キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明は劉備の嫁?「水魚の交わり」にはけっこう深い意味があった!





kawauso

 

レポーター「あなたにとって彼女って何ですか?」

男「空気ッスかね?」

レポーター「どういうことでしょうか?」

男「ないと窒息しちゃう、みたいな?」

 

こんなインタビューを見て、

テレビのリモコンをブチ折りたくなった人も

少なくないのではないでしょうか…?

 

そのままお前の彼女の存在も空気のように透明になって消えてしまえばいい!

…なんて意地悪はさておき、

実は、三国時代のあの人もかけがえのない存在をうまくたとえていたのですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

 

劉備諸葛亮にご執心

劉備、諸葛亮にご執心

 

何度も何度も草廬(そうろ)を訪ねて

ようやく諸葛亮(しょかつりょう)をゲットした劉備(りゅうび)

劉備諸葛亮を迎え入れたその日から、

諸葛亮に首ったけでした。

 

諸葛亮の口から飛び出す

天下三分の計をはじめとするあらゆる知恵に

劉備はすっかり虜になってしまったのです。

劉備は朝起きてから夜眠りにつくまで、

片時も諸葛亮を離さなかったといいます。

 

主君と臣下の垣根を取っ払ったかのような交わりに

微笑ましさすら覚えますよね。

 

しかし、そんな2人の関係を良しとしない者の姿があったのでした…。

 

関羽張飛、嫉妬の炎を燃やす

 

劉備に古くから付き従ってきた者たちは、

突然現れて劉備に可愛がられている諸葛亮を見てざわざわ。

 

その中でも、特にブーブー

ブー垂れていたのが関羽(かんう)張飛(ちょうひ)でした。

そもそもこの2人は、

何の実績も無い上に二回り以上年の離れた諸葛亮を

劉備が三顧の礼をもって迎え入れたことについても不満タラタラ。

 

おまけに自分たちとの交流をおろそかにして

四六時中劉備にくっついている諸葛亮の存在が

憎たらしくて仕方がなかったのです。

 

張飛戦も知らない若造の分際で、

ちょっと口が回るくらいでいい気になりやがって…

 

関羽偉そうなことをほざいているようだが、

実践でその馬脚をあらわして恥をかくことになるさ…

 

ネチネチと諸葛亮の陰口をたたきまくる2人…。

そんな2人の陰口は、

当然劉備の耳にも届きます。

 

はてさて、

すっかりスネてしまった2人をなんとかなだめなければ…。

 

そう考えた劉備はある言葉を使って

諸葛亮と自分の関係を関羽と張飛に説明しようと思いついたのでした。

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

孔明がいないと生きていけないの!

孔明がいないと生きていけないの!

 

臣下たちの不満がいよいよ募ってくると、

関羽と張飛は劉備に対して直接文句を言ってやろうと決心します。

2人は劉備に対して

諸葛亮の待遇についての不満を洗いざらいぶちまけ、

改善するように要求したのでした。

 

これを受けて劉備は次のように答えます。

私が諸葛亮を得たのは魚が水を得たようなものなのだ。

どうかこれ以上文句を言わないでくれ。

魚は水が無いと生きられません。

劉備は諸葛亮がいないと生きられないと2人を説得したのです。

こうまで言われては引き下がるしかありません。

 

しかし、張飛なら、

「諸葛亮が水ぅ!?

じゃあ兄貴は今までどうやって生きてたんだよ!」

なんて言いそうですよね。

でも、それを言わなかったことにはわけがあったのです。

 

孔明は俺の嫁!

司馬懿

 

劉備が自分を魚にたとえ、

諸葛亮を水にたとえたのにはちょっと深いわけがありました。

その当時は、

夫婦の仲が睦まじいことも

魚と水の関係にたとえられていました。

 

そのため、

劉備が語った水と魚の関係は、

自分と諸葛亮が夫と妻のような関係であるということも

暗に示していたと考えられます。

 

劉備と義兄弟の契りを交わした関羽と張飛には、

夫婦の仲に干渉する権利なんてありませんよね。

自分の兄が誰かと結婚したからといって、

兄の嫁に嫉妬するなんて筋違いも良い所というわけです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

劉備が語った「水魚の交わり」を聞いて

引き下がった関羽と張飛は、

自分たちが兄の嫁に嫉妬の感情を抱くという

何とも絵面の悪いことになっていたことに気づいて反省したようで、

その後諸葛亮の悪口を言うことは無くなったようです。

 

劉備はもしかしたら、

自分と言う魚の兄弟である関羽や張飛もまた魚であり、

水である諸葛亮は2人にとっても必要な存在であるという

メッセージを込めていたのかもしれません。

 

もしそれほどまでに含みのある言葉だったのなら、

2人がすんなり納得したのも頷ける気がしませんか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない

関連記事:知ってた?三国志由来のことばBest5

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?
  2. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  3. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  5. 蜀の劉琦 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!?
  6. 野望が膨らむ鍾会 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう
  7. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  8. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ボロボロになった馬超

おすすめ記事

  1. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  2. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官
  3. 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正 赤井直正
  4. 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!
  5. 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  6. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権

おすすめ記事

【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは? 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人 武器・農業器具を制作する張裔 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 人々の鑑になった良い宦官達 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  2. 孝明天皇はどんな人?毒殺されたって本当なの?
  3. 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう 苛ついている曹操
  4. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  5. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  7. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11/5】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP