コメント機能リリース
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の父は息子に何を残したの??

後継者を決めずにダラダラする袁紹




織田信長

 

歴史上の有名人には

パパがしっかりと地盤を築いていたからこそ活躍できた人がいっぱいいます。

 

例えば戦国時代の覇者・織田信長(おだのぶなが)

パパが地盤をしっかりと固めていたからこそ、

戦国時代の覇者として活躍することができました。

 

また三国時代の曹操(そうそう)

パパやじいちゃんがお金を貯めて、

漢王朝でしっかりと名声を得て人脈や地盤を築いていたからこそ、

三国志の歴史においてその名を刻んだと言えるでしょう。

 

このように多くの歴史上に名を残した人物は

パパやおじいちゃんの人脈や財力を使って歴史に名を残した人がたくさんいるのです。

 

では三国時代に曹操と中国の覇権を争った袁紹(えんしょう)の父はいったいどんな人物で、

袁紹に何を残したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事: 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?

 

 

袁紹の父はいったい誰なの!?

袁紹の父はいったい誰なの!?

 

袁紹は名門と呼ばれた袁家の一族に生まれますが、

彼の父親はいったい誰なのでしょうか。

 

袁紹の父親が分からないと今回のお話も先に進まないので、

まずは彼のお父さんから紹介したいと思います。

 

袁紹の父親は袁成(えんせい)と言います

袁紹の父親が分かった所でまずはこの袁成についてちょこっと紹介しましょう。

 

 

名門出身なのにキップのいい人で人脈作りの天才だった

袁成

 

皆さんは名門というとどんなイメージを持っていますか。

自分より下の者に対しては強気に出て見下したり、

強い者にはこびへつらうような人だと思っているのでしょうか。

それとも名門はお金持ちなので

美女を侍らせているようなイメージを持っているのでしょうか。

 

レンの名門イメージは上二つです。

しかし袁成はレンのイメージをぶっ壊す名門でした。

 

袁成は名門袁家に生まれ父親は蜀郡(しょくぐん)太守(たいしゅ)を勤めていました。

レンのイメージのような人ではなく、

キップのいい人で羽目をはずしてドンちゃん騒ぎするような人ではなく、

しっかりと己を律していました。

 

また袁成は色々な人と交流を結んでいたそうです。

この袁成の人柄に多くの人が彼と交流を結び、

漢王朝桓帝(かんてい)時代の最大の権力者梁冀(りょうき)も彼と付き合っていたそうです。

 

このように多くの人と付き合って人脈を広げていた袁成の言葉は大体の事がすんなりと通り

できないことや困ったことがあれば袁成を頼れ

とことわざがきるほどだったそうです。

このように人脈作りの天才ともいえる袁成が袁紹の父親でした。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

袁紹は若いころに父親と死別

袁紹は若いころに父親と死別

 

袁紹の父親・袁成は袁紹が誕生して数年後に亡くなってしまいます。

そのため袁紹はほとんど父親から受け継いだ物はあまりありませんでした。

 

しかし父親の兄弟達が袁紹を引き取り、

彼を教育していきます。

袁紹は父親から受け継いだ物よりもこの父親の兄弟達から多くのものを受け継いでいくことになります

 

父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

 

袁紹は父の兄弟から多くの物をもらい受け継いでいくことになります。

例えば袁紹は父が幼いころに亡くなってしまったため、

父の兄弟に引き取られて育てられていく事になります。

 

袁紹は20歳になると父の兄弟達のおかげで役職につくことができます。

また父の兄弟達は三公の役職にいたことで、

袁紹は同年代の中でいち早く出世していくことになります。

 

このように袁紹は多くの物を父の兄弟から受け継いで

三国時代の群雄の一人として駆け上がっていくのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹は父から受け継いだ物はほとんどないと記載しましたが、

一つだけあります。

それは性格です。

 

袁紹は父と同じくキップのいい性格だったことです。

このため袁紹の元には多くの有名人がやってくることになります。

例えば曹操の親友として有名な張邈(ちょうばく)

袁紹の参謀として活躍していたことがある許攸(きょゆう)などの人物が

彼と交友を結んでいたそうです。

 

袁紹は父の性格を受け継いだことで

人脈作りをすんなりすることができたのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介

関連記事:袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 赤鎧を身に着けた曹操 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…
  2. 陸遜 陸遜の生涯を年齢で追ってみよう!
  3. 陳羣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  4. 典韋にボコボコにされる成廉 大食漢!曹操を命がけで守った魏の典韋のエピソード
  5. 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  6. 三国志の地図(州) 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  7. 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?
  8. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 呉の小覇王・孫策
  3. 旅 バイク
  4. はじめての三国志編集長kawauso
  5. 読書する劉備
  6. 袁紹と献帝と董卓
  7. 徳川慶喜(幕末)
  8. 正妃 卞夫人

おすすめ記事

  1. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も! ホウ徳、馬超
  2. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  3. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から? 藏覇(臧覇)と劉備と曹操
  4. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 関帝廟 関羽
  5. 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?
  6. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

三國志雑学

  1. 孫権と張昭
  2. 烏桓族
  3. 劉禅に気に入られる黄皓
  4. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)
  5. 暴れる関羽


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵3
  2. 三国志大学で勉強する劉備
  3. 孫権と張昭
  4. 晋の陳寿
  5. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

三国志大学で勉強する劉備 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!? 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官になりかけた政治家 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 関羽の救援要請をシカトする劉封 痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る! 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説! 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 孔明と司馬懿 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP