よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の父は息子に何を残したの??

後継者を決めずにダラダラする袁紹
この記事の所要時間: 240




織田信長

 

歴史上の有名人には

パパがしっかりと地盤を築いていたからこそ活躍できた人がいっぱいいます。

 

例えば戦国時代の覇者・織田信長(おだのぶなが)

パパが地盤をしっかりと固めていたからこそ、

戦国時代の覇者として活躍することができました。

 

また三国時代の曹操(そうそう)

パパやじいちゃんがお金を貯めて、

後漢王朝でしっかりと名声を得て人脈や地盤を築いていたからこそ、

三国志の歴史においてその名を刻んだと言えるでしょう。

 

このように多くの歴史上に名を残した人物は

パパやおじいちゃんの人脈や財力を使って歴史に名を残した人がたくさんいるのです。

 

では三国時代に曹操と中国の覇権を争った袁紹(えんしょう)の父はいったいどんな人物で、

袁紹に何を残したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事: 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?

 

 

袁紹の父はいったい誰なの!?

袁紹の父はいったい誰なの!?

 

袁紹は名門と呼ばれた袁家の一族に生まれますが、

彼の父親はいったい誰なのでしょうか。

 

袁紹の父親が分からないと今回のお話も先に進まないので、

まずは彼のお父さんから紹介したいと思います。

 

袁紹の父親は袁成(えんせい)と言います

袁紹の父親が分かった所でまずはこの袁成についてちょこっと紹介しましょう。

 

 

名門出身なのにキップのいい人で人脈作りの天才だった

袁成

 

皆さんは名門というとどんなイメージを持っていますか。

自分より下の者に対しては強気に出て見下したり、

強い者にはこびへつらうような人だと思っているのでしょうか。

それとも名門はお金持ちなので

美女を侍らせているようなイメージを持っているのでしょうか。

 

レンの名門イメージは上二つです。

しかし袁成はレンのイメージをぶっ壊す名門でした。

 

袁成は名門袁家に生まれ父親は蜀郡(しょくぐん)太守(たいしゅ)を勤めていました。

レンのイメージのような人ではなく、

キップのいい人で羽目をはずしてドンちゃん騒ぎするような人ではなく、

しっかりと己を律していました。

 

また袁成は色々な人と交流を結んでいたそうです。

この袁成の人柄に多くの人が彼と交流を結び、

後漢王朝の桓帝(かんてい)時代の最大の権力者梁冀(りょうき)も彼と付き合っていたそうです。

 

このように多くの人と付き合って人脈を広げていた袁成の言葉は大体の事がすんなりと通り

できないことや困ったことがあれば袁成を頼れ

とことわざがきるほどだったそうです。

このように人脈作りの天才ともいえる袁成が袁紹の父親でした。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

袁紹は若いころに父親と死別

袁紹は若いころに父親と死別

 

袁紹の父親・袁成は袁紹が誕生して数年後に亡くなってしまいます。

そのため袁紹はほとんど父親から受け継いだ物はあまりありませんでした。

 

しかし父親の兄弟達が袁紹を引き取り、

彼を教育していきます。

袁紹は父親から受け継いだ物よりもこの父親の兄弟達から多くのものを受け継いでいくことになります

 

父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

父の兄弟から多くのものを受け継ぐ

 

袁紹は父の兄弟から多くの物をもらい受け継いでいくことになります。

例えば袁紹は父が幼いころに亡くなってしまったため、

父の兄弟に引き取られて育てられていく事になります。

 

袁紹は20歳になると父の兄弟達のおかげで役職につくことができます。

また父の兄弟達は三公の役職にいたことで、

袁紹は同年代の中でいち早く出世していくことになります。

 

このように袁紹は多くの物を父の兄弟から受け継いで

三国時代の群雄の一人として駆け上がっていくのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹は父から受け継いだ物はほとんどないと記載しましたが、

一つだけあります。

それは性格です。

 

袁紹は父と同じくキップのいい性格だったことです。

このため袁紹の元には多くの有名人がやってくることになります。

例えば曹操の親友として有名な張邈(ちょうばく)

袁紹の参謀として活躍していたことがある許攸(きょゆう)などの人物が

彼と交友を結んでいたそうです。

 

袁紹は父の性格を受け継いだことで

人脈作りをすんなりすることができたのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介

関連記事:袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  2. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  3. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  4. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  5. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  6. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」
  2. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた 呉夫人
  3. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  4. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  5. 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!
  6. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)

おすすめ記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】
  3. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  5. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  6. キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー
  7. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  8. 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP