  3. おんな城主 直虎
  4. 郭嘉の本
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. 袁紹VS袁術(犬猿)
  7. 孫権 弔い出陣
  8. 典韋にボコボコにされる成廉
  9. 孔明

おすすめ記事

  1. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった! 汗血馬を手に入れる李広利
  2. 曹操の墓はどうして曹操の墓と言えるの?【三国志トリビア】 曹操のお墓(曹操高陵)
  3. 孔明は本当に天気を変えることができたの?東南の風の秘密 孔明 東南の風
  4. 陳宮ってどんな人柄なんですか?正史『三国志』をもとに人柄を考察 呂布に従う陳宮
  5. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? 陳寿(晋)
  6. 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった

三國志雑学

  1. 孟達を討伐する司馬懿
  2. 賈詡
  3. 孔明
  4. 荀彧


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 細川勝元
  3. 旅 三国志
  4. 曹彰
  5. 父・関羽とともに亡くなる関平
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

呂布 呂布は有能に決まってます!その根拠について 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 蜀の外交官・鄧芝 石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当? 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 【水滸伝】美女ランキングベスト3選!水滸伝に登場する絶世の美女 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 【麒麟がくる】斎藤道三は鉄砲を知らなかったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP