キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【濡須口の戦い】曹操の大失敗!江西を無人にしてしまった愚策とは?

餓えた農民(水滸伝)




曹操

 

乱世の奸雄曹操(かんゆうそうそう)は、笑い上戸である一方で抜け目のない狡猾(こうかつ)な一面があり、

特に戦争に強かった事が知られています。

しかし、そんな曹操、時々、チョンボをしでかす事がありました。

今回は、十万戸以上の民衆を一瞬で失った曹操の愚策を紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?

関連記事:【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?

 

 

孫権の劫略を怖れて・・

曹操

 

赤壁の戦いで呉に敗れてより、

長江の周辺は孫権(そんけん)の侵入を警戒しないといけない場所になりました。

特に、痛手が大きいのは、そこに住む住民を呉に持っていかれる事です。

三国志の時代は人口が激減しており、労働力の確保が急務でした。

魏と呉の間ばかりではなく、諸葛亮(しょかつりょう)姜維(きょうい)夏侯淵(かこうえん)も、

僻地(へきち)から住民を強制移動させて労働力を増やすという事をやっています。

そこで、曹操も、孫権に奪われる前にと、長江一帯の住民を

より内陸に(うつ)そうと考えたのです。

 

 

蔣済が猛反対する

 

実は、曹操にはかつての成功例が記憶にありました。

それは、西暦200年の白馬(はくば)延津(えんしん)の戦いの時に、土地の住民を戦火から

免れさせる為に、自分の領地に移動させて成功していたのです。

 

しかし、不安も少々あったので、別駕の蔣済(しょうさい)を呼んで聞いてみました。

すると蔣済は、

 

「官渡の戦いの頃は、我が軍は弱く袁紹は強かったので、

白馬・延津の民を移さないと、きっと失ったでしょう。

ですが今は違います、我が軍は北は柳城を落とし南では長江、漢水に面し

西では荊州の劉琮(りゅうそう)と背中を合わせています。

威徳は天下を震わしているのに、どうして民を移す必要がありましょう

そもそも、民は土地に愛着を持ち、そこを離れるのを嫌がるものです。

強行してしまえば、混乱が起こるでしょう」

 

曹操は、そんなもんかな?と思いましたが、

結局、自身の経験を優先して長江周辺の住民を移す事にします。

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

嫌がる住民が十万戸以上長江を渡って逃げる

嫌がる住民が十万戸以上長江を渡って逃げる

 

さあ、曹操が長江周辺の住民に移動するように命じると、

蔣済が危惧したように大混乱が発生しました。

 

村人A「なんだって!せっかく、この土地になれてきたのに、

今さら内陸のよく分からん土地に移れというのか?」

 

村人B「お偉いさんは勝手なもんだ、土地を移って慣れるまでに

こっちがどんなに苦労するか分からねえんだ」

 

村人C「どうせなら、長江を渡って呉に行っちまおうぜ

あっちの方が土地の質も近いに違いねえ」

 

内陸のよく知らない土地に移動させられる不安が先に立った住民は

廬江、九江(きゅうこう)蘄春(きんしゅん)、広陵の広範囲にわたり、大挙して長江を越えて

呉の住民になってしまったのです。

 

それにより江西はがらんどうになってしまい、合肥城(がっぴじょう)の南には、

ただ、皖城(かんじょう)だけがあるという有様になりました。

これには曹操も唖然(あぜん)としたでしょうが、逃げてしまう住民の

津波のような流れを押しとどめる事など誰にも出来ません。

 

後に曹操は蔣済が鄴にやってきた時に笑っていうには

 

「いやー、孫権の略奪を回避させるつもりで、民を移そうとしたんだが

駆り立てて、ことごとく長江を渡らせてしまったよ、参ったね」

曹操

 

なんだか笑って誤魔化している感じですが、

これは、曹操の大失敗として魏志、蔣済伝に記録されています。

 

この住民大移動があった時期ですが、第一次合肥の戦いに曹操が勝利した

それ位の時期であったそうです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操は決して暗愚な人ではありませんし、実行に一抹の不安があったからこそ

蔣済を呼び出してアドバイスを求めたのでしょう。

ところが、官渡の戦いにおいての成功体験が完全に邪魔をしてしまい

あの時と今では事情が違うという現実を把握できませんでした。

 

曹操のような狡猾で現実主義の人物でも、過去の成功体験に捉われると

このような大チョンボを侵してしまうのです。

私達も過去の成功体験に捉われて、リサーチ不足を侵している

そんな事はありませんかね?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

関連記事:衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 城銅雀台 漢代まではリアルダンジョンだった蜀
  2. 孔融 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛
  3. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  4. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…
  5. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  6. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  7. 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  8. 曹植 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. yoriburin
  2. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  3. 三国志大学で勉強する劉備
  4. 関羽に無視される孫権
  5. 関羽 関索

おすすめ記事

  1. 薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  3. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 始皇帝
  4. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?曹操に最も近い男
  5. 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

三國志雑学

  1. 袁家をイジメる董卓
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 英雄たちの宴(三国志)
  2. 劉雄鳴は三国志の仙人
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  4. 曹丕に進言をする劉曄

おすすめ記事

新選組の土方歳三 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 英雄曹操とナポレオンを比較 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 曹操 詩 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

おすすめ記事

  1. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの?
  2. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  4. 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった! 真田丸 武田信玄
  5. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  6. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  7. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  8. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP