呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?

魯粛、周瑜、劉備




魯粛

 

三国志の英雄として必ず名前が挙がる人物と言えば間違えなく劉備(りゅうび)でしょう。

劉備の前半生はほとんど流浪していましたが、

諸葛孔明(しょかつこうめい)を得たことで戦略的に物事を考える事ができるようになります。

そして劉備は蜀を得ることに成功し、三国志の一角を担う大勢力を築くことになるのでした。

しかし劉備が大勢力を築くことに成功したのは孔明だけではありません。

孫呉の魯粛(ろしゅく)がいたからこそ劉備は蜀を建国することができたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた

関連記事:厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

 

 

どうして魯粛がいなければ劉備が蜀を建国していなかったのか。

姜維

 

そもそも論ですがどうして魯粛がいなければ、劉備が蜀を建国することができなかったのでしょうか。

それは劉備にとって魯粛が二つの事柄を劉備に提案したことで彼が蜀を建国することができ、

ひいては彼の命を助けることになったからです。

では早速魯粛が提案した一つ目の事柄について紹介したいと思います。

 

 

魯粛の提案その1:孫呉と手を結びましょ

魯粛と周瑜

 

曹操(そうそう)は大軍を率いて天下統一するため中華南部を攻略し始めます。

劉備はこの時荊州に身を寄せていましたが曹操軍の大軍が南下してきたため、

太刀打ちすることができずに逃亡。

 

劉備は逃亡している最中、孫呉の魯粛と出会うことになります。

魯粛は孫呉と劉備が同盟を結んで曹操と戦うことを提案。

劉備は魯粛の提案を受けて孫呉と同盟を結ぶことになります。

もしこの時魯粛が劉備へ同盟を締結することを提案することが無ければ、

蜀を建国することなどできなかったでしょう。

 

更にいえば劉備は曹操の大軍に飲み込まれて

三国志の英雄としてその名を刻むことなく、滅亡していたことでしょう。

このように考えれば劉備にとって魯粛がどれほど大切な存在だったのか

お分かりになると思います。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

魯粛の提案その2:荊州問題解決に尽力

荊州問題解決に尽力する魯粛

 

劉備は魯粛のおかげで曹操軍の大軍を打ち払うことに成功します。

その後劉備は、荊州の南部を手に入れることなり、勢力を大きく拡大することになります。

そして劉璋(りゅうしょう)が治めていた益州をゲットすることにも成功し、大勢力を手に入れることになります。

しかし劉備には大きな問題がありました。

それは孫呉との荊州問題でした。

 

孫呉は劉備が手に入れていた荊州の南部を返すように言ってきます。

その理由としては

「俺らが曹操を赤壁で撃破したから、君は荊州を手に入れることができただろ」

と言うものでした。

劉備はこの孫呉の言い分に対して

「今はまだ返せません。益州を手に入れてから返します。」と言って

引き伸ばしていました。

 

そして孫呉は劉備が益州を手に入れたことを知って

「益州手に入れたんだから荊州返してくれよ」と言ってきます。

劉備はこの孫呉の言い分に対して

「すいません。もっと領土大きくしてから荊州を返します」と言ってくるのでした。

孫権はこの言い分に激怒して

「ふざけんなボケ!!返してくれんなら力ずくで奪ってやるわ」

と言って荊州を分捕るため出陣。

関羽

 

荊州の南部は劉備の義兄弟・関羽(かんう)が守備をしており、孫呉の軍勢が来るとしっかりと守って

孫呉の軍勢を領土内へ入れようとしませんでした。

こうして劉備と孫権は荊州問題で対立することになり、抜き差しなら無い状態になってしまいます。

ここで魯粛が劉備と孫権の関係を改善するために再び登場。

魯粛は関羽と話し合いますが平行線で終わってしまいます。

しかしこのことがきっかけとなり劉備と孫権の外交官が行き来した事で、

荊州問題はある程度の解決を見ることになります。

 

もしこの時魯粛が荊州問題の解決の糸口を見つけることができなければ、

劉備と孫権は互いに争いを始めていた可能性が高いでしょう。

そして両国が争えば得をするのは曹操であり、

曹操軍の大軍が両国に襲い掛かってくれば、二つの国は滅亡していたかもしれません。

これらを考えれば魯粛の果たした功績はかなり多きいのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

魯粛が劉備に対して行ってきたことはかなり大きく、

両国は魯粛がいる間は同盟関係を維持することができました。

しかし魯粛が亡くなると両国の関係は再び悪化することになります。

これらのことを考えると魯粛は劉備にとって孔明以上に大切な存在だったかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!!

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹丕 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  2. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  3. 羽林騎時代の若き董卓 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力
  5. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  6. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  7. 城 銅雀台 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだっ…
  8. 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 徳川家康
  3. 張飛
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 三国志のモブ 反乱

おすすめ記事

  1. 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 諸葛亮の妻・黄月英は伝説だらけのスーパーレディな件 黄月英
  3. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  4. 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】
  6. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 司馬昭

三國志雑学

  1. 空腹の三国志の兵士
  2. 貂蝉と呂布
  3. 烏桓族
  4. 孔明
  5. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 杜夫人
  3. 織田信長
  4. 司馬懿と曹操
  5. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  6. キングダム52巻

おすすめ記事

楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの? 献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ! 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始 キングダム539話 ネタバレ予想「壁は死ぬのか?徹底追及」 キングダム 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた! 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP