三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

鎌倉時代 服装 男女




アンゴルモア元寇合戦記

 

アンゴルモア元寇合戦記の舞台である鎌倉時代(かまくらじだい)の末期、

戦国時代に比べると、とってもマイナーですよね?

そこで、はじめての三国志では、鎌倉時代末期の人々の生活について

色々紹介していきたいと思います。

 

関連記事:朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

関連記事:【歴史好き向け】歴史ロマンに浸れる神ゲーム5選

 

 

鎌倉時代の男性の衣装

 

 

鎌倉時代、男性は直垂(ひたたれ)、女性は小袖(こそで)という服装でした。

直垂は(えり)がまっすぐに垂れていて、

上の服を胸の辺りでしっかりと結ぶだけでなく、(はかま)も足首で結んでいました。

下の服は、ズボンのような形態になっていたのです。

そのため、それまでの平安時代のずっしりと重く形式ばった服装と比べると動きやすく、

とても実用的でした。

それまでは武士にとって直垂は平服でしたが、

鎌倉時代になって武士の地位が向上すると正装として認められるようになったのです。

武士たちが直垂を身にまとっている時は、

頭には折烏帽子(おりえぼし)、腰には太刀をつけているといういでたちでした。

 

しかし、将軍など身分の高い武士は、直垂ではなく水干(すいかん)を正装として着ていました、

水干は、糊を付けずに水をつけて張った簡素な生地を用いた平安装束のひとつです。

もともとは庶民が着ていた服装でしたが、

身分の高い武士が水干を着用する場合は、豪華な生地が使われました。

 

 

鎌倉時代の女性の服装

鎌倉時代の女性の服装

輝日姫の上着が小袖、下は裳袴

 

女性の小袖は、現代の着物の原型となる服装でした。

それまで小袖は貴族たちの下着としての扱いでしたが、

鎌倉時代になると女性の普段使いの着物として使われるようになりました。

小袖は、女性だけでなく男性が着ることもありました。

 

ちなみに、岩手県平泉にある中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)に納められていた、

平安時代後期の貴族、藤原基衡(ふじわらもとひら)が着用したと伝えられている小袖が、

日本に現存する最古の小袖であるとされています。

 

鎌倉時代の女性は、この小袖の上に、エプロンのような湯まきをまいていましたが、

高貴な身分の女性は、平安時代の十二単に似た、(うちぎ)の下に

豪華な小袖を何枚も身にまとっていました。

夏は、単衣(ひとえ)に袿を羽織っていましたが、暑い時には袿すら身につけず、

単衣だけで過ごすこともありました。

平安時代と比べると、女性の衣服がずいぶんと簡素化されていました。

 

また、鎌倉時代の身分の高い女性が外出する時には、壷装束(つぼしょうぞく)を着用していました。

これは、被衣(かづき)市女笠(いちめがさ)を頭の上に身につけることで、

顔がはっきりと見えないようにしていました。

 

高貴な身分の女性は、人前で安易に顔をさらしてはいけないとされていたのです。

この被衣は、現代から見ると、顔の部分をすっぽりと布で覆ってしまうので、

まるで布団にくるまっているように見えて不自然に感じてしまうかもしれません。

しかし、被衣に使われる生地はとても豪華なものが使われていたため、

一種のステータスを表すアイテムであったということができます。

 

また、市女笠は竹などで編まれた中央が高くなった笠であり、

単体で着用することはあまりなく、

虫の垂れ衣という薄いカーテンのような白い布とあわせて着用していました。

虫の垂れ衣は、その名前から推測できるように虫よけとして使われていたそうですが、

高貴な身分の女性の顔隠しとしての役割も果たしてたのです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

鎌倉時代の女性ファッションは、現代から見ても「カワイイ」

 

鎌倉時代の女性が着用していた、壷装束と市女笠の組み合わせは、とても彩り鮮やかです。

広島県安芸の宮島では、この壷装束に着替えて宮島観光をするのが、国内外問わず女性に大人気です。

赤やピンク、緑に白といった組み合わせは、洋服とはまた違った、

着物ならではの配色の美しさがあります。

この壷装束を身にまとって平家ゆかりの地、宮島を巡るのは日本史好きにはたまらないでしょう。

ちなみに、鎌倉時代の人々は外出した後にお風呂に入るという習慣はありませんでした。

 

しかし、たまに蒸し風呂に入ることがあり、その時は浴衣を着て入っていました。

普段重ね着をしていた鎌倉時代の女性は、皮膚病に悩まされることもあったそうです。

そのような時は、薬湯(やくとう)に入っていましたが、庶民はほとんど入ることができませんでした。

衣服という観点から見ると、

「武士政権のはじまり」というイメージが強い鎌倉時代の女性像を探っていくことができるのです。

 

関連記事:公家って何?何をした人たちなの?

関連記事:銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器

 

アンゴルモア合戦記の特集

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 平清盛 鎌倉幕府 「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった!
  2. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?
  3. 鎌倉時代の侍 アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は?
  4. 辮髪(べんぱつ) モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  5. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元…
  6. 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?
  7. 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争
  8. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 後継者を決めるのに困っている劉表
  2. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  3. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  4. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術 過労死する諸葛孔明
  5. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  6. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

三國志雑学

  1. 呉の小覇王・孫策
  2. 海賊時代の孫堅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

おすすめ記事

大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー キングダム581話ネタバレ予想王賁vs堯雲&馬南慈の変則マッチ発生 ボロボロになった馬超 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明 篤姫 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則 悪来と呼ばれた典韋 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】あなたと旅する三国志 皇帝に就任した曹丕 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP