キングダム




はじめての三国志

menu

前漢

『史記』に託された司馬遷の激情とは

この記事の所要時間: 349




司馬遷

 

史書といえば『史記』。

その『史記』を編纂したのは前漢の人・司馬遷(しばせん)でした。

 

神話時代から前漢武帝の時代までの歴史を生き生きとした文体で描き出した司馬遷。

実はその躍動感あふれる『史記』の文章には、司馬遷の激情が託されているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった

関連記事:なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

 

 

中島敦も描いた壮絶すぎる執筆秘話

中島敦

 

高校時代、虎になってしまった男の物語を読んだことはありませんか。

隴西(ろうせい)李徴(りちょう)は博学才頴(さいえい)、…

とまるで本物の史書の冒頭文のような書き出しから始まる『山月記』。

 

その『山月記』の作者、文豪・中島敦(なかじまあつし)

司馬遷の『史記』執筆の裏側を描いた小説も手掛けています。

 

そのタイトルは『李陵(りりょう)』。

李陵とは、司馬遷の人生を大いに狂わせた人物でした

 

 

武帝の逆鱗に触れる

匈奴

 

司馬家は代々歴史を扱ってきた一族。

そのため司馬遷も大史公の官に就いていました。

 

若い頃より武帝(ぶてい)の行幸に同行し、その地方の歴史にまつわる逸話を収集するなど、

順風満帆な日々を過ごしていました。

 

ところが、転機は突然訪れます。

なんと、友人・李陵が敵である匈奴(きょうど)に降ったとの一報が入ったのです

怒り狂う武帝と臣下たちが口々に李陵を糾弾する中で、

ただ一人、司馬遷だけが懸命に李陵を庇います。

 

しかし、その言葉は却って火に油を注ぐことに。

逆鱗に触れた司馬遷は投獄されてしまったのでした。

賄賂を払うこともできなかった司馬遷は牢獄の中で友を信じて過ごしていました。

 

一方、多少頭が冷えた武帝は、それまでの李陵の武功を思い出します。

武帝は李陵救出のために兵を出すなど手を尽くしましたが、

なかなかどうしてうまくいかず、ヤキモキしていました。

 

ところが、武帝の好意を逆なでするような一報が届きます。

なんと李陵が匈奴の兵の訓練を指導しているというのです。

救出軍まで派遣した武帝の怒りのボルテージはMAXに。

 

武帝はすぐさま李陵の一族郎党をかき集めて死を賜り、

それだけでは飽き足らず、その怒りの矛先を、李陵をかばった司馬遷にまで向けたのでした。

 

司馬遷は去勢することにより罪を背負いながら生きる宮刑か、

死を以て罪を償う死刑か、史上最悪の二者択一を迫られます。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

屈辱を背負いながら、それでも生きたかった司馬遷

書物

 

司馬遷は死を選びませんでした。

司馬遷にはどうしても成し遂げたいことがあったのです。

 

それこそが、父・司馬談(しばたん)に託された歴史書『史記』の完成という使命でした

親からもらった大切な体を傷つける上に、子孫を成せない不孝者として生きていくのは、

司馬遷にとってはとても辛い選択だったはず。

 

その屈辱を背負うことと父から託された思いを心の中で天秤にかけたとき、

天秤が掲げたのは言うまでもなくその屈辱を甘んじて受け入れることだったのです。

 

荒れ狂う筆に現れる司馬遷の激情

司馬遷の激情

 

『史記』には口語的表現が多いと指摘されています。

実は大昔からそのことが指摘されており、後に『漢書』を著した班固(はんこ)も、

司馬遷の『史記』の文章を煩雑で無駄な言葉が多いと批判しています

 

ところが、この口語表現の多さが司馬遷の文章の良さとも言えるのです。

司馬遷の文章には「乎」や「也」といった助字が多く使われています。

 

しかし、当時は助字を多く用いるのは俗っぽく、文章全体が重たくなるということで

忌避されるようになっていました。

 

それでも、あるがままの言葉で豪快に記された『史記』の方が、

その登場人物の息遣いまで聞こえてくるようで、

読んでいて真に迫るものが感じられて仕方ありません。

 

『史記』に込めたメッセージ

司馬遷

 

司馬遷の『史記』の特徴として挙げられるのは、紀伝体と呼ばれる書式を取ったことです。

それまで、歴史を記した書物といえば、『春秋』。

そして、その『春秋』は、年代順に出来事を記していく編年体をとっていました。

 

では、なぜ司馬遷は紀伝体で『史記』を記したのでしょう。

『春秋』が時に焦点を置いていたと考えるならば、

『史記』は人物に焦点を置いていたと考えることができます

 

それぞれの皇帝、諸侯、大夫、儒者、

その他歴史に名を遺すにふさわしい人物一人ひとりを主軸に据え、

その人物の人生を描く…。

 

司馬遷は、その各人物の生き方に対する評価や、

その人物の人生からくみ取れる教訓をその末尾に書きつけました。

…後の人を助ける糧となることを祈りながら。

 

しかし、言葉ではない部分にも

司馬遷のメッセージが見え隠れするとの指摘もされています。

 

どうやら、その列伝の最初に挙げられている人物が

伯夷(はくい)叔斉(しゅくせい)兄弟であることにも何か意味が込められているのだとか。

 

司馬遷の言葉にならなかった叫びを探してみるのもまた一興。

たまには、『史記』の世界にじっくり浸かってみるのも悪くないでしょう。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝

関連記事:関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代に…
  2. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  3. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  4. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  5. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  6. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  7. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  8. 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  2. 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理
  3. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!
  4. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  5. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?
  6. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

86話:張松という男が劉備の運命を左右する  そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった? 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった? これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!? 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!

おすすめ記事

  1. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  2. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  4. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  5. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!
  6. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  7. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  8. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP