ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の父は息子に何を残したの??

後継者を決めずにダラダラする袁紹


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

織田信長

 

歴史上の有名人には

パパがしっかりと地盤を築いていたからこそ活躍できた人がいっぱいいます。

 

例えば戦国時代の覇者・織田信長(おだのぶなが)

パパが地盤をしっかりと固めていたからこそ、

戦国時代の覇者として活躍することができました。

 

また三国時代の曹操(そうそう)

パパやじいちゃんがお金を貯めて、

漢王朝でしっかりと名声を得て人脈や地盤を築いていたからこそ、

三国志の歴史においてその名を刻んだと言えるでしょう。

 

このように多くの歴史上に名を残した人物は

パパやおじいちゃんの人脈や財力を使って歴史に名を残した人がたくさんいるのです。

 

では三国時代に曹操と中国の覇権を争った袁紹(えんしょう)の父はいったいどんな人物で、

袁紹に何を残したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事: 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?


袁紹の父はいったい誰なの!?

袁紹の父はいったい誰なの!?

 

袁紹は名門と呼ばれた袁家の一族に生まれますが、

彼の父親はいったい誰なのでしょうか。

 

袁紹の父親が分からないと今回のお話も先に進まないので、

まずは彼のお父さんから紹介したいと思います。

 

袁紹の父親は袁成(えんせい)と言います

袁紹の父親が分かった所でまずはこの袁成についてちょこっと紹介しましょう。


名門出身なのにキップのいい人で人脈作りの天才だった

袁成

 

皆さんは名門というとどんなイメージを持っていますか。

自分より下の者に対しては強気に出て見下したり、

強い者にはこびへつらうような人だと思っているのでしょうか。

それとも名門はお金持ちなので

美女を侍らせているようなイメージを持っているのでしょうか。

 

レンの名門イメージは上二つです。

しかし袁成はレンのイメージをぶっ壊す名門でした。

 

袁成は名門袁家に生まれ父親は蜀郡(しょくぐん)太守(たいしゅ)を勤めていました。

レンのイメージのような人ではなく、

キップのいい人で羽目をはずしてドンちゃん騒ぎするような人ではなく、

しっかりと己を律していました。

 

また袁成は色々な人と交流を結んでいたそうです。

この袁成の人柄に多くの人が彼と交流を結び、

漢王朝桓帝(かんてい)時代の最大の権力者梁冀(りょうき)も彼と付き合っていたそうです。

 

このように多くの人と付き合って人脈を広げていた袁成の言葉は大体の事がすんなりと通り

できないことや困ったことがあれば袁成を頼れ

とことわざがきるほどだったそうです。

このように人脈作りの天才ともいえる袁成が袁紹の父親でした。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

袁紹は若いころに父親と死別

袁紹は若いころに父親と死別

 

袁紹の父親・袁成は袁紹が誕生して数年後に亡くなってしまいます。

そのため袁紹はほとんど父親から受け継いだ物はあまりありませんでした。

 

しかし父親の兄弟達が袁紹を引き取り、

彼を教育していきます。

袁紹は父親から受け継いだ物よりもこの父親の兄弟達から多くのものを受け継いでいくことになります


父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

 

袁紹は父の兄弟から多くの物をもらい受け継いでいくことになります。

例えば袁紹は父が幼いころに亡くなってしまったため、

父の兄弟に引き取られて育てられていく事になります。

 

袁紹は20歳になると父の兄弟達のおかげで役職につくことができます。

また父の兄弟達は三公の役職にいたことで、

袁紹は同年代の中でいち早く出世していくことになります。

 

このように袁紹は多くの物を父の兄弟から受け継いで

三国時代の群雄の一人として駆け上がっていくのです。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹は父から受け継いだ物はほとんどないと記載しましたが、

一つだけあります。

それは性格です。

 

袁紹は父と同じくキップのいい性格だったことです。

このため袁紹の元には多くの有名人がやってくることになります。

例えば曹操の親友として有名な張邈(ちょうばく)

袁紹の参謀として活躍していたことがある許攸(きょゆう)などの人物が

彼と交友を結んでいたそうです。

 

袁紹は父の性格を受け継いだことで

人脈作りをすんなりすることができたのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介

関連記事:袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉備を徹底サポートする趙雲 趙雲の武力が発揮されるのは現代でいう特殊部隊ミッションの場合?ホ…
  2. 孔明のテントがある野外のシーン 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較
  3. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情
  4. 費禕 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  5. 関羽の青銅像 特別展 三国志が開催!海外初となる出土品の展示や期間は?
  6. 漢兵士を辞めて学問に目覚めた崔琰 サイエン 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  7. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  8. 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備 結婚
  2. 郭嘉の本
  3. 張飛にお酒はだめだよ
  4. 張飛

おすすめ記事

  1. 苦肉の計とは?意味や語源は?故事成語辞典 苦肉の策(笑)
  2. サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの? 劉備とサンタクロース
  3. 【三国志長者番付】知られざる大金持ちは誰? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. キングダム599話ネタバレ予想「藺相如の二つ目の遺言を大予想」 キングダム54巻amazon
  5. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦 曹操を殴る孫権
  6. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 玉磁と孫堅

三國志雑学

  1. 九品官人法を作った陳羣
  2. 蜀の劉備
  3. 公孫サン(公孫瓚)
  4. 孔明VS曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宦官
  2. 孫権の髭
  3. 曹洪と曹操
  4. 荀攸
  5. 種子島を目指す衛温

おすすめ記事

kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 赤兎馬にまたがる呂布 呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた! 新選組の土方歳三 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 曹操のお墓(曹操高陵) そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? 今川義元 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!? 楽毅 キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人? 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝) キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP