よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」

この記事の所要時間: 247




kawauso

 

あー1週間ぶりのご無沙汰です、kawauso編集長だぴょん

今回は、はじめての三国志の有料記事について、

編集長が思う所を書いてみようと思うよ。

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」

 

 

拡大していくタダの世界

李斯ペディア

 

ネットは基本、無料の世界です。

通信料とプロバイダーへの契約料を支払えば、

1万円もかからない金額で、ネット世界に接続でき

時間の許す限り、無限に近い情報をタダで得られる。

kawausoがネットサーフィンをするようになり

10年にはなるけど、最初の感想は、

「こんなに沢山の情報を無料提供していいの?」

というものだった。

 

kawausoが若い頃、情報というのは、

お金で買って、本か新聞か、その辺りで

読む事しか出来なかったからね。

 

書籍

 

この衝撃は大きくて、多くの媒体がネットではコンテンツを

無料化していき、広告収入で費用回収をするようになった

ネットに限らず社会はどんどんタダになっていき

お金を払っているという感覚は希薄になるだろう

 

 

じゃあどうして有料記事に踏み切るの?

kawauso

 

つまり、はじ三の有料記事は、

どんどんタダになる社会に

まあ、逆行しているわけだ。

 

どうして、そんな事をするのか?

そんなにお金が欲しいのか?

もちろん、お金が欲しい事はあるけど、

それはメインの目的から見ると小さい事でしかない。

 

はじめての三国志が有料記事を出す理由、

それは、信頼によって読者と深く繋がりたいからだ。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

お金は信用で出来ている

お金は信用で出来ている

 

お金は「信用」の別名だ、お金を払うという事は、

これは信用するに足る、確かに満足できるという

評価の裏返しなんだな・・

 

無料記事では、そういうわけにはいかない

すべて無料記事がダメとはいわないけど、

その記事を読んだ読者が本当に心を動かしたか

信用してくれたかは分からない。

はじめての三国志メンバー

 

惰性でサラッと読んだかも知れないし、

そもそも、読んでいないかも知れない

本当は、つまらん記事だと思ったかも知れない

読者が読んだという事は分かるけど、

どんな気持ちで読んだかまでは、

こっちからはまるで見えないからね

 

でも、お金を払って有料記事を購入する読者は、

ポジティブ動機にしろ、ネガティブにしろ、

確実にこの記事に対して、心を動かされて、

お金を払うという行動をした事が分かる。

 

それは無料で漫然と記事を読んでいる読者では

なかなかいない濃い感情である事は間違いない。

 

有料を通して信頼を得てクオリティを高める

有料を通して信頼を得てクオリティを高める

 

有料記事ではコメント欄を解放している。

これは、お金を払ってまで記事を買う人は、

かりに反発心で買ったとしても、

ただ誹謗中傷をする為に

コメントは書かないだろうという考えから

そうする事にしている。

 

読者のコメントには必ず返信を返していく

この相互のコメントの交換も有料記事の狙いで

それを通して、編集長は読者がどんな記事を求めているか

何が知りたいのか分かってくるからだ。

 

無料記事ではなかなか深まらない、

読者と運営の交流、あるいは同じく

有料記事を買った読者同士のコメントの交流

そこから、はじめての三国志のコアなファン同士の

意見交換を活発にして、より三国志を盛り上げよう

そういうのが有料記事の本当の目的だ。

 

三国志で運営やファンと繋がりたい人は有料記事

三国志で運営やファンと繋がりたい人は有料記事

 

有料記事を出すから、もう無料記事には手を抜くんだろう?

そう思われるかも知れないけど、そうではない・・

 

無料記事では、今まで通り三国志情報を配信し、

有料記事では、初心者が食いつきそうにない

かなりマニアックな三国志情報や、

賛否両論出るような三国志の見方等を配信し、

より深く議論したり、三国志を深い所まで知りたい

そんな読者を満足させる造りにしていこうと思う

 

三国志ファンで、単に情報だけでは満足できない読者や

他の三国志ファンと深い話をしてみたい人や、

はじ三の中の人と直接交流してみたいという

ディープな読者は訪ねてみたらいいと思うよ。

 

じゃあ、今日はこの辺で、また来週~

 

※次回の編集長のぼやきは8月14日の予定です。

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にして…
  2. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が…
  7. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る
  2. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  3. 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る
  4. 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  6. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!

三國志雑学

  1. 武器・農業器具を制作する張裔
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? 蜀は古代から独立王国だったって知ってた? 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは? 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

おすすめ記事

  1. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突?
  2. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  3. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  4. 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!? 魏延の謀反を察する孫権
  5. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  6. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】
  8. 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP